クルマに乗る

2019/06/17

ふらりバイク旅

1906171

6/17 月曜日。
今日は仕事を有給休暇でバイクの旅へと出かけました。

まずは市内で水田のリフレクション撮り。
いい感じで雲があって表情があります。

ただ、少しバイクでは肌寒いスタートです。

1906172

国道192号を進み、池田湖まで来ました。
湖畔まで降りて池田大橋のリフレクション撮り。

1906173

さらには高速道路の橋げたを撮影。

1906174

さらに東へと進み三加茂に入りました。
看板で見つけた「加茂の大クス」へと。
見事なクスノキです。

1906175

で、今回の目的の一つでもあるポイントです。
JR江口駅から半田駅の中間地点辺りのアジサイの咲く
ポイントです。

ここで列車と絡めた写真が撮りたかったので
この時期にしましたがほんの少しだけ早かった
感じですね。
まあでも、なんとなくこんなイメージの
写真を描いていたのでそこそこ満足です。

1906176

さらに進み半田駅方面へ。
国道からいつも見えていた鉄橋です。

ちょうどいい具合に普通列車が通りそうなので
少しだけカメラを構えて待ちました。

1906177

半田駅で折り返し、次は佃駅付近の線路の分岐が
撮りたかったので来てみました。

左が香川方面行きで右が徳島方面。
香川行きはこの先で大きなカーブを経て
箸蔵、そして坪尻へとアクセスします。

1906178

吉野川にかかる鉄橋付近に
おもてなしのかかしがたくさん居たので
撮影しているとちょうどうまい具合に
特急列車が通過しました。

1906179

昼前になったので何かお腹に入れておこうと
チェックしていたジェラート屋さんへ。

19061710

牛乳のアイスに無料の生キャラメルソース掛け。
あっさりとしててまるで牛乳のまんまのアイスです。

19061711

そして本日第二の目的でもある坪尻駅を
俯瞰できる展望台へと到着です。

過去にカメラマンの滑落事故があって
地元の有志の方がこんな立派な展望台を
作ってくれています。

19061712

ちょうどいい具合に空も晴れてきました。

右下に見えるのが秘境駅「坪尻」です。

19061713

30分程度待つ。

さあ見えました。
アンパンマン列車です。
写真左下、池田方向へと通過です。

19061714

間もなく普通列車が坪尻到着です。

いわゆるスイッチバック方式でいったん右下へ掃け
バックして駅のホーム側の左上へと入線します。

19061715

誰も降りないし誰も乗らない。
まさに秘境駅。

数分後すれ違う特急をここで交わします。

19061716

やってきました。
特急列車は通過なので左下から現れて
右上へと進んでいきます、その次は財田駅を通過して
いきます。特急を交わした普通列車は何事もなかったかのように
直進して池田方面へと進みます。

19061717  

ちょっとした鉄道ショーを拝見しました。
風が強くて三脚も揺れていたのでブレ写真も
ありましたけど少しの間に色々な車両も見れて
面白かったです。

そしてそのまま国道32号で香川へ入り
財田で「鮎返りの滝」を撮影。

19061718

環水平アークも見られ雲の様子も
面白かったです。

で、帰ろうかどうしようかと・・・
ここまできたら海まで走ろう!

そうだ父母が浜へ行ってみよう。
17時過ぎに干潮、平日だし混雑もしていない
だろうから絶好の日和だろう。

19061719

ポツポツと観光客。

満月の日なので大潮でよく干いてきた。
ただ難敵は風。
水面が穏やかではない。

干潮時間まではまだあるので今日は諦めて
仁尾を後にします。

19061720

有明海岸へも立ち寄ってみました。
なんとこちらのほうがいい感じの
ウユニ感を出していますよ。

風は相変わらずですが干潟が大きいので
割とポイントを探しやすくなっています。

ということで最初と最後は
リフレクションの写真で決まりました。

走行160キロほどのバイク旅。
楽しかった、気候もよかったし
思いの写真も撮れましたし・・・

ただ、尾骶骨が・・・
痛い。

 

| | コメント (1)

