クルマに乗る

2018/04/01

日本のウユニ

1803311

今や全国区の人気スポット仁尾町の「父母ヶ浜」
3/31仕事終わりでそのまま出かけました。
ちょうど干潮と夕日の時間が重なるチャンスの日なので
目的地は高松ですがちょっと立ち寄り。

1803312

モデルさんが良いポーズをとっていたので便乗して撮影。
とにかくものすごい人で海岸は一杯でした。

天気のいい青空の日の朝も面白いそうなのでまた来てみたいです。


| | コメント (0)

2018/03/13

四国への帰路

18030931

そろそろフェリーの時間が来たので岡村港へ戻ります。
あっという間でしたね。
思った以上に大きな島で呉まで行くにはちょっと大変かも。

18030932

夕方のくるしま海峡は船で交通渋滞。

18030933

夕陽とか、船とか・・・
外の景色が気になって船内で休む暇がありませんでした。

18030934

巨大タンカーが近くを通る。

18030935

大迫力です。

18030936

しまなみ海道をくぐれば今治港が見えてきます。

18030937

いい天気で気持ちのいい船旅でした。

18030938

今治城の見える第三桟橋へとフェリーは到着しました。

もちろんこの後は地獄の四国路。
今治から自宅までは2時間弱。途中食事を取ってまた走ります。
ケツも腕も痛い。暗くなってきたら寒くなった。
今回は海路があったので走行距離は190キロ程度。

気候がよくなったらまた行きたいですね。

| | コメント (0)

2018/03/12

岡村島上陸から大崎下島

18030921

上陸!
このバイクで初めて海を越えました。

18030922

安芸灘とびしま海道。
今治からはフェリーや高速艇でアクセス、あとは広島県呉までは
無料と有料の連絡橋で本土まで渡ることができます。

18030923

ポンポンッと二つの橋で小さい二つの島を越えていきます。
そこはもう広島県です。
大崎下島(おおさきしもじま)という結構な大きさの島へと渡りました。

帰りのフェリーは16時15分なので3時間も時間はありません。
どこまで行くことができるのだろうか。

18030924

間もなく「御手洗」という地区に差しかかる。

18030925

江戸時代からの町並みが保存された地区ということで、
これはバイクを止めて立ち寄らなければいけないですね。

18030926

迷路のような町並みを歩いてまわります。

18030927

でこぽんと伊予柑を購入。

18030928

ノスタルジーな景色と雨上がりのさわやかな風が心地よい、いい天気。

18030929

島の展望台から御手洗地区を見下ろしました。
まさに瀬戸内の絶景です。

180309210

15時も回って日も傾きだしたので今回は大崎下島まで。
そろそろ岡村島まで帰ります。

また来たい。
そう思いました、次は朝の便で来て呉まで挑戦したいですね。

フェリーの時間に間に合いました近くの農協のスーパーで
パンとコーヒーを購入して船を待ちます。

また、続きます。

| | コメント (0)

2018/03/11

バイクでとびしま海道紀行

1803091

3/9 昨夜からの雨が残っていた。
昼からは晴れの予報なのでバイクで飛び出した。

とりあえず今治方面へ。それから天気と相談して先を考えよう。

しまなみ海道の原付レーンで尾道まで渡るか、
それとも今治からフェリーで安芸灘とびしま海道で呉まで行くか・・・
まあ色々と野望はあった、が雨。

朝起きると雨が降っていたので出発まで悩んだ分出遅れた。
8時台のフェリーには間に合わない時間だったので桜井の網敷天満神社で
雨宿りをかねて作戦を練る。

1803092

景勝地・志島ヶ原の松林を歩いてみる。

1803093

毎年テレビに出る有名な梅林があるので曇天だが梅を撮る。

1803094

その内に沖のほうが明るくなってきたので晴れると予想した。
しかし次のフェリーは12時発。時間がある。

今治城で時間つぶし。

市内のパン屋さんで昼ごはんを買っていよいよフェリーに乗り込んだ。

1803095

今治港から岡村港まで大人運賃が860円、そして原付が370円。
片道1230円で岡村島まで渡ることができるのである。
この便は直通ではなく途中二つの島に寄るので1時間20分程度の船旅。

