« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018/05/29

ハーフNDフィルター

1805275
カメラ用品です。
RANGERSってところのものなのですが結構しっかりとしていて
Amazonでフィルターを買うならここのものになっています。
安いんですよ。
1805276
手持ちのレンズの口径にあわせて取り付けリングをつけて
プラ製のフィルターホルダーを取り付けます。
3枚のフィルターがセットできるようになっています。
1805277
ハーフNDってこんな感じのフィルター。
たとえば逆光の夕陽のときに上半分は強烈な光があって
下半分は暗い風景がある場合、上の明るい部分だけを
フィルターの暗い部分を通して撮影するといった道具になります。

まだ効果のほどは試しておりません。

| | コメント (0)

2018/05/28

赤い池?!

1805271
香川県に赤い池出現!
1805272
確かここは池だったはず。
舗装でもしたのか?
陸上競技場のような質感だけど・・・
1805273
でもペットボトルとかビンが浮いてるけど・・・
やはり池なのだ。
1805274
国道11号を丸亀方面へ進んで鳥坂峠の登りこみ始まりのあたり。
これは植物なのか?なにか異変なのだろうか?

| | コメント (0)

2018/05/27

夕刻に

1805261
なんか、はっきりしない天気だった5/26土曜日。
霞と薄曇りで写欲が薄れてしまった休日だったが夕方になって
夕日がキレイになっていた。
1805262
海沿いの鉄道の見える場所へ出かけてみた。
1805263
夕陽の感じとシャッタースピードの設定が難儀した。
若干車体のブレがあるが白とびをさせたくなかったので
ISO感度とシャッタ速度をギリギリで設定して特急の通過を待つが
刻一刻と夕日が沈み空の明るさが変わる。
実に難しくて面白い撮影になった。
1805264
日が落ちたので近くの海岸へ。
波しぶきがかかるギリギリのところまで寄り、しゃがんで波の先端を撮る。
1805265
そして三島運動公園のバラ園で三脚使用で撮ってみた。
1805266
近接したテニスコートと球技場のナイター照明が助けてくれた。
でも暗いッちゃぁ暗い場所だけど行く人がスマホで撮影してたけど
うまく撮れたのだろうか?確かに最近のスマホのカメラは性能がいいけどね。

| | コメント (0)

2018/05/21

J2観戦 愛媛FC VS 京都サンガ

2018年5月20日

J2リーグ 第6節
愛媛FC VS 京都サンガ  愛媛・ニンジニアスタジアム

実に2ヶ月ぶりのスタジアム観戦。
天気は最高の観戦日和の日曜日。
5/15日には間瀬監督の辞任が発表され川井新監督の
就任が同時に決定された。その新体制で臨むホーム戦。

ホーム初勝ち星は手に入れることが出来るか?
1805201
寒くもなく暑くもない。最高のコンディションだ。
1805202
今回は初の試みで、西条からの無料バスに申し込んでみた。
キックオフ2時間前に西条のフジグランを出発です。
1805203
サポ席には歓迎と勝利を鼓舞する横断幕。
1805204
スポンサーの伊予銀行からもビッグシャツで応援。
1805205
とにかくスタジアム全体が新体制の躍動と愛媛FCの勝利を望んだ。
1805206
先日J2リーグ300試合出場の河原選手の表彰も行われた。
とにかく今日は勝つための条件がすべて整ったということ。
10番の神谷選手がトゥーロン国際のため代表選出で不在という点は
ちょっと今の愛媛には痛手になるかも。
1805207
前半から終始愛媛は攻めを忘れない。
1805208
今回愛媛の川井新監督はベストなショットが撮れなかったが
京都も交代したばかりのジェロヴスキー監督は表情がよく撮れた。
1805209
前半0-0のスコアレスで折り返した。
両者どうしても先制点が欲しい時間帯で動いた。
京都・大野が52分、先に愛媛のネットを揺らした。
反撃に出たいところだが、急に京都のボールが回り始めた。
先制点はやはりチームの躍動に繋がる、重要だと改めて感じた。
さらに61分、京都の追加点で0-2の窮地に追い込まれた。
18052010
77分、愛媛・有田が頭でネットを揺らした。1-2だ、まだ時間がある。
18052011
田中マルクス闘莉王を京都は入れて1点差を死守。
18052012
最下位だった京都がアウェイで勝ち点を積み上げて歓喜するシーンを
見せられた。絶対勝たなくてはいけない試合で負けてしまった。

