« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017/05/31

ホタルを求めて

1705301

市内のとある場所。
バイクでホタルが出そうな場所を探しあちこち。
だいぶ暗くなってもホタルは飛ばない。何故だ?
なんて右往左往していると数匹の飛行が見れた。

1705302

撮影場所を決めたときにはもう辺りは闇の中。
真っ暗な状態でピントを合わせるのは至難の業。
業と言うかもう完全に手探り状態、撮ってみて確認して調整する・・・
繰り返しだが結局撮れた写真も暗いのでよくわからない。

1705303

この最後の写真がかろうじてお見せできる範囲の写真ではないだろうか?
これでもう少しホタルが飛んでくれればよかったですね。

まあ今回はロケハンということで数十枚の写真から3枚だけ残った。
もう場所は確認できたので次回はまだ明るい内からスタンバイして
しっかりとピントを合わせておいてホタルを待ちたい。
面白そうですね。

あ、でも雨の日はホタル飛ばないね。
雨上がりの蒸し暑い日が狙い目。

| | コメント (0)

2017/05/30

再び千町棚田

17052821

まだ日曜日(5/28)のこと。

たくさん食って、競馬もはずし、大相撲は白鵬の優勝が早々と決まり
夕方4時半を回って急に千町の棚田が気になったのでバイクで出かけた。

17052822

バイク移動は早い。機動力に長けるね。

道中ニホンザルの5頭の群れに遭遇したがあまりにも近かったので
恐怖を感じてカメラも出さずに素通りした。
今思えば撮影しておくんだったなぁ。

17052823

もう少し水が張ってあると期待していたが・・・

17052824

まあ、このあたりが棚田選定に選ばれない理由だろう。
石積みで良い感じの棚田なんだけどなぁ。

この場所を見渡せる場所もあって、林道を進めばいけるみたいなので
チャレンジしてみたのだがあまりにもダート道がゴツゴツしててすぐに断念。
近くから数枚の棚田を撮影。もう少し空が赤らむまで待とうと思ったけど、
山道で暗くなったら嫌なのでここら辺で退散。
もう少しすれば水田が増えるのかなぁ?もう一度だけ来てみようかな・・・

17052825

土居町にもバラのたくさん見せてくれるお宅があると聞いたので
探してみた。土居町上野の旧道沿いにありました。
ちょうど国道11号線の宇佐美のスタンドを越え関戸バス停から左鋭角に
戻る方向に入ってしばらく進むと右手側にバラが見えてきますよ。

17052826

日が暮れそうで暗くなったので綺麗な花に近づいて写してみます。

17052827

小さくて可愛いバラもたくさん。

17052828

楽しませていただきました。
まだ、なんかお腹が太い日曜日でした。


| | コメント (0)

2017/05/29

グルメな日

1705281

5/28 日曜日。
前日の四国半周の疲れがまだ残ってはいるが、久しく須崎のうどんを
食ってないので朝から行ってきました。

1705282

割り箸よりも太い剛麺。
温かいのは生卵を入れて、冷たいのは温玉いれ。
至福のとき。

1705283

知人から仕入れた情報で須崎食料品店の近くの篠原菓舗にも立ち寄り。

1705284

ドラ焼きが美味しいと聞いてきた。
でもショートケーキもあったりで迷ってしまう。
今うどんを食べてお腹いっぱいなのに・・・

1705285

生ものなので早くいただかないと・・・
イチゴのショートケーキ、あずきチーズケーキ。

1705286

日本ダービーを見て、夕食代わりに。
抹茶ドラ。

1705287

アンコと意外にあう珈琲クリーム。

1705288

安定の生クリーム。

1705289

こちらは翌日(今日)のためにとっておきます。
チーズドラ、抹茶のカステラケーキにくり饅頭、どれも美味しかった。

17052810

実はこれだけではないのです・・・

うどんから帰ってきて、競馬中継を見ながら焼いたのがお取り寄せした
イチローの味噌だれ餃子。

17052811

特製の味噌だれでいただきます。
酢が利いたさっぱりなたれです。
他に塩とポン酢、酢醤油でも試してみましたがこの餃子にはやはり
付属の味噌だれがうまかったです。
二人で50個完食。

17052812

まだ終わらないのだ。

17052813

これが日曜日一日で食べた料理です・・・・けど、何か?


| | コメント (0)

2017/05/28

船が浮く?