1803096

くるしま海峡大橋をくぐる。

1803097

途中の島ではちょっとした荷物の積み下ろしと人が出入りする程度で
着岸といってもちょっとだけ寄るといった感じですぐに島を後にする。

1803098

甲板でカメラを持って楽しんでいると船員さんがこっちおいでと手招き。
反対側に行くと「昔、石炭を取ってこの場所から運んでたんです」と
そのタンクのような建造物を教えてくれた。小大下島(こおげしま)。

1803099

間もなく岡村島の船着場に到着した。
帰りまで停泊すると思っていたのだが空のフェリーは島を後にした。
フェリーを見送っていよいよとびしま海道の旅を始める。

18030910

ここはまだ今治市。
岡村港でバイクと共に島へ上陸した。

後に続く。



| | コメント (0)

2017/10/01

陸と海と空と

1709301

9/30 いよいよえひめ国体2017の開幕です。

その日は仕事だったのだけど、どうしてもブルーが見たくて
午前中、早退してバイクで開会式会場近くへと向かった。

約一時間前に狙っていたポイントへ到着。
既に周辺には三脚を立てたカメラマン、子供連れやご夫婦の方々が
大勢着ていました。双眼鏡で覗いたり一眼の望遠レンズをセットしたり
それそれに準備をしておりました。

13:50分にブルーインパルスの展示飛行の予定。
時間が近づくと回りはそわそわとしてきました。

1709302

そして次の瞬間、6機の編隊飛行のブルーインパルスの精鋭が
松山の空に姿を現した!

写真方向そのまま右側へ消えていく。我輩のポイントからはすぐ側の
倉庫でその先は見えないのだが、前方にいるカメラを抱えた人の
向きで大体の位置が分かる程度。

1709303

そして右奥の方向からスモークを出した状態でブルーが我輩の視界に
入ってきた。
あらかじめシャッター速度優先モードに設定し風景モードで空の色が
くっきりと出るように、そして動体を追う追随連写でその勇姿を狙った。

カシャカシャ・・・・カシャ、数十枚シャッタが下りただろうか?
スモークが止まり左奥の方向へ消えていった。
さあ、次は会場のニンスタと一緒に写せるあたりに戻ってくるだろうか?
レンズはこのままか?いや変えたほうがいいか?

と、色々と考えていたのだが・・・・
二度とブルーインパルスは上空には現れなかった。

えっ?終わり?
帰りだす人もでるが、諦めきれないカメラマンは期待して待つ。
数分がたった。
やはり帰ってこなかった。

1709304

天気が良かったのが幸いだ。
仕事早退してバイクで桜三里を超えて2時間半。
あちこち場所選びをして、カメラをセットして待つこと小一時間。
やっと出会えたブルーインパルスはファインダー越しでしてか見ていない。
しかも数十秒ほどでその姿は見えなくなった。
せめてもう一回帰ってきて欲しかったですね。

天皇陛下も起こしになっているし他のイベントも目白押しってのは
分かりますし、飛行経路の許可の問題も色々あるでしょうが・・・
せめてもう一回帰ってきて欲しかったですね。

1709305

その後は窪野の彼岸花を予定していたのでバイクを走らせる。
もう時期的には済んでるだろうが近くまで来たので。

1709306

近くで見ると花が白~くなってピークは完全に済んでるのだけど
これだけ咲いてると地面が赤に染まって見えますね。

1709307

まだ結構な人が訪れていました。
今度は見ごろの時期に寄ってみます。

さて、あとは当てなしにふらふらと帰路につきます。

1709308

通りがかり気になった木。

1709309

いつもの大好きな木。

17093010

中山川にかかる鉄橋が見えたので電車を待つ10分ほどで普通列車が
通過するみたいなのでポイントを探して待ちます。
この土手もよくみると枯れた彼岸花が多いので時期に来ると
列車と鉄橋と彼岸花の競演が見えそうです。

17093011

そして新居浜の東港付近でも国体のセーリングが行われていたので
ちょこっと寄ってた帰りに岸壁に自衛隊の船らしきが停泊。

YDT 04 水中処分母船
683、684、688は掃海艇と呼ばれる海上自衛隊の船であることが
帰ってきて調べて分かった。
簡単に言えば海の掃除ですけどリアルに言うと機雷とかを探知し処理する
役目の艇ということです。

西日に照らされた海が反射してキラキラと輝く良い時間に偶然見ることが
出来ました。この道を通ってよかったですね。
航空自衛隊と海上自衛隊の装備をみれる日になりました。

17093012

そして地元まで帰ったところでそろそろ夕日の時間。

17093013

そろそろショーの始まりです。
それにしても今日は雲ひとつない素晴らしい晴天でした。

17093014

そんな想い出に残る一日でした。
我輩のえひめ国体の開会式でした。

| | コメント (0)

2017/06/04

渓流撮影

1706041

6/4日曜日。晴れ。

先日、写真家の方の作品を見て割と近くで良い写真を撮っていたので
場所を教えてもらって行ってきました。

1706042

苔むした岩と渓流。
マイナスイオンたっぷりで癒されます。
我が家から40分ほどの別子にありました。
大体の場所を聞いていたのでバイクで走って探し当てました。

1706043

カメラを濡らさないように注意して。
服装は長靴で濡れてもいいように出かけてきました。
道路からはわき道を入ってすぐにこんな場所があったりします。

1706044

ND8 のフィルターでシャッタスピードを稼ぎ水流がわかるように
撮影します。もちろん三脚は不可欠です。
いや~気持ち良い。いつまでもいたい。

この後、高知の方へ行く予定なので後ろ髪を引かれながら帰路につきます。

1706045

125ccのバイクは山道でもすいすい。機動力に長けますね。
でも、まだ朝は寒かったです。

1706046

富郷ダム上流、法皇湖は水量がないのだけど大丈夫?
これから梅雨にはいって結構降らないといけないのかな?

1706047

気になるところでバイクを止めて(このへんもバイクがいい)すぐ撮影。

1706048

天気がいいので記念撮影。
さて下山して今度は車で高知へ向かいます。

今日の場所はまた行きたい場所ですね。

| | コメント (0)

2017/03/21

冬タイヤ→夏タイヤ

1703201

昨日3/20。
雨が降る前にタイヤ交換。

1703202

外したついでにブレーキキャリパーを赤へ塗装。

1703203

耐熱塗料ではなく普通のアクリル塗料なのでどのくらい持つのかな?
でもいい感じで赤のアクセントが効いています。

このタイヤも今シーズンで終わりかな。

| | コメント (0)

2016/12/25

フィールダー車検で入庫

1612251

2014年1月納車のカローラフィールダー。
年明けで車検切れになるので年末前に車検を受けました。

1612252

噂のC-HRの現車も入庫しておりました。

1612253

近未来的な最近のTOYOTAの顔。

1612254

1時間半程度の待ち時間なので立会い車検でお願いしました。

1612255

54000キロオーバー。
我が家の歴代の車では結構なペースで走っております。
ついでにスタッドレスに変更して冬仕様になりました。

特に問題もなく保安部品とクリーナー関係の交換でリフレッシュしました。

| | コメント (0)

2016/12/18

ぱしふぃっくびいなす

1612181

12/18 晴天予報の日曜日。

前日になってあの豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」号が瀬戸内海を
クルージングするプランがあるということを知った。
神戸港を17日の土曜日に出航して明石海峡大橋をくぐり瀬戸内海で停泊後
18日に再び神戸港へ寄港するまでの間で瀬戸大橋を観覧に来るプラン。

時間帯は全然わからなかった。
完全に未確認情報だ。でも過去のブログで見つけたほかのクルージングでの
旅日記で午前8時の朝食前に瀬戸大橋が見えてきたと乗客の書いたらしい
記事を発見してその情報をとりあえず基準に考えてみようと。
8時に瀬戸大橋記念公園へと的を絞った。

1612182

観音寺で黎明の薄明かり。
仁尾のビーチでは干潟の絶景が七宝山から見下ろせた。
これだけでも寒い中、暗い中、朝の6時にバイクで走ってきた甲斐があった。

途中では早朝から開店のうどん店が誘ってきたけどとりあえずは
8時までには坂出に着いておきたいので誘惑を無視してひた走る。

1612183

記念公園に着いたとたんにぱしふぃっくびいなすだとわかるシルエットが
目に飛び込んできた。
展望台へあがりカメラを構えてその瞬間を待つ。

1612184

きたーーーー!

でも空は晴れない。
遠く岡山の鷲羽山の観覧車には日が当たっているのだが・・・・

1612185

しかし我ながら見事な読み通り、午前8時過ぎには瀬戸大橋を渡った。

1612186

しばらく追っていると船首が明らかにこちらへ向かっているように見えた。
もしや?

1612187

そう、目の前で旋回を始めました。

1612188

飛鳥IIほどの迫力はないけれど十分な見ごたえである。

1612189

そしてほぼ180度旋回したぱしふぃっくびいなすは再び瀬戸大橋へと向かった

16121810

このままだと通ってきた桁下ではなくその手前の桁下を通りそうだ。

16121811

もちろん肉眼でも十分に見える。
この周辺だけで確認できるカメラマンは自分も入れて5名。皆が同じ方向へと
カメラを向けていった。

寒かったけど諦めずに来てよかった。
実にいい朝だ。
しいて言えばもう少し晴れ間が覗いてくれればよかったのに・・・

16121812

さあ、道中呼ばれたお店へ帰りに寄ってみた。
こがね製麺所多度津店。

16121813

体が芯から冷えたのであったかいかけうどん。
げそ天にれんこん天。わかめは嬉しい無料トッピング。
いや~しみ込んできますよ。

実にいい旅でした。

| | コメント (0)

2016/11/24

シグナス復活

1611231

先月の「ガッチャマン」から応急処置(テープで落下防止)で走行して
おりましたシグナス君。

パーツの方は早々に注文して届いていたのですがなかなか交換の
機会がなくズルズルと走っておりました。
もう外観もそれほど気にならなくなるほどでした。

1611232

勤労感謝の日。
天気も良好な予報ではなく出かける予定もないのでいよいよとりかかります。

1611233

開始早々にある工具が足らなかったので買ってこないといけないのですが
まだ早くどこも開いていないので一時中断。

結局作業再開は午後3時頃になってしまいました・・・

1611234

カバーが外れている間にこのようなフックも取り付けます。

1611235

ミラーステイの横にも。

1611236

そんな横道にもそれながら、しかも取りかかりが遅かったので
形になってくるまでには日が暮れてきました。

1611237

取り付けたフックは防寒用のシートをワンタッチで取り付けられるように
しました。今までは紐だったのでシーズン始まりと終わりに結構な
苦労をしていました。これでワンタッチです。

1611238

ハンドル部分のフックはハンドルようのカバーを引っ掛けます。

1611239

フロントパネルの同色(黄色)はなかったので黒に塗装したものを購入。
今回は愛媛FCのロゴを貼り付けてみました。

フロントのカウル、フロントカバー、サイドのアンダーカバーの外装3点、
LEDポジションライトの電装系の系4点の交換です。
パーツをショップで頼んで工賃を払うと4万円じゃきかないと思いますが
今回は純正パーツも含めてネットで購入し自身で交換なので工賃は
かかりません。工具等の買い足しも含めて25000円くらいの出費でした。

16112310

リアタイヤは先日変えたので次はフロントタイヤがいつまで持つことやら・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