18052013
さて、愛媛FC。
これからどう建て直し開き直ってもがき苦しんで戦ってゆくのか。
J2残留とかJ3降格とか、そんな緊張感のあるシーズンになっている。
我々としてはただただ祈り、声を出して応援することしか出来ない。

この時点で同じ四国のカマタマーレ讃岐と最下位争いをしている。
共倒れはごめんだぜ。
頑張れ愛媛FC!!!

| | コメント (0)

2018/05/20

快晴!撮り鉄

1805201
朝から清々しい天気。
午後はサッカー観戦のため何か撮りにでかけた。

鉄道目的ではなかったのだけど結局は鉄分補給。
1805202
バイクで走ると寒い。

1805203
結局鉄道写真だけでした。
さあ、午後5時からは新監督の初陣ホーム戦。
京都相手にどう戦うのか楽しみです。

| | コメント (0)

2018/05/13

倉敷出撃!

1805121

5月12日土曜日。
会社の休日、同僚で写友でもあるMASA氏とかねてから計画していた
岡山倉敷地方への出張撮影の旅が実現した。

瀬戸大橋で車で岡山へ渡りまずは宇野線を走る観光列車
「ラ・マル・ド・ボァ」をもとめて池ノ内一踏切付近の通過を狙います。

1805122

そして後を追っておしゃれな外装の宇野駅まで。

1805123

有名な撮り鉄スポット、「早島カーブ」付近で二階建てマリンライナー通過。
瀬戸大橋30周年のヘッドマークが誇らしげです。

1805124

さらに移動して倉敷駅近くの山陽本線と水島臨海本線が併走する
ポイントで撮影。

山陽本線の上り下りの普通列車がすれ違うシーンに遭遇した。

1805125

予定より時間に余裕が出来たのでちょっと移動して総社市へ。
伯備線を走るスーパーやくもを。

1805126

そして近くを通る山陽新幹線架橋に劇暑!
700系、500系新幹線がシュンシュンと通ってゆく。
早いなぁ、新幹線は。

1805127

そして予定に戻り水島臨海線。
土曜日ダイヤで走行本数や車両は少ないが基地にはたくさんの車両が
並んでいた。ここも劇暑ポイント!

萌え~

1805128

そして夕刻になり餃子の店でがっつりと食って、被写体は水島の
コンビナート群の工場夜景へと。
鷲羽山水島展望台から日没まで過ごす。
若干、日中からの霞でちょっと眠たい写真になるけど・・・
おまけに夕陽は雲に隠れてしまう。

1805129_2

完全な夜景になる前に絶対に行ってみたかったポイントへ移動する。
前方に水島工業地帯を眺めつつ棚田を移せる場所。
通常では考えにくいシチュエーションで神秘的とも言える。
あっという間に闇に包まれた。

18051210

少しだけ移動して望遠でプラントのアップを切り取る。

18051211

そして最後のポイントは瀬戸大橋が見える鷲羽山第二展望台へ。
20:40分頃に到着したがこの日のライトアップは21:20分まで。
最後の力を振り絞って長い階段を機材を抱えて二人でヒーコラと
登って、即撮影。
岡山側から望遠で坂出の番の州工場地帯と讃岐富士もうっすらと見えた。

ライトアップは時間通りに21:20分で消灯。

これで予定終了。

実に内容の濃い面白い旅になった。
もちろん反省点もあるし済んだ空気も欲しかった。
ただ当初の天気予報では曇りのち雨のような感じだったけど
晴れただけでも儲け者ですので文句は言えません。
夜景に関しては秋ごろの澄んだ空気の日に再チャレンジ行きたいです。
今回はロケハンということでそれなりに満足のいく撮影ができました。

相方のほうの写真も見てみたいですね。
ブログ井原式別館」のリンクです、この中から記事を探してみてください。
同じ日の旅の記録が記されるはずです(5/13現在は未更新)。

MASAさん、お疲れ様でした!
また行きましょうや!!!



| | コメント (0)

2018/05/08

内子・泉谷の棚田

1805051

大洲側から内子町に入りしばらく進むと目的地の泉谷の棚田がある。

1805052

予想通り田植えに向けて水が張られている。

1805053

ただ予想に反して天気のほうがパッとしない。
もう少し晴れ間があると思っていたのだが・・・

1805054

17時頃ついたのだが他に一人のカメラマンが既に来ていた。

1805055

日没まではまだ時間があるので棚田周辺を歩いてポイントを吟味。

1805056

数台停められる駐車場もあり、おまけに水洗トイレまでもがある。
安心して長時間居座ることができそうだ。

1805057

逆光にはなるが駐車場がある定番のポイントが良さそうなので
三脚を固定して定点的に撮影をすることにした。

1805058

雲は晴れない。
少しの隙間からではあるが太陽が最後に顔を出した。
うす曇のせいかはっきりとはしない。

1805059

19時。
日没の後、空が赤く染まったが棚田に写り込むほど強烈ではなかった。

まあ、だいたいこのような景色を求めてきたので概ね満足だが
欲を言えばもう少しだけ晴れていて欲しかった。
棚田百選にも選ばれているだけに整備も届き実に環境もいい自然でした。
このまま守られていくことを願っております。


| | コメント (0)

2018/05/06

大洲~内子へ

1805051_2

5月5日、こどもの日。
天気がよいということなので南予地方へ出かけてみた。

大洲城と大洲鉄橋での撮影。
少彦名神社で参籠殿を見る。
内子へ回り泉谷の棚田の日暮れを見る。

といった日帰りのプチ旅行です。

1805052

あらかじめ目星をつけておいた撮影ポイントでシミュレーションをする。
運よく数台の列車が立て続けに通過した。

そしてお目当ての車両が近づいてくると大洲城ではのぼりを持った
たくさんの人影が騒ぎ出す。
ある列車をおもてなしのための旗振り隊です。

1805053

そして満を持して「伊予灘ものがたり」がものすごくスローな速度で
大洲鉄橋を通過してゆきます。

まあ、これだけでもお腹いっぱいなのですがせっかくなので他の
目的も済ませて帰ります。

1805054

同じく大洲市内にある少彦名神社です。

1805055

駐車して少し登ると目の前にこのような建造物が現れます。

1805056

京都の清水寺と同じ懸け造りという建築で、一時は崩壊寸前にまで
なっていたそうで近年修復されたそうです。

1805057

参籠殿の中には入ることが出来ます。
とても素晴らしい景色でございます。


さらにお腹一杯になりました。
でももう一箇所だけ回っておきましょう。


1805058

大洲から狭い山道をひた走り内子町へと進みます。
内子に入ったあたりでは坂本龍馬脱藩の道があります。

さらに目的の棚田までは進みますが次回の記事で紹介しましょうか。
では。

| | コメント (0)

2018/05/04

第十九期 遍路旅

1805041

思わずつられて笑いそうになります。
福がありそうですね。

風が強いけど天気はそこそこよい。
GW真っ只中の5/4、午前8時。
地元の札所をまわります。

5月4日 8時スタート(82141km)

1805042

国道192号を徳島方面へ進む、川滝町。
別格14番・椿堂(82153km)

1805043

遍路道を通り新宮町へ進み三角寺の奥の院。
別格13番・仙龍寺(82165km)

1805044

靴を脱いで本堂へお参りします。
風格のある建物ですね。

1805045

三角寺へ山道を進みます。
途中開けた地に見晴らしのいい場所があったので川之江の町を。

1805046

地元の札所、三角寺に到着です。
65番・三角寺(82177km)

1805047

土居町へ。
別格12番・延命寺(82198km)

1805048

弘法大師お手植えの伝えのある「いざり松」。

ということで午前中には帰宅。
地元の札所も制覇しました。
残すは87番、88番そして別格20番のみを残すだけになりました。
あまり暑くならないうちに行っておこうと思いますね。

南無大師遍照金剛。

※走行距離データ '18/5/4
  自宅発 82141km
  自宅着 82211km
  走行距離  70km


| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »