« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016/01/31

アコースティックギター

1601284

昔は「フォークギター」って言ってましたよね。

アコースティック楽器ってのは電気を介さない楽器のことですね。
ドラムやピアノなんかももちろんアコースティック(生)楽器ですね。

なのに!
ですよ。
わざわざマイクなんかつけたりしして電気を介して音量などを上げたり
しますね。ライブやレコーディングでバランスが取りやすくなったりと、
メリットもたくさんあります。
最初っからマイクを組み込まれたものが多くなりました。
一般的に「エレアコ」なんていいます。エレクトリックアコースティックギターでしょう。
変な話ですが真逆のギターが融合されています。

1601285

まあ、エレアコにも色々ありまして・・・
我輩の場合はフォークギターに上のようなピックアップ(マイク)を取り付けています。
これで弦の振動を電気信号に変えてアンプなどに送ります。

1601286

このギターにも種類は違いますが取り付けています。

まあ、そんなピックアップの有名どころの特徴や音源(CD2枚)が入った
ムック本が発売されましたので購入しました。

ちょっと、見直しをしようかと思っていた矢先の発売だったので発売日に
飛びつきました。ちょっとじっくりと研究してみます。

生楽器は生が一番いいのは分かっていますが利便性を考えると
マイクがあればとっても使い勝手が良くなります。
一人でポロポロ弾いて歌うのなら、ボーカルとギター用にマイクを
2本立てて集音すればいいのですけど、色々ありまして・・・

ボチボチとベストなセッティングを探していきましょうか。

| | コメント (0)

2016/01/30

チョコケーキ

1601291

ちょっと話題になっていたので・・・

1601292

川之江の「柴田のモナカ」店のチョコケーキ。

カステラに丁寧にチョココーティングをしたお菓子。

ああ、なるほど。うまいね。
評判がよく期待値が高かったので意外と普通の感想でしたが、うまいです。
ただちょっとお値段が・・・

1601293

昨日、家内が川之江に行っていたので、売り切れてるかも知れないけど
ちょっと寄ってみて、とお願いしていたら・・・

案の定「チョコケーキ」だけでは収まらず色々なお菓子を買っていました。

ざら目たっぷりのタルト、洋酒が効いたフルーツケーキ。

1601294

とろーりねっとり食感のちょこまん、何故だかカステラまんじゅう。

1601295

このちょこまんが美味しかったです。
サンタ仕様のフチ子さんも大満足です!

| | コメント (0)

2016/01/29

カメラセットの防湿庫

1601281

カメラやレンズの大敵は湿気によるカビ菌の繁殖です。
糸状や白濁したカビにレンズの内部をやられると分解研磨等で相当な
修復費用がかかります。
それを予防しレンズにとってより快適な環境下で保管することが出来ます。

1601282

カメラをする人からも以前にカビにやられたので絶対に必要だよと
勧めたりされましたが、我が家では悪環境ながらもそのような症状は
ありませんでした。
レンズの数的にも満遍なく持ち出して風に当たり使用していたのが
良かったのでしょう。眠っているレンズはないですからね。

ただ、増えていく一方のレンズと、そろそろ計画中の新しいカメラボディーの
導入のことも考えて防湿庫を購入しました。

湿度を35~50の間がカメラなどには良いとされています。
40RHに設定しとくと一定の湿度で庫内を保ってくれるというものです。

1601283

LEDライトも付くのでディスプレイとしても良いかと思います。
撮影の際はこの中からその日の撮影内容に合わせてレンズをチョイスして
バッグに詰め込んで出動します。
今までは帰ってきてもバッグの蓋こそ開けるもののそのまま放置でしたが
これからは油分や埃などをちゃんと除いてここで眠らせてやることが出来ます。
ちなみに41Lの容量ですが結構な収納力があります。

ただ、今は乾燥している時期なのでちょっと数値が上がりません。
除湿は出来ても加湿はしませんので仕方ないですけど、梅雨時などには
威力を発揮させてくれるでしょう。

| | コメント (0)