1705271

高知県大月町・柏島。

とにかく地中海のような・・・
海の透明度が高く、船が宙に浮く?
そんなこと聞いたので遍路旅のついでに行ってみた。

1705272

普通に船は浮いている。
当たり前といえば当たり前。船だから浮くよね。

1705273

なんせ、海が綺麗。
透明度も抜群。
写真奥の光の玉ボケは養殖場のブイの反射光。
写真の良いアクセントになった。

1705274

ふむふむ、確かに透明度は高いし海底も透けて見える。

1705275

確かに宙に浮いたように見えない?
船底に水の気配がないから舳先が持ち上がっているように錯覚する。

1705276

太平洋とこんな風景が目の前に広がる。

1705277

これこれ、宙に浮いたように見えるでしょ?
こんな写真が撮りたかった。

1705278

釣船、ダイビング、シュノーケリング、サーフィン・・・・
もうこの地は真夏の地中海ですよ。

1705279

島を一望するとこんな感じ。
無料の橋で島へ渡ることができます。

17052710

そして近くで「観音岩50m」の看板を見つけたので階段を登ってみた。

17052711

眼下に見えた。
観音様が手を合わせているように見える。

自然って良いですね。
お遍路の旅もこうやって周りの観光を兼ねてすると楽しみ倍増。
しかもこの日は最高の天気で最高の旅になりました。
やっぱ、日ごろの行いがいいのでしょうね。

| | コメント (0)

2017/05/27

第七期 遍路旅

1705271

さて、久々の連休。
5/27土曜日、遍路旅も第七期まできました。
予定を立てたのは愛媛県の南予、宇和島、大洲あたりで。

ということだったのだが、ご覧のように晴天で南予は青い海と空。
予定を変更して絶対に天気の日に行きたかった高知の方に行くことにした。

5月27日 午前7時半スタート(64210km)

1705272

愛媛県の最初の札所になる
40番 観自在寺(64418km)

1705273

そして高知は宿毛。高知県最後の札所。
39番 延光寺(64448km)

そしてこのあと、是非天気の良い日にいってみたかった場所、「柏島」
まで進んでみる。それから時間を見て愛媛側から折り返して帰ろうか、
それとももう一つ、足摺にある札所まで行き、高知周りで・・・・

まあ、とりあえず行ってみよう。

1705274

道中も青い海が気になる。
水平線がずっと見えている。
こんな場所もあったので車を止めて。

1705275

柏島に着きました。
沖縄っぽい稲成神社。

1705276

今日は銀次郎も同行。
この後ろの青い海が見たくてここまで来ました。

1705277

写真中央の島が柏島。無料の橋で渡ることができます。
スキューバダイビングや釣り、サーフィンなどで賑わう島です。
それともっと素晴らしい景色にも出会えますよ。
後日別の記事で。

1705278

近くに「観音岩」という案内板があったので少し歩くが寄って見た。
結構な大きさの岩ですが、観音様が手を合わせているように見えますね。

1705279

結局、足摺まで行っちゃいました。
どうせいつかは行かないといけないので。
38番 金剛福寺(64550km)

足摺まで来ればもう愛媛側へは引き返せない。
ナビで自宅を設定してみると高知周りと比べて愛媛周りでは1時間の差。
無料区間も含めて四万十町中央ICからは三島川之江まで高速移動です。
四国を半周回ってきたような感じですね。
天気がよかったけれど湿度が低くさわやかな風が吹いた良い一日でした。
予定を変更して高知まで行ったのも大正解でした。

これで34霊場、別格6霊場 40/108(88箇所+別格20場)
結構回った気がしたけどまだまだ修行の旅は続きますね。

南無大師遍照金剛。

※走行距離データ '17/5/27
  自宅発 64210km
  自宅着 64776km
  走行距離 566km

| | コメント (0)

