« 夜明け前にもう一度 | トップページ | チョコケーキ »

2016/01/29

カメラセットの防湿庫

1601281

カメラやレンズの大敵は湿気によるカビ菌の繁殖です。
糸状や白濁したカビにレンズの内部をやられると分解研磨等で相当な
修復費用がかかります。
それを予防しレンズにとってより快適な環境下で保管することが出来ます。

1601282

カメラをする人からも以前にカビにやられたので絶対に必要だよと
勧めたりされましたが、我が家では悪環境ながらもそのような症状は
ありませんでした。
レンズの数的にも満遍なく持ち出して風に当たり使用していたのが
良かったのでしょう。眠っているレンズはないですからね。

ただ、増えていく一方のレンズと、そろそろ計画中の新しいカメラボディーの
導入のことも考えて防湿庫を購入しました。

湿度を35~50の間がカメラなどには良いとされています。
40RHに設定しとくと一定の湿度で庫内を保ってくれるというものです。

1601283

LEDライトも付くのでディスプレイとしても良いかと思います。
撮影の際はこの中からその日の撮影内容に合わせてレンズをチョイスして
バッグに詰め込んで出動します。
今までは帰ってきてもバッグの蓋こそ開けるもののそのまま放置でしたが
これからは油分や埃などをちゃんと除いてここで眠らせてやることが出来ます。
ちなみに41Lの容量ですが結構な収納力があります。

ただ、今は乾燥している時期なのでちょっと数値が上がりません。
除湿は出来ても加湿はしませんので仕方ないですけど、梅雨時などには
威力を発揮させてくれるでしょう。

|

« 夜明け前にもう一度 | トップページ | チョコケーキ »

カメラで撮る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜明け前にもう一度 | トップページ | チョコケーキ »