2016/01/24

夜明け前にもう一度

1601241_2

時折突風と雷の中、しんしんと雪は降った。

1601242_2

ワクワクソワソワして結局眠ることは出来ず、いつもの起床時間4:45分。
毎日設定の目覚ましを止めて、超厚着をして5時の街へと繰り出した。

1601243_2

新聞配達のバイクのタイヤ痕と一人分と一匹分の足跡くらいしかない。

国道はベチャベチャで轍は凍っている。

1601244_2

ふわふわの新雪なのでとても歩きやすい。

1601245_2

三脚を立てて長時間露出。

時折の突風で傘がひっくり返るしカメラもぶれる。

1601246_2

三島神社の頃には6時が近づいているので、仕事へ行くのだろうか
車の動きがやや多くなってきた。
人ともすれ違う。

1601247_2

雪のほうは降ったりやんだり。

ザクザクと三脚にカメラをセットしたまま肩に担いで進んでゆく。

1601248

黒いタクシーなのだが上半分が白くなってパトカーのように見える。

1601249

どうだろう、積雪は5cmくらいあるのだろうか。

16012410

まだ乱れていないのでどこを撮っても面白い。

16012411

サドル、荷台、ハンドルからベルの上にまで5センチほどの雪が・・・

16012412

どうやら予讃線は動いているな。

16012413

特急を待ってワンマンの鈍行列車が西へと向かった。

16012414

ばんざーい!!!

16012415

初めての雪。
美味しそうに食べていました。

さて、まだ降るのだろうか・・・
予報ではこれで終わらないみたいだね。

| | コメント (0)

深夜2時の白い街角

1601241

西日本に大雪注意との予報。
23日夕方までは「本当だろうか?」
また、ガセ?

なんて思っていました。

1601242

深夜2時、外があまりにも静かなのでチラッと覗いてみると・・・・

1601243

なんと、すでに真っ白やないですか!?

シグマの18mmの広角レンズをカメラにセットして三脚を構えて出動!

1601244

時々風が強く吹いて凍えるが、それほどでもない。

というか、興奮状態にあるのだろう。

1601245

人通りも車の往来も少ないのでこの銀世界が独り占め。

1601246

雪雲と街灯反射で空はうっすらと明るい。
四国地方では珍しくパウダースノーで凍ってもいないので歩きやすい。

面白くてたまらない。

1601247

こりゃ、今日の愛媛FCキックオフフェスタ2016は中止だろうな。
中止じゃなくても動けないや。

なので、今夜は夜回り警備隊です。
今後、目を離せない状況。

農作物や交通関係で影響を受ける方は十分に注意してください。


| | コメント (0)

2016/01/22

銀ちゃん、先輩犬と遭遇

1601151

元気でやんちゃ真っ只中の6ヶ月の銀次郎。

1601152

年末にトリミングの予約を入れたものの都合でキャンセルし
仕方なく家人でちょくちょくはさみを入れているうちに、
短髪になってしまいました。

1601153

チワワが入っていて、すごく寒がりなので注意してといわれているので
ドッグウェアはこの時期必須です。

部屋では薄手を2枚、外出時にはさらに厚手を1枚着てお出かけです。

1601154

先日、新居浜の黒島公園を散歩中にお姉さん犬(リュックに「えみちゃん」と
書いてあったので)と遭遇。

1601155

ちょっと突然の出来事でビビッてしまいました。

1601156

 気を取り直して、誰もいない公園で一人散歩しました。

| | コメント (0)

2016/01/21

お麩の料理

1601151

お麩といえばお味噌汁にちょこっと入っていたり、超脇役的な存在。
今までの常識はそうでした。

先日「満点 青空レストラン」って番組で紹介されたのですが、
それは息子の住む新潟の新発田市の内容でした。
事前に連絡があって「麩の料理が出て、買えれば送るからTVでレシピを
みておくように」と。

確かに向こうに行ったときにスーパーで大きな麩が目に付いて
「でっかいな」とは思っていましたが・・・

番組で紹介された「宮村製麩所」さんの「車麩(くるまふ)」が送られてきました。

ご丁寧にレシピの用紙も添えられていました。
その中から2品、「唐揚げ」と「巣ごもり」にチャレンジ。

1601152

まずは麩を戻します。
唐揚げは出汁で、巣ごもりは水で戻します。
左がビフォー、右がアフター。一目瞭然ですけど。

1601153

唐揚げサイズにカット

1601154

醤油などで味付けをし、片栗をまぶして油で揚げます

1601155

できあがり!