2019/06/15

3年目のシグナス

1906121

通勤でほぼ毎日、時おりは遠出に出かけ
我輩の足となっているシグナス。

来月で丸3年を迎える。
走行は18000キロ越え。

そろそろ消耗品の交換を考える。

少々の異音とブレーキ関係が気になったので
地元のバイク屋さんに見てもらった。

ブレーキのディスクとパット、
ドライブベルトやウエイトローラーなどの
消耗部品を交換依頼。

1906122

丸一日の工期なので夕方預けの翌夕方納車で。

その間に通勤用に借りたチープな代車。
スズキのちょいのりっていうバイク。
40キロも出ない、出だしが渋い。
交差点越えでは足で漕いでやる。
なかなかなバイクでした。

せめてかっこよく撮ってやろうと
誰も居ないアーケード街で記念撮影。

1906123

翌日、予定通り作業が終わり
無事納車されました。
ブレーキディスクも新品で気持ちよい。

これでまた3年くらいは頑張れます。

 

| | コメント (0)

2019/04/14

プチ・チューンナップ

1904141

いつものことですが、「らしさ」を出す為に
より自分好みの愛着のあるスタイルに
するためにプチっとチューンです。


1904142

まずは簡単装着。
ドアロックのカバー。

1904143

プジョーにちなんで青を選択。
既に貼ってある両面テープの剥離紙を剥がして
押し付けるだけの装着。


1904144

そしていつものステッカーチューン。

1904145

オリジナルを依頼しておいたために
車種も入っています。

ディーゼルなので経由を入れてね

みたいな文言です。

色はパールのボディーに合うように
半ツヤのシルバーをチョイスです。


1904146

で、お決まりの「Fender」をリアガラス上部に。


1904147

この小さいパーツはホイルの空気を入れる部分のフタ。

1904148

ノーマルはこのようなビニール製のフタ。
そっけないただのフタですよね。

1904149

おそらく着けた本人しか気がつかないでしょうけど・・・
ちゃんとプジョーロゴ入りです。


19041410

ドアミラー下にはセキュリティーの文字。


19041411

「触ると、セキュリティーシステムが動くよ」
みたいな注意書きですね。

リアガラスにも同じ文言を切って分割して
横長に貼ってみました。


19041412

そしてヨーロッパの車にはこれ!
ユーロナンバーの飾り用のキットです。

本物を仕入れてもよかったのだけど
これのほうが手軽で簡単そうだったので。

19041413

そもそもディーラーがとりつけた日本のナンバーが
ステイでバンパーから浮いていたのでユーロナンバーも
浮いてしまった。納得はいかなかったけど
せっかく用意したのでとりあえずこれで様子を。


19041414

まあるい透明のシールですが、
これはドアの取っ手部分の爪などの引っかき傷を
予防するシールです。
切込みが入っているのと柔軟な素材なので
湾曲にも霧吹きを吹いて上手に空気を抜いていくと
目立たなく貼ることができます。
透明なので気にしないと分かりません。

19041415

4枚セットに2枚余分がついていたので
失敗したけど大丈夫でした。


19041416

13日土曜日はそろそろ夕暮れです。
後ろ斜めからなんともいえない美しいラインを撮って終わり。


19041417

そしてあけて14日日曜日の朝。
散り際の桜を撮影に行こうとプジョーに乗ると
なにやら聞いたことのない警告音。

少し走ってみても時々鳴るのだけど・・・

パネルを見ると前方のセンサーが何か
反応している。障害物があると認識。

すぐに分かった。
浮いたままつけていたユーロナンバーが
ナンバー横の丸い部分のセンサーに引っかかったのだ。

それはアカンと結局バンパー側にユーロキットを
両面テープで地下張りしました。
見た目もすっきり、センサーも問題なし。


19041418

車に赤のワンポイントが好きなので
今回はドアミラーにカッティングシートを切って
レッドラインを入れてみました。

19041419

GTグレードはエンブレムにも赤が入っています。
ホイールのセンターキャップもオプションで
レッドライン入りですしフロントグリルのロゴにも
赤が使われていますので非常にマッチします。

19041420

いくつになっても車いじりをしています。
今度はブレーキキャリパーの塗装を連休にでも
しようかな。

ウインカーレバーが左側ってのもだいぶ慣れてきました。




| | コメント (0)

2019/04/07

NEW FACE PEUGEOT

1904071

2019年4月7日 午前10時。

 

新しい相棒のプジョー「308SW 2.0GT BlueHDi」
パールホワイトのパノラミックガラスルーフ

の納車式がありました。


1904072

普段、仕事へ向かうよりも早くに家を出て
松山のディーラーまでカローラとの最後のドライブです。

まだ始業前でスタッフが掃除をする中
駐車場に到着すると快く出迎えてくれました。


ガレージにはプジョーブルーのシートに包まれた
この後、わが家の相棒になる308がありました。


1904073

スタッフから納車前の書類などの説明を受け
実車で操作などについての説明を受け
店長さんには綺麗な花束をいただき、記念撮影をし
出庫の際にはカローラとのツーショット撮影。


