« 深夜2時の白い街角 | トップページ | カメラセットの防湿庫 »

2016/01/24

夜明け前にもう一度

1601241_2

時折突風と雷の中、しんしんと雪は降った。

1601242_2

ワクワクソワソワして結局眠ることは出来ず、いつもの起床時間4:45分。
毎日設定の目覚ましを止めて、超厚着をして5時の街へと繰り出した。

1601243_2

新聞配達のバイクのタイヤ痕と一人分と一匹分の足跡くらいしかない。

国道はベチャベチャで轍は凍っている。

1601244_2

ふわふわの新雪なのでとても歩きやすい。

1601245_2

三脚を立てて長時間露出。

時折の突風で傘がひっくり返るしカメラもぶれる。

1601246_2

三島神社の頃には6時が近づいているので、仕事へ行くのだろうか
車の動きがやや多くなってきた。
人ともすれ違う。

1601247_2

雪のほうは降ったりやんだり。

ザクザクと三脚にカメラをセットしたまま肩に担いで進んでゆく。

1601248

黒いタクシーなのだが上半分が白くなってパトカーのように見える。

1601249

どうだろう、積雪は5cmくらいあるのだろうか。

16012410

まだ乱れていないのでどこを撮っても面白い。

16012411

サドル、荷台、ハンドルからベルの上にまで5センチほどの雪が・・・

16012412

どうやら予讃線は動いているな。

16012413

特急を待ってワンマンの鈍行列車が西へと向かった。

16012414

ばんざーい!!!

16012415

初めての雪。
美味しそうに食べていました。

さて、まだ降るのだろうか・・・
予報ではこれで終わらないみたいだね。

|

« 深夜2時の白い街角 | トップページ | カメラセットの防湿庫 »

たわいもない話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深夜2時の白い街角 | トップページ | カメラセットの防湿庫 »