鳥の唐揚げのようではないですが、くじらの竜田揚げとか・・・
何ともいえない食感と味で想像以上にうまいです。
鶏肉の唐揚げに混ぜるとたぶん気がつかないかもしれません。
食感もしっかりしてるので、酢豚風やあんかけにすれば麩とは思えないでしょう。

1601156

次は巣ごもり

1601157

フライパンにお出汁をつくりそのなかに車麩を並べて卵を中心に。
ふたをして煮込みます。

1601158

あとは卵の好みで完成を待つだけ。

1601159

さて、このぐらいでどうでしょう?
うまそうでしょ?

すき焼き風というか、甘辛たれで実にご飯にあう一品になりました。
このままどんぶりにインしても良さそうです。

「麩」の概念が変わります。
おいしゅうございました。

| | コメント (0)

2016/01/18

新たなお気に入り店

1601171

今年はうどん運が非常に良いのだろうか・・・

1/17日、市内でがん検診を済ませてから、昨年から気になっていた
高瀬町の「三好うどん」へ行ってみた。
昨年に移転のため古いデータではたどり着けない。
移転後の新しいデータを探してナビで住所検索。

聞いていた方向なのだが最後のところではお店が見つけにくい。
駐車場にある回転灯で店舗があると気がつく。
しかも開店直後でまだ行列が店の外にもあったので
目的地だとすぐに分かった。

1601172

建物も駐車場の案内板も手作り感満載。

1601173

10分ほどだろうか、店外で待っていると呼び出しがかかり
カウンターに案内された。

まず目に付いたのが「伊吹産のいりこのおにぎり」だった。

1601174

そういや、うまいと聞いた。

1601175

セルフ店ではないので天ぷらも注文後に揚げる。
熱々がうまい。

さて、注文した品が出来上がったみたいだ。

1601176

「かけ、そのまま小」

1601177

「とり天ぶっかけ、冷たいの中」

1601178

「釜揚げ中」

この3品とれんこん天、おむすびを二人でいただいた。

独特な太目のごわごわっとした麺と、イリコ出汁。
噛めば噛むほど癖になる。「うどんはのど越し」と噛まずに飲む人もいるが
ここの麺は噛んだ方が良さそうだ。

どの品もお気に入りです。
かけ出汁だやや薄く感じたが、麺の腰は最高に良い。
新たなお気に入り店が見つかりました。

| | コメント (0)

2016/01/17

名店復活?

1601101

20年くらい前からお気に入りでよく出かけた観音寺の「つるや」。
家族みんなが大好きで日曜日も開いているので良く行きました。

ところがとある時期を境にクオリティーの低下が目立って
数回行くも、いわゆる「外れ」にあたることが多くなってきた。
今日は大丈夫か?と寄ってみてもまた「外れ」・・・
それでも信じて行くのだが往年の味からは程遠くなってるように感じた。

あれだけ好きだったお店だけど「もう行くまい」と遠ざかっていた。
最後に行ったのでも数年前だと思う。

この「つるや」は昨年に改装して店内をキレイに広くしていた。

2016年1月10日
今年の「初讃岐うどん」をあえてこの店にしようと臨んだ。
裏切られても良い。
ネットの書き込みでは「おいしい」とかなかなかの高評価のコメントが
目立ってきていたのである。
もちろん好みがあるものなので口に合う人もいれば合わない人もいる
往年のうまさを知らない新しい客もいるだろう。
絶対的な信頼はできないが、なんとか近場でのお気に入り店を
確保しておきたいのもあって「つるや」に行ってきました。

1601102

メニューは基本的には変わらない。
20円ほどの値上げがあると思う。
これで「外れ」だったら、絶対に来ない。今度こそ絶交だ。

いつも食べていた「天ぷら小、ぬるめ」と「黄金(こがね)うどん大」を注文。

1601103

来た。
これで350円は安い、値上げしたといっても安い。
もう記憶は薄れているが見た目は昔と変わらない。うまかった頃と。

まずはスープ

ズズズ、、、

「おっ」

悪くない。

ちょっと何かの酸味が舌にあたるがうまい。

麺は?