ウインカーレバーとワイパーレバーが左右逆なので
注意しながらスタッフ一同の拍手に送られて
プジョーを後にしました。


1904074

しばし走ったところに綺麗な桜の木があったので。


1904075

いい感じの記念撮影を。


1904077

1904076

1904078

久しぶりの白い車体。
良いですね、白も。
もろもろパーツも家に届いていますので
コツコツとチューンアップしていきます。

この後はニンジニアスタジアムでのサッカー観戦
があるのでそのまま競技場へ。

試合観戦のあと交代しながら走りや操作を
確かめながら帰路につきました。


| | コメント (0)

2019/04/06

ありがとうカローラ。

1904051

2013年の暮れに注文して2014年1月に納車。
あれから5年間、わが家の足として日々活躍してくれました。

1904052

そろそろ乗換えを検討してて新しいフィールダーを待ちつつ
SUVをみたりステーションワゴンを探したり・・・
とにかくこのフィールダーの走行距離が10万キロを
越えそうだったのでまだ下取りの価値があるうちに
新しい車を見つけたいと思っていました。

もう少し先の事かと思っていましたが・・・
昨日99999キロに。
ということは当然その1キロ先には、
1904053

そうです。
10万キロ達成です。


プジョーの納車が4/7、明日なのですが
その前に10万キロになっちゃいました。

もちろんまだまだ乗れる車です。
地元のトヨタカローラ店ではメンテナンスパックで
大変よく整備していただいたので絶好調です。


1904054

桜の綺麗なうちに最後の記念撮影です。
よく走ったなぁ、あちこち一緒に行きましたよ。


1904055

2014年1月 納車
2014年12月 息子の進学に伴う家探しのために新潟へ。
   北陸廻りで金沢や福井など経由し新発田市で契約。

1904056

2015年3月 引越しのために二度目の新潟へ。
   荷台にはいっぱいの荷物を積み込み家電や消耗品は
   現地調達をした。犬山城や松本城などを経由。
   免許取得した息子の運転のために初心者マークを。

1904057

2015年4月 入学式のために三度目の新潟へ。
   これから息子は二年の新潟生活、帰りは寂しく
   夫婦二人で帰郷。福井から岐阜廻りで白川郷や
   郡上八幡そして伊勢神宮まで足を伸ばした。

19040511

2015年9月 シルバーウィークで夫婦で津山、鞆の浦へ。
   備中松山城の雲海が見たくて、ついでに国分寺や
   吉備津神社、鞆の浦など車中泊で廻る。

1904058

1904059

2015年12月 年末の家族旅行で東海地方へ。
   ライフワークのようになっている100名城巡り。
   姫路、岐阜、名古屋など中部東海地方をめぐる。
   富士山がよく見えた朝が印象的。

19040512

2016年2月 四国88ヶ所巡りを開始。
   宿泊なしの日曜遍路「区切り打ち」で参拝開始。
2016年4月 GWを利用して4度目の新潟へ。
   能登半島・白米千枚田や輪島朝市からの新潟入り
   息子と合流して初の東北へ。秋田、青森、岩手、山形
   宮城、福島などをフィールダーで走破した。

19040513

2016年12月 新潟引き払いのため5度目の新潟へ。
   甲府で息子と落ち合い100名城を回りながら新潟へ。
   宿泊地の長野市では大雪にあい雪の善光寺参り。
   引越しの用事を済ませ静岡廻りで久能山東照宮へ。

19040514

2017年5月 GWの家族旅行で山陰、中国地方へ
   中国地方の山城巡りと角島大橋や元乃隅稲成神社へ。
   津和野へ入りSLや稲成神社を参拝。
2017年12月 年末の家族旅行で南九州へ。
   フェリーで大分へ渡り熊本、鹿児島、宮崎、大分。
   震災でダメージを受けた阿蘇地方や熊本城に絶句。
   宮崎の青島や高千穂はまたゆっくりと出かけたい。

19040515

2018年9月 ほぼ3年かかって四国巡礼の旅を終える
2018年11月 佐賀バルーンフェスタ2018へ。
   念願の佐賀バルーンフェスタへ往路フェリーで
   帰路は中国道から車中泊で広島県の雄橋を見る。

