« GW東北紀行-4/30 | トップページ | J1観戦 A新潟 VS V甲府 »

2016/05/07

GW東北紀行-5/1

1605011

5/1 この日から二日間は息子も帯同して東北の旅へ出かける。
午前4時半、新発田市を出発して北上。

1605012

新潟県と山形県境付近での名所「笹川流れ」付近で撮影。
天候はあいにくの雨、そのうちに上がる予報ではあるが・・・さてさて。

1605013

山形県の海岸線を走っていると「十六羅漢岩」という誘導看板を見つけて
そんなに遠くなかったから走ってみた。

色んな岩肌が人物に見えたりするのかな?

海岸へ下りる階段があったので岩まで近づいてみた。

1605014

うわっ!
自然に出来たものじゃないんだ・・・・
岩に人物が彫られているぞ!

調べてみると古い時代の和尚さんが掘ったものらしいです。

この日の最終等着地は青森なので先を急ぎます。
次は100名城に数えられる秋田県の「久保田城」です。

1605015

秋田は雨。

1605016

うっそうとした苔むした庭なので雨もまたよろし。
天守の中は博物館になっていたので一通りまわってスタンプをいただいて
名残惜しいですが久保田城を後にします。

1605017

最大の旅の目的地である青森の弘前城へ到着しました。
ちょうど桜祭りの開催中、渋滞は覚悟しての弘前攻めでしたが、
時間帯もよかったのか、桜の時期も例年より早く散り始めていたのと
天気も優れなかったのが幸いだったのか少々の渋滞で来れました。

あの歌、「きっと帰って来るんだと、お岩木山で手を振れば」と歌われた
岩木山を初めて見ました。数日前にも積雪があったと聞きました。

1605018

早く天守を見たいのですが弘前城は広くて人も多いし祭りも楽しい。
ゆっくりと写真を撮りながら天守を目指していきます。

1605019

外堀の方では桜のトンネルがあったり貸しボートで楽しむ人も
たくさんいました。
遠くから見ると桜もまだまだ見ごろです。

16050110

サーカスとか、お化け屋敷・・・射的など昭和に見たあのお祭りがありました。
屋台の数も半端なく人も凄い。こりゃなかなか天守にはたどり着けないや。

16050111

どどーん!

昨年、曳き屋工事で天守が動かされ石垣の改修工事中の弘前城。
元の天守台には座っていませんが現存十二城の天守は威風堂々と。

16050112

有名な赤橋からのショット。
正面の石垣の天守台に元々天守はありました。
今は少し奥に行って天守の屋根しか見えませんけどね。

移動している期間に来れたことも貴重に思うし、また数年後元に戻ったら
来てみたいと思ったりしますね。遠いけど・・・・

そうそう、弘前城で良い話がありました。
天守域に入場するには310円の有料区域に入るのですが券売所で、
「今年は桜が早く咲いてしまいいつもの祭りの時期には散ってしまいました
なのでまた来て欲しいという意味で次回の無料券をお渡ししております」
的な、ホッコリとする場面もありました。
ほんと、もう少し近ければ必ず来ると約束できるのですけどねぇ・・・・

さて、全国に江戸時代からの天守閣が存在するいわゆる
『現存天守12城』をこの弘前で制覇しました。後に十二城に関しては
まとめておきたいと思いますね。

十分に弘前城を満喫。
宿泊地の青森市まで進みます。

16050113

この旅、5泊6日で唯一のホテル泊です。
まだ薄明かりが陸奥湾に残っていたので海岸まで出てみた。
青森駅の奥に青函連絡船「八甲田丸」が展示されていたので
外から見せてもらいました、ちょっとだけ縁があって同じ連絡船の「羊蹄丸」は
四国の新居浜で最終展示を行い多度津で解体されました。
その際には近くで見させてもらいました。

ホテルにチェックインして近場の食事処マップをもらって検討します。
ちょうど近くにぐるナビでも評判のラーメン店があったので行ってみましょう。

16050114

「味の札幌 浅利」です。

16050115

店の看板メニュー 味噌カレー牛乳らぁめん を注文!

16050116

味噌もカレーも牛乳も喧嘩することなく上手に同居していますよ。
太目のたまご麺が甘く感じスパイシーな出汁と完璧なからみです。

ごちそうさま~

あっというまに完食。
入ったときは他に2組ほどいたのだがウチらが出る頃には店外にも
行列が出来ていました。
「注文してお待ちください」との事だったので耳に入ってくるオーダーは
ほとんどが「味噌カレー牛乳」でした。

16050117

奥に見えるのが「青森観光物産館 アスパム」です。
三角の特徴的な建物で青森港のランドマーク的存在です。
行くときは緑だったけど帰りは紫でした。

このあと、ツインルームにエキストラベッドを入れて3人部屋になった
客間で速攻睡眠にはいりました。


|

« GW東北紀行-4/30 | トップページ | J1観戦 A新潟 VS V甲府 »

ふらっと旅する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW東北紀行-4/30 | トップページ | J1観戦 A新潟 VS V甲府 »