ゾゾゾ、、、

「むむむ」

悪くない。

いいぞ!

1601104

次は黄金。

一見、釜玉うどんのように見えるだろうが、我輩は「冷たい」のを食べる。
他では冷たい卵乗せのうどんは食べれないと思うのだが、ここではあり。

さて卵をつぶして、醤油、味の素をぶちかけていただきますよ。

1601105

さて、思い切ってすすります。

ゾボゾボゾボッ

ゾボゾボッ

う、う、うまい!

こりゃ、いけるぞ。

二杯あっという間に完食。
2016年そうそういいうどんにあたった。

そして「つるや」のうまいおでん。

1601106

味噌がたまらんのですわ。
これだけはまったく変わりませんでした。昔も途中も今も。
絶対欲しくなります。

といことで久々の「つるや」で初うどんは大成功でした。
この店は結構遅い時間までやってるし、日曜も食べれるし、いいんですよ。
ちょっとブームでお客が増えていて食べにくいですが、混む時間をさけて
上手に行けば入店から出店まで10分もかからず出てこれますし。

といっても、完全に昔の状態ではないと我輩の舌は覚えています。
でも平均点は軽く越える店に戻りました。
次、「外れ」を引いたら最後です。しばらく通ってみます。

と、いつも辛口ですが、悪口ではなくエールですよ。
好みがありますので信用しきらないでください。

あ~、思い出したら腹減ったよ~

| | コメント (0)

46回目の・・・

1601171_2

1.17 阪神大震災から21年

この前のことのように思える。

1月17日は我輩の誕生日である。

12月中旬から昨日まで里帰りしていた息子が新潟へ出向いた。

そんな息子がチョコレート好きの親父のためにプレゼントを置いていってくれた。

ありがたく、うれしい出来事でした。
大事に食べよっと。

「息子よ、ありがとう!」

1601172

で、たまたまなのだが、がん検診の無料クーポンでの検診を申し込んでいた。

46歳の誕生日に受けることになった。
今回は「大腸がん」の検査で2日分の検便を提出し後日検査結果が
送られてくる。さてさて・・・

そのあとは讃岐までうどん旅でした。

| | コメント (0)

2016/01/05

ナンバー「1」プレート返還

01051

一昨年、朝から並んでゲットしたご当地ナンバーの「1」。
昨年125ccへの乗り換え後、自賠責保険が切れた50cc原付ですが
放置してても税金だけがかかるので廃車手続きしました。

01052

役場で「何とか手元において置きたい」とだいぶ粘ったのですが、
条例がどうのこうの・・・と、お堅い頭は縦に振られない。
しかも税金も来年度からは2000円になるという。
記念ナンバーとはいえ毎年2000円は払い続けることはできない。

諦めましたよ。
今日、役場で手続きしてきました。
こんな紙切れ一枚になりました・・・・

でも、自宅の部屋の入り口にはナンバーをスキャンしたものを
プリントして飾ってやりました。
短い間でしたが誇らしい一枚でした。
数人の方には声もかけてもらったりしました。

01053

ありがとう、ナンバー「1」。

| | コメント (0)

2016/01/04

あけましておめでとうございます

Img_1646

あけましておめでとうございます。
2016年、よろしくお願いします。

ようやくブログの方も2016年になりました。
いわゆる寝正月ですね。なんかごろごろと時間がただ過ぎるだけ。

初詣にも行かず、正月の間数回家を出ただけでした。

そろそろスイッチを入れないといけないので今日4日になって
写真の整理やらブログの更新やらに追われていました。
明日からは通常の勤務が始まります。

さて今朝はカローラフィールダーの24ヶ月目の点検日でした。
メンテナンスパックの通常点検に今回はエアフィルターにエアコンフィルター
の交換、コーティングのメンテナンスなどもしてもらいました。
綺麗さっぱりと新年早々美しい輝きでスタートです。

