« 3本目の”L”(エル) | トップページ | 満天の星、天の川を見た。 »

2017/05/06

GWに山城攻め

17050311

2017年、今年のゴールデンウィークは中国山陰の山城を攻めます。
かねてから挑戦中の100名城の旅ですが、今回の旅で本州の名城を
制覇することになります。しかも残っているのは難攻不落の山城のみ。

5月3日の朝家を出て、松山の息子と合流ししまなみ海道で中国地方へ。
朝のしまなみ海道で渋滞に会いました。渋滞はほんと、得することが
一つもありません。

17050312

まずは広島県の郡山城。
三本の矢で有名な毛利元就のゆかりのお城です。

17050313

山の中腹に毛利元就のお墓があり、時間の関係でそちらのみ拝観することに。
これから山頂のお城跡へは数十分徒歩でかかるのでパスしました。

その後は二つ目の島根県の月山富田城へ向かいます。
少し中国道から松江道に混雑がありましたが富田城はすんなりと。

17050314

午後4時半頃。西に日が傾いてきていい感じで城跡が照らされています。
ここを登るのか・・・・しかたない、山城攻めだから。

17050315

比較的登りやすい整備された階段と坂を上がっていきます。
それにしても天気がよくて気持ちいい。

17050316

難攻不落の名城。月山富田城(がっさんとだじょう)。

17050317

本丸跡、いや二の丸跡だったかな?
小さい鳥居に見えますが、木がでかいので・・・
ちゃんと人がくぐれるだけの鳥居ですよ。

17050318

山城に咲く あざみ。

17050319

無事二つ目の城をまわり、境港方面へ食事に出かけます。
境港は予定してなかったのですが時間はたっぷりと余裕があるので
中海の方へ回ってみます。
突然現れた夕陽に車を止めて撮影しました。

170503110

そして境港といえば?
と、家族が思い出したのがこの場所。
そうですCMでブレイクした「ベタ踏み坂」です。

案の定ですが、あれほどの感動はなく「なんだかなぁ」的なポイントです。
それはこの写真では近くの建物や車との比較が出来ていないために
橋の傾斜のワイルドさが出ていないだけなのですが・・・ちょっとこの場所では
これが限界。まあでもここに来たという証になればということで退散。

170503111

で食事は食べログで検索して「海鮮丼」の店を探して境港まで来ました。
「米福 山陰本店」です。
我輩は海鮮はそれほど好きではないので天ぷらも食べられるお店、
午後8時を過ぎるので遅くまで開いているお店、席数が多いお店、
ということで引っかかりました。30分ほど店外で待ちようやく入店です。

170503112

で、我輩が注文したのは名物の「大海老天丼」です。
タワーのようにそびえたつ大きな海老の天ぷら。ご飯大盛は同価格で
豚汁(あら汁も時間によってはあるみたい)が飲み放題。
で、家族は海鮮丼に定食物を注文して大満足です。

待ち時間に色々調べてみました。
ベタ踏み坂の視覚のトリックについて。
これはトリックではなく撮影場所の問題ということがわかって、帰りに
もう一度そちら方面を通ってリベンジさせて欲しいと遠回りで現場へ向かいます。

170503113

ちょうど橋の対面の島(大根島)から超望遠でとれば比較対象物があり
ベタ踏み坂の様子が伺えるといったブログをみたのでそのポイントを探して
海を挟んで対面から狙ってみました。

70-200のズームにもしものときのタメに入れておいたx2のエクステンダーが
役立ちました。400mmの望遠で撮影し、さらにトリミングをしております。
暗いのと風でぶれるのと暗闇でのセッティングのため十分な写真は
撮れませんでしたがべた踏み感は出ているのではないでしょうか?
欲を言えば明るい時間に撮れればよかったですが、これでも満足です。

ということで、予定にもなかった名所にもいけたし天気もよかった。
いい一日でした。
今回は1泊2日の旅ですが風呂なし宿無しです。
ここから6時間かけて山口の長門方面へ明日の第一ポイントを目指して
ドライバー交代しながら大移動します。
三人で交代できるので助かります。ステーションワゴンの後部はフラットにして
クッションシートを敷いて足を伸ばして仮眠できる仕様になっています。
夜の移動は車も少なく快適ですが睡魔との闘いになります。
ボチボチと行きましょう!

では二日目へ続きます。

|

« 3本目の”L”(エル) | トップページ | 満天の星、天の川を見た。 »

ふらっと旅する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3本目の”L”(エル) | トップページ | 満天の星、天の川を見た。 »