2017/05/26

日没

1705261

日没前に繰り出してみた。

1705262

どこかいい場所がないかなとふらふらと探索。
灯台と夕陽を絡められる場所で今日は日没を見守ろう。

1705263

瀬戸内の島だろうか、まもなく日は沈んだ。

1705264

風が強いので三脚は諦めて手持ちで撮影。

1705265

刻一刻と変わる空模様は面白い。
今見た習慣は次の瞬間にはもうないから切なくて良い。

| | コメント (0)

2017/05/22

J2観戦 愛媛FC VS 名古屋G

2017年5月21日

J2リーグ 第15節
愛媛FC VS 名古屋G  愛媛・ニンジニアスタジアム

まさか、名古屋グランパスとのJ2観戦記を書くことになるとは
夢にも思っていなかった。オリジナル10のチームの一つ。
5位名古屋グランパスを迎えて6位愛媛が迎え撃つ。
愛媛3連勝中、ホームに限っては5連勝中だ。

1705211

ピッチではアップに出てくる両チームの選手たち。
いつもながらミーハーなファンなので名古屋の選手が気になってしょうがない。

1705212

はい、寿人みっけ。
元代表、広島でプレーしていた佐藤寿人。

1705213

ほい、楢さんもみっけ。
大体の人が知ってるよね、日本の守護神としても活躍した楢崎正剛。

1705214

好調、愛媛イレブン。
有田、小暮がスタメン。

1705215

ひときわ目立つのがスウェーデン人、シモビッチ。
199センチのFWの選手・・・おーこわっ。

1705216

愛媛も好調のキープでいい攻めを仕掛ける。
そんな中、愛媛近藤貴司が河ちゃんの完璧なパスから完璧な抜け出しで
楢崎から完璧な先制ゴールを!

1705217

前半終了間際に同点弾を混戦から叩き込まれた。
1-1で迎えた後半15分過ぎに元日本代表玉田圭司に逆転された。

1705218

最初にとるのを忘れていた、すでに1-2の状態です。

1705219

入場者数の発表。
7863人。いつもの倍近くの入場者数。
いいですね、名古屋効果なのか愛媛の6位浮上効果なのか・・・
どっちにしても客が増えるのはチームにとっては大事なこと。

17052110

途中交代でピッチを後にする玉田と風間監督の握手。

17052111

試合は1-2のままスコアは動かずに残念な敗退。
でもプレーでは絶対に負けていなかった。

試合終了後の名古屋・風間八宏監督。

17052112

試合終了後、選手たちもロッカールームへ帰るのだが、一人の男が
愛媛サポの方へ歩んでいった。

名古屋グランパス39・内田健太。
昨年まで愛媛でプレーした内田が愛媛サポへ挨拶に来ていた。
敵ながら愛媛サポも彼にエールを送る。いい光景だ。

17052113

17052114

番外編だが、愛媛FC戦の前に隣の競技場で行われていたなでしこリーグ。
愛媛FCレディースが試合をしていたので早めに入りして少しだけ応援。

9・大矢歩(上)
17・上野真実(下)

先日のなでしこジャパン(女子日本代表)でも選出され両者共に試合出場。
いわば現役の女子日本代表の両者だ。
なんとこの試合で両者が1点ずつゴールを決めて2-1で勝利した。

愛媛FCもアベックで勝利したかったが同じスコアで1-2で負けました。
今節終了時点で8位になりましたがそこは僅差の位置。
さらに勝利を重ねると間違いなくプレーオフ圏内です。

頑張れ愛媛FC!!!

| | コメント (0)

2017/05/19

アンパンマン列車

1705191

今日も昨日と同じ場所でアンパンマン列車を待ち伏せしてみた。
稲もすくすくと育ち水鏡ももう見れそうにありません。
新しい田んぼを探さなきゃね。

1705192

そして波打ち際まで降りてみた。

1705193

マジックアワーはほんの数分間だけの贈り物。
油断するとすぐに辺りは闇に包まれます。

1705194

いい景色だ。
明日も頑張ろう。

| | コメント (0)

2017/05/18

夕陽からのマジックアワー

1705181

空が赤らんできたのでカメラを持ってGO!