年末の旅も1600キロオーバー。
フィールダーになって2年、33000キロ以上走っています。
このペースだと10万キロは6年弱?
ハイブリッド車なので燃料費が格段に安くなったので助かっています。
静岡往復でも満タン始まりで途中2回の給油で昨日まで走ることが出来ます。
ガソリンスタンドを探さなくてもいいし回数も減って気分上々です。

| | コメント (0)

アコナイト忘年会

1512301

アコースティックナイト大忘年会2015 吟醸倶楽部 12/30日。

1512302

普段は酒も飲まないし、歌もあんまり歌わなくなったので
アコースティックナイトには顔出しておりませんが、せめて年末くらいは・・・

1512303

さて楽しい夜の始まりです。
もちろん貸切ではなくほかにもお客さんが超満員の吟醸倶楽部でした。

馬之助氏。酔う前にと2曲。

1512305

KAZA氏。徒歩数分で来れる男。

15123011

高橋氏。川之江より参加したデザイナー。

15123014

山内氏。新居浜のビリー、家族で参加。

1512307

BIN氏。新居浜よりMidnight Trainで。

1512308

秋山氏。HIDEさん、別子のドン。

1512309

ふー太郎。なにはなくともふー太郎。

15123010

井原氏。MASA、ラブソング王。

15123013

大将の脇。毛細血管がいっぱい流れているところ。

15123012

酒と焼酎。

1512304

本日の主役。もつ鍋。

以上、楽しい夜でした。
また来年~


| | コメント (0)

さぬきグルメ食べ納め

1512291

2泊3日の旅から昨夜帰ってきたばかりの12月29日。
家族でうどんの食べ納めに出かける。

年末になると思ったように開いているうどん屋さんが減ると困るから
29日に出かけます。

最後に食すうどん屋に選んだのは高瀬の「小野うどん」です。
あらかじめ電話で開店状況を確認して自信を持って出かけました。

1512292

しょうゆうどん、かけうどん、ぶっかけうどん、天ぷら。
うまいうどんをたくさんいただきました。

1512293

また来年もやってきま~す。よろしくね。

で、夜は夜でさぬきの人気ナンバーワン骨付き鳥も久々に帰郷した
息子にも食べさしてやりたいので讃岐で夕飯まで時間をつぶします。

1512294

天気がいいので瀬戸大橋の見える場所へ。

1512295

高台からも。

1512296

製油所とタンカー。

ちょっと買いものもして、年末の運試しに丸亀ボートへ行き、
1レースだけ一人千円で遊びました。4万円台の大穴舟券はゲットできず。
あっさりと撃沈。

もちろん競艇場にもグルメはあります。
ここではゲソの天ぷらを大量購入。

そして良い時間にもなりましたので定番「一鶴」へ。

1512297

5時前なのに結構な客でした。
次から次へと入ってきました。

1512298

おや!ひな! いっかく!
みんなで両方いただきました。
さぬき、万歳! 大満足!

| | コメント (0)

年末東海紀行、その3

1512281

2泊3日の旅もいよいよ最終日。
この日もホテルの朝食バイキングからスタート。

6:30からなので早朝からスタートできるのも嬉しいですね。

さて、今日は名古屋市内から三重県を経由して四国へと帰ります。

1512282

例の通り名古屋城は9時から開場なのでそれまでは時間つぶし。
ちょうど良いところに「清須城」があります。
かの「清須会議」が行われた場所です。

100名城ではないのでスタンプもないし外から見るので特に時間も_
関係ありません。朝日の当たる時間に到着しました。

1512283

ここには織田信長の銅像もありますが全然イメージと違いますね。
清洲会議も信長が本能寺の変で討たれた後に跡目問題の
会議が開かれたといわれています。

実はこの清須城ですが、わが町にある「川之江城」もここをモデルにした
とも言われていますね。確かに良く似ております。
二周りほど大きいお城ですけど・・・

1512284

9時を待って名古屋城に入ります。
ちょっと外周を回っている間に門の前には行列が出来ていたのには
驚きました。え、なんでここで並ぶの?
さすがに観光名所の名古屋城ですね。

