« GW東北紀行-5/1 | トップページ | J2観戦 愛媛FC VS C大阪 »

2016/05/08

J1観戦 A新潟 VS V甲府

2016年4月30日

J1リーグ1stステージ 第9節
A新潟  VS V甲府  新潟・デンカビッグスワンスタジアム 

GW連休を利用して息子のいる新潟へ向かった。
ちょうど新潟でのアルビのホームゲームが開催される。
久しぶりのJ1観戦だ、チケットは息子が手配してくれた。

16043021

2002年にはワールドカップのゲームも行われた巨大なスタジアム。
新潟市のデンカビッグスワンスタジアム。

16043022

屋根付きスタジアムのせいもあってかサポーターの声は半端ない。
目の前にスピーカーでもあるのかと思うくらいの迫力。

圧倒されている間にゲームは始まった。

16043023

甲府、クリスティアーノのFK弾もキーパーに阻まれゴールならず。

160430241

14分に先制したのはアウェイの甲府・田中のゴール。
追いつきたい新潟のセットプレー

キッカーは愛媛でもプレイしていた加藤大(まさる)だ。
160430242

押し込む新潟!

160430243

玉田~

160430244

ゴーーーーール!

新潟が同点に。

16043025

さすがJ1だね。
愛媛の入場者は3000くらいだし、6倍くらいの人がきてるんだ・・・・

60分に甲府・クリスティアーノが逆転ゴール

16043026

1-2では終われないホームの新潟は元代表田中達也からリオ代表候補
野津田を投入。

75分に甲府のミスによるオウンゴールで辛くも同点に追いつく新潟。
勢いつけたいところだ。

160430271

79分投入の甲府25・森選手のボレー弾

160430272_2

こぼれ玉をうまく処理してジャンピングボレー

160430273_2

キーパーの手の先を通過

160430274

ゴー

160430275

ル!

と思いきや、実に惜しい枠の外を飛んでいきました。

16043028

2-2で試合終了。

ゆくゆくメンバー表を見てみると、
新潟の大野和成(2011)、伊藤優汰(2013)、加藤大(2012-2013)と
愛媛でも馴染みある選手が3名もいました。

いつもJ2でみるサッカーとはまったく違って感じた試合でした。
もちろん人の多さやプレーの制度や迫力も違いますが、
もっともっと根本的に違うのかもしれません。
選手もチームも変わる必要があるしそれ以上にサポーターも大きく変わる
必要があるのではないだろうかと思わされたゲームでした。

たまにはJ1もいいな。
もちろん愛媛FCでJ1の舞台を経験したいですけどね。

|

« GW東北紀行-5/1 | トップページ | J2観戦 愛媛FC VS C大阪 »

時折、スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW東北紀行-5/1 | トップページ | J2観戦 愛媛FC VS C大阪 »