1705182

5/18の四国中央市からみた夕陽。

1705183

踏み切りの音がしたので振り返るとアンパンマン列車でした。
犬を連れたおじさん、さっきまで近くで夕陽を見ていたのにもうあんな方。

1705184

ちょっと稲が伸びすぎたかな?
一両列車が欲しかったのでちょうど良かった。

1705185

クロスフィルター装着で沖合いのタンカー。
ちょっとわかりにくいのでトリミングで拡大してみたら・・・・

1705186

おお~煌びやかです。
このあと工場へ行こうと思っていたのだけど風が出て三脚に影響が
出そうだったので退散です。

また天気のいい日に出かけたいですね。

| | コメント (0)

2017/05/14

八幡饅頭

1705141

今日は家内の希望で今治で開催された「タオルフェアー」へ。
お買い得なタオルが各社のテントで販売されるイベントで年二回開催される。
春は5月の開催、次回は秋10月に。

ついでにイオンモール今治新都市へも始めて寄ってみて。
近くにあったスシローで早めの昼ごはん。

で、以前にお土産にもらった饅頭が気に入ってお店が見たかったので
近くなので玉川まで行ってきました。

1705142

玉川といっても今治市に程近い場所。
あっという間に到着。
到着時は他県ナンバーの車も止まっていました。
とりあえずさっきご飯を食べたばかりなので饅頭は帰ってからいただくことに。

1705143

近くに気になった鳥居があったので。

1705144

鳥居に石を放り投げてってことはよくあるけど・・・

1705145

大きくない?
石?

1705146

今日は12個入りを購入。
ばら売りもあるそうですが、今日は12個。

1705147

謙虚な言葉。

「ひなびた味」って・・・

1705148

添加物を使わない餡も皮も黒糖味の蒸し饅頭。
しっとりとして甘すぎず超うまいです。

1705149

ついでですが、カメラを下ろしてきたので銀次郎も撮ってみた。

17051410

7月生まれなのであと二ヶ月で2歳です。

17051411

そろそろ落ち着くかな?

| | コメント (0)

2017/05/08

J2観戦 愛媛FC VS R山口

2017年5月7日

J2リーグ 第12節
愛媛FC VS R山口  愛媛・ニンジニアスタジアム

GW前半、横浜FCとのアウェイ戦で屈辱の0-4負け。
中3日とハードスケジュールの中、ホームに山口を迎える。
気持ちを入れ換えて戦うことが出来るか。

1705071

強風が吹き黄砂だろうか、空は霞んでいる。
そんな気象状況は関係ない。やるしかない。
相手も同じだ、勝つしかない。

1705072

神田、有田が先発組。

1705073

我がオレンジ軍団も気合を入れる応援を展開。

1705074

ところが、今節は相手もオレンジ軍団。
GWということもあってかかなりのサポが来愛している。

1705075

前半9分、FKから混戦の中ボールはラインを割った。
0-1と山口に先制点を奪われる。

追いつこうと愛媛も必死で攻めるがなかなかゴールには繋がらない。
前半は0-1で折り返す。

1705076

後半12分、愛媛・神田が有田の放ったこぼれ玉を押し込んで同点。

1705077

さらに26分、DF・浦田がゴール前でフェイントからのゴール。
これで逆転成功!

1705078

なんとなく愛媛ペースになった。
そんな中、会場が沸いた!貴司のゴール!
下と思いきや、オフサイド判定でノーゴール。

1705079

2-1と、わずか1点のリードを5人で守る。

17050710

後半アディショナルタイムは4分。長い。
待ちに待った終了のホイッスルが鳴った。間瀬監督もガッツポーズ。

17050711

決勝点の浦田が今日のヒーローインタビュー。

ドキドキいっぱいのホーム戦でした。
しばらく連戦続きですが、故障者なしで乗り越えて欲しいですね。
頑張れ愛媛FC!!!

| | コメント (0)

2017/05/07

津和野でSL山口号

17050431

長門、下関で絶景で癒されてから津和野へと移動。
朝の元乃隅と同じ「稲成神社」と書く太鼓台稲荷神社へ。
遠くから見ても真っ赤に存在感のある神殿が特徴です。

17050432

こちらも立派な鳥居が並んでいます。

参拝を済ませ同じ山の頂上にある津和野城址へ向かいます。
登山でも可能なのですが有料のリフトが運行されていますのでリフトで登ります。

17050433

リフトを降りてでも10分以上は山道を登らないといけません。
昨日の山城二つと昨夜からの寝不足でけっこうつらいプチ登山。
幸い涼しい心地のよい風が吹くのが気持ちよかったです。

17050434

登っていくと中世の石垣から江戸時代の石垣へと変わっていき、いかにも
城跡らしい光景になります。モミジの新緑が眩しいくらいで気持ちいい。

17050435

山頂にある本丸跡を見上げて。

17050436

津和野の美しい町並みを見下ろして。
茶色の屋根瓦が風情を感じさせてくれますね。まさに小京都。

17050437

そして13時前の津和野着のSLを撮影するために場所を散策。
ネットで数箇所のポイントがあるのだが、とりあえず近くで見たいので
「本門前踏切」を選んだ。下見の1時間前の時点でもすでにカメラマンの
場所とりで三脚が放置されていました。

17050438

ここは無料の駐車場も整備されていてゆっくりとSLを見ることができます。
まだ時間があるので町並みの雰囲気を味わい近くの道の駅で時間つぶし。

10分前になったので踏切まで戻ってきたときには車も人も増えていました。

17050439

自分が選んだ場所からはこういった感じ。
手前の草がこれほど邪魔するとは思っていませんでしたが
あぜの目線で津和野へ向かってくるSLを狙ってみた。

170504310

連写で目の前を通過するSLを捉えました。
耳ではしっかりと蒸気機関車の鼓動を感じながら、あっという間の時間。
機会があれば他の場所でも見てみたい。
でも津和野までなら片道4時間半・・・日帰りでも可能な距離だけど・・・
SL撮影のためだけには非現実的な感じがします。
何かの機会にいけたら良いですね。

ということで2017年GWの旅は終わりです。
天気がよくてよかった。
次はどこへいけるかな?

| | コメント (0)

満天の星、天の川を見た。

17050421

夜中の間に三人でドライバー交代をしながら山口県の長門市にある
「元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)」へ午前4時頃に到着。
珍百景や各種メディアで取り上げられてここ数年はものすごい人気スポット
になっている。もちろん連休ともなれば大渋滞が予想され道路の離合や
駐車場の確保なども含めて大変なことになっているらしい。

なので二日目の朝一番(夜間は進入不可で夜明けに開錠)に来たかった。
4時頃到着でもすでに駐車場は10台以上の車が止まっていて車中泊してた。

17050422

自分たちもそのつもりだったがあまりにも星が綺麗だったので、
しばらく外で星を見つめた。
満天の星空とはこのことをいうのだ。
一枚目の写真はピントはあっていないが天の川が肉眼で見えたので
真っ暗闇で頑張って撮ってみたがちょっとピン甘の写真になった。
神社の鳥居にピントを合わせて撮影。鳥居から左上の木のところに
北斗七星が見える。

ただほんと星が見えすぎていつも見えているが逆にわからないほどだった。

17050423

結局我輩は仮眠することなく空が白々となり始めた。
今日も天気が良さそうだ。

17050424

夜明けよりも少し前に軽トラックで開錠をする人がやってきた。
家族を起こして参拝です。
まずは下の方まで降りてから上の本殿を目指す。

17050425

京都の伏見稲荷ほどではないが123基の鳥居がたってある。

伏見稲荷とここの稲成は字が違う。

17050426

この風景を目にしたことがある人は多いと思う。
やっと念願のこの地に来て肉眼でこの風景を見ることができました。
日が昇りきる前なので海はこれほど青くない、若干レタッチで彩度を上げてある。
新緑と青い空、青い海、真っ赤な123基の鳥居とのコラボレーション。
アメリカで日本の最も美しい場所31選に選ばれた地でもあります。