1512285

最終日の朝も実に気候に恵まれた始まりです。
緑の瓦に金の鯱、青い空が美しいです。

15122810

名古屋城では「本丸御殿」の復元工事が行われている最中でした。
一部完成したので内部公開中です。

1512286

廊下から天井、柱、全てがヒノキ。総檜造りです。
とてもいい香りがします。
柱などを傷つけないように大きな荷物は全てロッカーに。
裸足、ストッキングの人はスリッパ厳守、もちろん触れるのはNGです。
見ごたえがありました。

1512287

作業中の様子を見れる箇所もあり檜の余り木を持ち帰ってもいいように
してくれています。ある意味工事中には工事中のメリットもありますね。

1512288

名古屋城の中は大阪城とよく似ていてエレベーターもあり完全に
アミューズメント館のようです。さらっと流してみて回ります。

1512289

ズームで千鳥破風(ちどりはふ)を。

美しいですね。
さてこれで愛知県ともお別れです。

ものすごいややこしい名古屋市都市高速をハラハラですり抜け、
次なる制覇地、三重県へ進みます。

15122811

松阪城跡。

15122812

ここにも天守がなく石垣が残っているだけです。
スタンプも場内の場所は年末休暇のため松阪駅隣の案内所で押します。

昼を回ったので松阪牛の食事も考えましたが、昼時でうまみつからず
ずるずると高速入り口に。そのまま走ります。

15122813

今回の旅、最終目的地「伊賀上野城」です。
伊賀忍者で有名で、さらにレンジャーものが「ニンニンジャー」とか
いったかな?子供にも人気で撮影地にもなっているそうで
子供の姿も多く見れました。

15122814

貸衣装もあり、ご覧のような忍者にも出会えます。
ここはちょっと観光地化が著しく料金が高めですね。
大っ嫌いです、このような施設。もちろん維持費もいるのでしょうが・・・
遠くから来た観光客に駐車場、天守入場、忍者資料館など全部別料金。
けったいな話です。

100名城スタンプ目的なので天守の中には特に興味ないので、スタンプが
押せればいいのだけれど、外に放置するわけにはいけないので人がいる
入場口においてあるケースが多いのだけど、通常は入場料を払わなくても
スタンプだけ貸してくれたりちょっとだけ入場させてくれたりの配慮が
あるのだけど、ここは頭を縦に振らず入場料をがっつり取られました。
大して立派な展示物もないのに・・・
全国に存在する『現存12城天守』なら喜んで料金を支払って入りますよ。
でも復元天守のほうはどうでしょう、つまらない展示とちょっとだけ良い
眺めです。50円か100円なら妥当でしょう。そのまえに駐車料金は
たいてい500円以上は支払っています。取り過ぎですよ。

そんな愚痴で終わった最終目的地。
結構スタンプも貯まりました。

このあと奈良の平城京の朱雀門の横を通ってから高速移動で
四国まで帰りました。
昨年の年末とは全然違う暖かくて良い天気に恵まれたいい旅でした。
次は九州攻めだね。

| | コメント (0)

年末東海紀行、その2

1512271

12月27日日曜日朝、ホテルにて。

早朝より出発準備をして朝食へ降りる前にカーテンを開けてみた。
おおっ!富士山が見えてるではないか。
昨夜は風が強く天気は悪いのかなと思ったのだけど・・・この時点では
富士山が確認できた。

1512272

バイキング形式の食事がついたプランなので7時ちょうどの
オープンからがっつりと朝食をいただく。センターには静岡おでん。
かつおの削り粉とからしでいただく。

さあ、出発だ。
9時に開場になる駿府城は後まわりにして先に世界遺産「三保の松原」へと
足を伸ばす。ホテルより30分弱のところ。急ぎますよ。

1512273

ナビの通りにお土産屋さんがある駐車場へ停車。
そこからは歩いて松原を進む。
今日も良い天気だ。

1512274

海岸に出て奥のほうを見てみると富士山がばっちり見えました。
やはり感動します。

1512275

清水港に出入りするタンカーが富士の前を横切ります。
それでも富士山はとてつもなく大きな山でした。

1512276

午前9時、駿府城に到着。
ここも家康公の香りがぷんぷんとします。

1512277

天守閣はありませんが家康公の立ち像が威風堂々と建っております。

さて、方向は名古屋の方へ向かい各通過点に立ち寄りながら
今夜は名古屋泊です。

1512278

掛川城。

1512279

高知城でも有名ですが山内一豊のお城です。
眺めの良い小高い山の頂上に建っていました。

どんどん進みますよ。

15122710

磐田市を黙って通過するのももったいないので、ジュビロ磐田や
話題の五郎丸さんのラグビーチームのヤマハのホームグランドです。

もちろん中には入れませんが外から会場の雰囲気を味わいます。

15122711

隣接のショップが開いていたので見学し、ギャラリーも見せてもらいました。

15122712

さて打って変わって時代は戦国時代。

「長篠の戦」で有名な合戦地の近くにある「長篠城跡」です。

15122713

碑があるだけで特に残っているものはないです。
隣の資料館でスタンプをゲットします。

15122714

自然の川を堀に利用した長篠城。
川の接合部のY字の内側を上手に利用したお城です。
お城跡の反対側から撮影しております。正面のY字の股が城跡です。
よく考えられているなぁ。

15122715

続いては家康が生まれた岡崎城へ。

15122716

日が傾きだしました。
愛知県岡崎市より宿泊地の名古屋までは数十キロ。

15122717

早くに出発しようと思ったのだけれど17時からイルミネーションが
始まるというので15分ほど時間をつぶして待つことにしました。

5時になるとライトアップと同時にからくり時計も動き始めました。

15122718

色数は少ないですが木々の幹に電球が巻き付けられており綺麗でした。

15122719

大手門にもライトアップ。
奥のマンションとステキなコラボレーションです。

これからは宿泊地の名古屋へ進みますが、その前に豊田市の
トヨタスタジアムに寄り道することにしました。

15122720

流石に巨大なスタジアムでした。
日曜日で試合もイベントももうやっていませんが、レストランが中にあり
お客さんがたくさん入っていました。

15122721

実はウチの家族旅行は毎回タイトルがつけられて私が計画書を
つくり旅のしおりとして携行します。
今回の旅は「中部地方百名城制覇と世界の山ちゃん」という旅タイトルです。

「世界の山ちゃん」とはよくメディアで耳にする居酒屋です。
調べてみると結構な店舗がありますが、名古屋には数十メートル
置きに3件や4件あるくらいの勢いです。驚きました。

思っていた店が満席だったので歩いて数分の駅西4号店へ入ります。
飛び込みですがOKということですぐに案内していただきました。

15122722

えびふりゃー、味噌煮込み、串かつ

15122723

メインの手羽先

15122724

〆にはきしめん。
さすがにうどんと比べてはいけないものですが・・・・

このほかにもちげ鍋やサラダ・・・つくね、他にもいっぱい。
名古屋飯らしいものをふんだんにいただきました。
普段旅では宿と食事には費用はかけずとにかく移動距離を優先する
我が家の旅ですが、さすがにタイトルにもなっているお店なので
この日ばかりは費用を考えずにとにかくいただきました。

15122725

本田佳祐選手のサインもありました。
名古屋グランパス時代かと思っていたらちょうどオランダからロシアへ
移籍するくらいでした(帰ってWikiって見ましたけど。)

15122726

さて、ホテルまでは10分程度でしょうか。
満腹の腹は落ち着くことのない距離ですが、近くでよかったです。
翌朝もバイキング朝食です。
食べてばっかりだ~

| | コメント (0)