19040517

2018年11月 高野山へお礼参りの旅。
   紀伊地方、高野山、熊野三社、伊勢志摩、
   鈴鹿から四日市を廻りモネの池やメタセコイヤ並木
   などものすごく欲張った旅をしました。

19040516

2018年12月 年末の家族旅行で北九州地方へ。
   佐賀、長崎の100名城めぐりと長崎市内観光。
   帰りの熊本では鍋ヶ滝や大分の夢吊大橋などを観光。

と、想い出を手繰ってみた。
確かによく走ってるわ。10万キロも。
南は鹿児島、北は青森。新潟に至っては5回も。
100名城の旅と四国遍路の旅が結構距離を稼いだようですね。
ただ、ハイブリッド車ということで満タン35リットルで
600キロ以上走れますので、静岡から無給油で帰ってきた
時はハイブリッドのありがたさが身にしみましたね。
荷物もよく載るし扱いやすい大きさで重宝しました。

でも、夜が明ければもうお別れです。
明日の朝、松山まで自走し新しい相棒の
プジョー君と引き換えに手放してきます。

今まで色々な思い出をありがとう!

19040510

もし願いが届くなら、また新しいオーナーさんに
可愛がってもらってください。

| | コメント (0)

2019/03/25

これに決まりッ!!

1903214

17日の日曜日にプジョー松山のディーラーで308SWの
GT Lineというグレードのワゴンを試乗した。

夫婦共に気に入って帰った。


ちょうど3月24日までの契約と3月中の登録で残クレの金利が
0円という超魅力的なキャンペーンをやっている最中だった。

でもこの条件をクリアするには品物がないと実現できない。
試乗したものはこのディーラーで既に登録して社員が乗っている
車でそれは登録できない。
松山の展示車はGT Lineのシルバーのみ。
我輩はシルバーもギリギリセーフなのだが
どうも家内が「商用車っぽい」ということで
好きになれないみたい。

0金利ではなくなるが気に入って納得したものを
注文してフランスからの製造待ちにすればいいのだが
まあ、そもそもこの段階ではプジョーに決まっていないない。

カローラのフィールダーの新型の発表を待つのもあり
ラブ4あたりも魅力的、そんなSUV車もいい。
ヴェゼル、C-RV、Xトレイルなど候補者は多数。

通勤主体の使用ならステーションワゴンが適任。
写真を撮りに山へ行ったり川へ行ったりなんかは
SUV車に断然軍配が上がるのだが・・・・

フィールダーを乗りつづけセカンドにジムニーもあり。
使用頻度は少ないが維持費はかかる。もう少し先に
しようか。ジムニーも1年待ちとか・・・・

20日にプジョーの担当に「色はパールにする」から
今、国内にあるものを探して欲しいと連絡をした。
もし0金利に間に合うのなら明日にでも契約するよ。
と言っておいた。

夜になって入電。
パールは見つからないです・・・
ただ、グレードは上がりますが「GT」という
2.0のディーゼルターボなら松山にありますと。
しかもルーフがガラスになっているもの。

オーバースペックだ。

2.0のほうが燃費が良さそうだがパワー&トルクを
上げているので調べると燃費も悪い。
税金も1.5と比べると高くなる。
しかもルーフのガラスはいらないし・・・
ホイールも18インチなのでタイヤ交換が怖い。
ただ、色はパールで今月の登録が可能なのだ。


1903215_1

まあ、せっかくなので21日の祝日に見に行くわ、と出かけた。
入り口付近にそれは置かれていた。

カッコいいな。
ホイールも抜群のバランスだ。


ここへ来る前に買い取りセンターでフィールダーの
買い取り査定をして相場を調べておいた。
GTの商談に入り、値引きと下取りの価格を見て
一気にこの車への気持ちが高ぶった。
かなり頑張ってくれた。気持ち予算オーバーだが
下のグレードのGT Lineとそれほど変わらないくらいの
総額で手を打てそうな見積もり提示だ。