17050427

上に上がって大鳥居には賽銭箱が鳥居の上に付けられています。
この賽銭箱に入れることが出来れば願い事が叶うというのでみんな必死に
何度も何度も投げ入れます。風で方向が変わったり、届いたり届かなかったり、
我輩も何度かは数えていませんが入れることが出来ました。
嬉しいので願い事すら忘れましたけど・・・・

この頃には駐車場は満杯で後から来た観光客は右往左往。
よかった早めに来てて。

さらに西へすすみ下関の角島大橋というこれまた有名スポットへ向かいます。

17050428

元乃隅稲成神社からは1時間もかからないところに角島大橋はある。
ちょっとどんよりした空模様。午前7時にならない時間なのだが大勢の
観光客がきている、ここはバイク乗りが多い。ちょっと海が青くなかったので
こちらもレタッチで編集をしている。

このあと実際にこの橋を渡ってみた。無料で渡れる。
渡ってすぐの展望所で折り返して戻ってきたのだがその頃は雨が降り出した。
最初の写真も雨が降る前のまだ空に青空が残る貴重な一枚になった。

17050429

絶対に来たかった場所に来られてよかった。
雨は時おり激しく降るも我々はこの地を離れ次の目的地「津和野」へと向かった。

津和野では太鼓台稲成神社、津和野城とSLを見る予定です。
向こうは雨が降らなきゃいいな。
ということで、さらに続きます。

| | コメント (0)

2017/05/06

GWに山城攻め

17050311

2017年、今年のゴールデンウィークは中国山陰の山城を攻めます。
かねてから挑戦中の100名城の旅ですが、今回の旅で本州の名城を
制覇することになります。しかも残っているのは難攻不落の山城のみ。

5月3日の朝家を出て、松山の息子と合流ししまなみ海道で中国地方へ。
朝のしまなみ海道で渋滞に会いました。渋滞はほんと、得することが
一つもありません。

17050312

まずは広島県の郡山城。
三本の矢で有名な毛利元就のゆかりのお城です。

17050313

山の中腹に毛利元就のお墓があり、時間の関係でそちらのみ拝観することに。
これから山頂のお城跡へは数十分徒歩でかかるのでパスしました。

その後は二つ目の島根県の月山富田城へ向かいます。
少し中国道から松江道に混雑がありましたが富田城はすんなりと。

17050314

午後4時半頃。西に日が傾いてきていい感じで城跡が照らされています。
ここを登るのか・・・・しかたない、山城攻めだから。

17050315

比較的登りやすい整備された階段と坂を上がっていきます。
それにしても天気がよくて気持ちいい。

17050316

難攻不落の名城。月山富田城(がっさんとだじょう)。

17050317

本丸跡、いや二の丸跡だったかな?
小さい鳥居に見えますが、木がでかいので・・・
ちゃんと人がくぐれるだけの鳥居ですよ。

17050318

山城に咲く あざみ。

17050319

無事二つ目の城をまわり、境港方面へ食事に出かけます。
境港は予定してなかったのですが時間はたっぷりと余裕があるので
中海の方へ回ってみます。
突然現れた夕陽に車を止めて撮影しました。

170503110

そして境港といえば?
と、家族が思い出したのがこの場所。
そうですCMでブレイクした「ベタ踏み坂」です。

案の定ですが、あれほどの感動はなく「なんだかなぁ」的なポイントです。
それはこの写真では近くの建物や車との比較が出来ていないために
橋の傾斜のワイルドさが出ていないだけなのですが・・・ちょっとこの場所では
これが限界。まあでもここに来たという証になればということで退散。

170503111

で食事は食べログで検索して「海鮮丼」の店を探して境港まで来ました。
「米福 山陰本店」です。
我輩は海鮮はそれほど好きではないので天ぷらも食べられるお店、
午後8時を過ぎるので遅くまで開いているお店、席数が多いお店、
ということで引っかかりました。30分ほど店外で待ちようやく入店です。

170503112

で、我輩が注文したのは名物の「大海老天丼」です。
タワーのようにそびえたつ大きな海老の天ぷら。ご飯大盛は同価格で
豚汁(あら汁も時間によってはあるみたい)が飲み放題。
で、家族は海鮮丼に定食物を注文して大満足です。

待ち時間に色々調べてみました。
ベタ踏み坂の視覚のトリックについて。
これはトリックではなく撮影場所の問題ということがわかって、帰りに
もう一度そちら方面を通ってリベンジさせて欲しいと遠回りで現場へ向かいます。

170503113

ちょうど橋の対面の島(大根島)から超望遠でとれば比較対象物があり
ベタ踏み坂の様子が伺えるといったブログをみたのでそのポイントを探して
海を挟んで対面から狙ってみました。

70-200のズームにもしものときのタメに入れておいたx2のエクステンダーが
役立ちました。400mmの望遠で撮影し、さらにトリミングをしております。
暗いのと風でぶれるのと暗闇でのセッティングのため十分な写真は
撮れませんでしたがべた踏み感は出ているのではないでしょうか?
欲を言えば明るい時間に撮れればよかったですが、これでも満足です。

ということで、予定にもなかった名所にもいけたし天気もよかった。
いい一日でした。
今回は1泊2日の旅ですが風呂なし宿無しです。
ここから6時間かけて山口の長門方面へ明日の第一ポイントを目指して
ドライバー交代しながら大移動します。
三人で交代できるので助かります。ステーションワゴンの後部はフラットにして
クッションシートを敷いて足を伸ばして仮眠できる仕様になっています。
夜の移動は車も少なく快適ですが睡魔との闘いになります。
ボチボチと行きましょう!

では二日目へ続きます。

| | コメント (0)

2017/05/02

3本目の”L”(エル)

1705011

カメラをやっていると自然に増えてくるレンズ。
あれも撮りたいこれも撮りたい・・・・と、思うのである。

レンズには「焦点距離」というのがあって数字が小さいほど広角で
画面の中に多くの景色が入り、大きくなると望遠になり遠くのものが
大きく、景色の範囲は小さくなるといったニュアンスだろうか。

1705012

新しいカメラにあったフルサイズ対応の手持ちのレンズは70-200、24-70
という距離のもの。で、先日書いたエクステンダーで200mmを400mmに
出来るので24mmから400mmまでをカバーできることになる。

1705013

先日まで使っていた8-16というレンズはフルサイズ機に対応してないので
写真の四隅が黒くケラれてしまうのでフルサイズ対応のそれに相当する
超広角レンズが必要だとレンズを2本売って純正キャノンの16-35を購入。

1705014

室内で広く撮るとか、広大な景色を肉眼以上に広く見せたりすることが
できます。空や雲、夕焼けなどが好きなので超広角レンズは手放せません。

昨日届いたのでこれでGWに使用できます。楽しみです。

1705015

さて、このレンズはどんな景色をプレゼントしてくれるのだろうか?

| | コメント (0)

2017/05/01

花マクロ with 霧吹き

1704301

4月の終わりの日。
気持ちよく晴れたが特に予定はなし。
近所の花などと戯れてみた。

1704302

ガザニアやタンポポの綿毛に霧吹きで水をかけて水滴を強制的に。

1704303

EOS 5D mark4 に タムロン90mmマクロ の組み合わせ。

1704304

俯瞰から撮ったり、片膝をついたり、息を殺して花と戯れます。
この花はなんというのでしょう?

1704305

小さいただの草花だけどアップで見ると興味がわく。
ただ、この日は風が強くて大変でした。

1704306

ツツジの水滴も玉ボケで華やかに。

1704307

花が風でぶれるとマクロ撮影は出来ません。
ピント合わせて一瞬花が止まるのを待ち続けます。

1704308

満開のモッコウバラ

1704309

霧吹きで吹き掛けまくります。

17043010

こちらも満開のコデマリ。

とある休日の花との戯れでした。


| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »