« 新たなお気に入り店 | トップページ | 銀ちゃん、先輩犬と遭遇 »

2016/01/21

お麩の料理

1601151

お麩といえばお味噌汁にちょこっと入っていたり、超脇役的な存在。
今までの常識はそうでした。

先日「満点 青空レストラン」って番組で紹介されたのですが、
それは息子の住む新潟の新発田市の内容でした。
事前に連絡があって「麩の料理が出て、買えれば送るからTVでレシピを
みておくように」と。

確かに向こうに行ったときにスーパーで大きな麩が目に付いて
「でっかいな」とは思っていましたが・・・

番組で紹介された「宮村製麩所」さんの「車麩(くるまふ)」が送られてきました。

ご丁寧にレシピの用紙も添えられていました。
その中から2品、「唐揚げ」と「巣ごもり」にチャレンジ。

1601152

まずは麩を戻します。
唐揚げは出汁で、巣ごもりは水で戻します。
左がビフォー、右がアフター。一目瞭然ですけど。

1601153

唐揚げサイズにカット

1601154

醤油などで味付けをし、片栗をまぶして油で揚げます

1601155

できあがり!

鳥の唐揚げのようではないですが、くじらの竜田揚げとか・・・
何ともいえない食感と味で想像以上にうまいです。
鶏肉の唐揚げに混ぜるとたぶん気がつかないかもしれません。
食感もしっかりしてるので、酢豚風やあんかけにすれば麩とは思えないでしょう。

1601156

次は巣ごもり

1601157

フライパンにお出汁をつくりそのなかに車麩を並べて卵を中心に。
ふたをして煮込みます。

1601158

あとは卵の好みで完成を待つだけ。

1601159

さて、このぐらいでどうでしょう?
うまそうでしょ?

すき焼き風というか、甘辛たれで実にご飯にあう一品になりました。
このままどんぶりにインしても良さそうです。

「麩」の概念が変わります。
おいしゅうございました。

|

« 新たなお気に入り店 | トップページ | 銀ちゃん、先輩犬と遭遇 »

たわいもない話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たなお気に入り店 | トップページ | 銀ちゃん、先輩犬と遭遇 »