後はルーフのガラスがどうだろう?
いる?入らないよなぁ、暑そうだし。
でも屋根がガラスで黒くなっているから前から見ると
綺麗なの。素敵なんだよね~

Img308fl051280x58032393017

色々と悩みましたが、思ってもいなかった308SWの上級グレード
が0金利で手に入るし、何より車が気に入った。


ということで、プジョーに出会ってから5日目に購入しました。


Img308fl021280x58032392417

わずか5年でフィールダーとはお別れですが
10万キロ近く走ったし新潟や青森、九州も鹿児島まで
とにかく走りました。四国88ヶ所も制覇しましたしね。
燃費の面などで次もハイブリッド車しかないと思っていた
けど、まさかディーゼルターボに乗ることになるとは・・・・

そんな感じで衝撃の突然の乗り代わりでした。
さあ次はどんなカーライフが待っているのだろうか、
ワクワクします。

| | コメント (0)

2019/03/22

おフランスの車

1903171_1

ライオンのエンブレム。


1903172

車探しで松山のプジョーへ。


1903174

おしゃれなコーヒーカップで。


1903173

シュッとしてカッコいい車ですね。
ディーゼルターボの乗り心地もよかった。


| | コメント (0)

2018/12/13

ヘッドライトがぁ

1812131

バイクのヘッドライトが切れた。
でも、ハイビームはOKなのだが・・・・

バイクとはいえハイビームで走るのは
迷惑極まりない。

1812132

取り出してみるとハロゲン球のH4というバルブ。
自動車もバイクも同じものだから二個セットの
お買い得のものを購入。
一個は予備にとっておいたらいいでしょ。

1812133

割と黄色いタイプの色だったけど
今度は少し白いタイプのものに交換。

1812134

取り付け完了!
3年5ヶ月・16000キロ走行。
寿命的にどうだか分からないけど
まあそれだけ持てば良しとしよう。
自動車よりは振動が大きいですし。
まあ次は予備があるから慌てなくてもすむ。


| | コメント (0)

2018/08/12

坂出花火大会

1808111
4月に悪天候で中止になっていた坂出の花火大会。
瀬戸大橋の30周年記念事業の一つとして期待していました。

生憎の悪天候で仕方なく諦めていましたが坂出の花火大会として
15000発の花火は予定通り行われるという。

8/11土曜日、お盆休みに入った初日に行われました。
乗用車では渋滞必至なので当然ですがバイクで移動します。

途中に高瀬あたりで豪雨に見舞われましたが雨雲を
避けるように浜海道へ逃げたりしながら進みましたが
雨は受けました。坂出のほうは空が曇ってなかったので
大丈夫かなということで予定通り目指した場所へ。



1808112
4月のときにロケハンは完了してました。
へんぴな場所で道路も狭いのでそれほど人はいないだろうと・・・


ところがすでに100人に迫る勢いでカメラマンとギャラリーが!
まあ、とりあえず他の人に迷惑にならなさそうな場所を探し
陣の端のほうにセッティングしました。


20時ちょうどにスタートです。


思っていた方向とはやや違い左に大きくパンする形に
急遽対応しましたが大きな木が立ちはだかりました。
その枝の下側から狙えるように三脚を低くセットしなおして
何とか捉えることが出来ました。


1808113

ライトアップの瀬戸大橋ももう少し絡められると思っていたが
ちょっとあてが狂いましたね。

カメラを低くしたので体勢も地べたに座り込む形。
バイクで座ってお尻が痛い上にまた座り体勢です。


1808114

まあ1時間頑張ります。

15000発?


と思えるほど間も開くしそれほど多く感じませんでしたね。


1808115
しかもズームしないと手前のパチンコ屋さんの明かりが
えげつなくて長時間露光では影響を受けます。
ちょっと寄った感じで上にある樹木の枝と下にある
パチンコ店の明かりを避けるようにこのような窮屈な画角に
なってしまいますね。


1808116


それでも無事フィナーレを向かえ盛り上がります。
待ちに待った坂出花火でした。

渋滞を避けるように変えるのが大変です。
帰省と花火客でごった返してますよ。
23時過ぎようやく帰宅できました。

花火はそれなりによかったけど・・・
ケツ、ケツ、ケツ。
ケツが割れそうに痛い~!

| | コメント (0)

2018/04/01

日本のウユニ

1803311

今や全国区の人気スポット仁尾町の「父母ヶ浜」
3/31仕事終わりでそのまま出かけました。
ちょうど干潮と夕日の時間が重なるチャンスの日なので
目的地は高松ですがちょっと立ち寄り。

1803312

モデルさんが良いポーズをとっていたので便乗して撮影。
とにかくものすごい人で海岸は一杯でした。

天気のいい青空の日の朝も面白いそうなのでまた来てみたいです。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