« 滑川渓谷へ | トップページ | タイヤバースト »

2016/11/17

スローシャッターで滝撮り

1611131

スローシャッターとはカメラの設定でシャッター速度優先モードにして
シャッターの速度(シャッターが開いている時間)を任意設定して
長めの時間を写しこむ撮影をすることを意味します。

シャッター速度が速ければ取り込む光が少なく暗い画像になります。
逆に長ければ明るい写真になります。
昼間にスローシャッターをすると明るすぎて白とびという真っ白い画像に
なりがちですがNDフィルターなどそれなりの道具がありますけど
今回はパスします。

上の写真はたまりに流れ込んで渦を巻く様子を撮影しています。
このように水の動きや光の移動や暗所での映しこみに意図的にスローに
することが多いです。

ただ今回は手持ちです。
長くシャッターが開いている分、少しでも動くとブレ写真になります。
とにかく息を殺して動かないように頑張ります。

さて、先日行った滑川渓谷の奥の滝がちょうどいい水量だったので
スローシャッターを急にしたくなりました。

16111321451_80

f4.5 シャッター速度は「1/80秒」です。
水がほぼ止まったように見えます。これではスローとはいえませんね。

16111322401_6

f4.0 シャッター速度「1/4秒」つまり0.25秒になります。
なんとなく水の動きが糸のように連なってきました。
まだ雑い感じですね。

16111323451_2

f4.5 シャッター速度「1/2秒」でこのくらいになります。
ちょうどいい感じではないでしょうか?
滝つぼからの動きもわかりますね。

ただ、これ以上は三脚なし、NDフィルターなしでは困難になってきます。
もちろんこれでも良く見るとぶれていますけど。

まあ、そんな感じでただ風景を写し取るだけではなく色々な技術や方法が
カメラの世界にはあって面白いのですよ。
これからはまだまだ紅葉もあるしイルミも始まったりしますね。
手を凍えらせながらコツコツとシャッターを押して思い通りの画が撮れれば
これまた最高のプレゼントになります。
さて、次はどこへ行こうかな・・・・

※この日は光の反射を抑える「PLフィルター」を装着していました。
 忘れてました。PLフィルター装着時は光量が落ちるのでここでの
 シャッター速度はフィルターレスの場合とは違ってきます。あしからず。

|

« 滑川渓谷へ | トップページ | タイヤバースト »

カメラで撮る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滑川渓谷へ | トップページ | タイヤバースト »