年末東海紀行、その1

1512261

夜明け前の姫路城。
改修前、平成の大改修時、そして改修後の姫路城。
お城ファンとしては放っておけない事態です。

ということで12月26日早朝から東海地方の100名城を制覇しに
旅行に行ってまいりました。
もうすっかりと年も明けてしまってますが、ようやく重い腰を上げて更新です。

12/26日土曜日、午前2時出発。
瀬戸大橋と国道2号経由で夜明け前の姫路城へ向かいます。

1512262

良い天気の朝。
無事予定通り夜明け前に到着しました。

1512263

今回は天守の中に入る必要がないので外からの撮影のみになります。
おもちゃのような白さ・・・
時が経つにつれずんずん黒ずんできますのでこの白さは今日限りですね。

外周を歩いていると、「写真撮るなら、7:45分頃まで待ってみると
今日のような天気の日ならピンク色の天守が撮れるからってカメラの人
いつも来ているよ」と散歩中のおじさんに教えてもらって、待つことにしました。

1512264

なるほど、ピンクというかオレンジというか、見事に朝焼けに白い漆喰が
輝きました。
まるでCGでも見ているかのような平面的な不思議な姫路城でした。

でも今回はこれもいいけど「白過ぎ城」(本当は白鷺(さぎ)城と呼ばれます)
なる白い姫路城が見たかったので、朝焼けが落ち着くまで待ってみます。

1512265

まさに「白過ぎ城」です。
圧巻です。

朝から気持ちの良い景色でテンションアゲアゲ。
次なる目的地は「岐阜城」です。
ここからは高速道路を使い移動になります。

1512266

金華山という山の山頂に岐阜城の天守が見えてきました。
ロープウェーと徒歩で天守まで登ります。

1512267

斉藤道三や織田信長ゆかりの城として有名ですが、城ファンとしては
復元された綺麗な天守にはあまり魅力は感じません。
そのうえロープウェーが往復1080円と高額、天守観覧は別料金。
もちろん天守には入りません。外観の派手な展望台ですからね。

ということで、すぐ折り返しのロープウェーで下山し次へ向かいます。

1512268

日本三大山城のひとつ、「岩村城址」へ到着です。
マチュピチュのような歴史ロマンにあふれる興味深い城跡ですね。

1512269

景色がいいので山城と言えば兵庫の「竹田城」に注目が集まりますが
岩村城も良い感じですよ。

15122610

この場所は無人ですので100名城のスタンプはなくて、城下の資料館にて
押すことができます。

スタンプをもらって後は宿泊地の静岡まで一気に進みます・・・・
が、その前に近くを通るので100名城には選ばれていない「浜松城」へ
夜間ですが寄ってみることにしました。スタンプはないですから時間は
気にせずにすみます。

15122611

すっかり日も暮れちょうどライトアップ時間内に到着です。

15122612

満月が明るい夜でした。
この辺りは合戦も多く、徳川家康の生まれ故郷であったり住んでいたり
と、歴史的にも興味深い土地になります。

さて予定よりすっかりと遅れてしまいました。
ホテルへその旨を伝えてゆっくりと静岡まで進みます。

15122613

楽天トラベルで予約した「アセントプラザホテル静岡」です。
天気がよいと富士山が部屋から見えると書いていました。

移動ばかりで腹ペコ状態。
ホテルの周りはたくさんの飲食店がありました。チェーン店が多いですが
歩いていける距離にたくさんあります。

15122614

調べてみると結構全国にあるみたいですが、普段ラーメンはあまり
食べないので静岡名物やとおもてました。

15122615

「肉そば」とうのにつられて入ったので、注文は肉そば。
煮卵はオプションで。

15122616

名前は忘れましたがこんなチャーハンも頼んでみました。

とにかく黙って一気食いに満腹で大満足でした。
美味しかったので四国にも店舗があるから行ってみようと思います。

車で行ける距離に登呂遺跡という有名な遺跡があったので
行って見ましたが中には入れませんでした。

ホテルに戻って、温泉こそないですがユニットバスで疲れを落とします。
さて明日の二日目は静岡から名古屋まで100名城中心に下って行きます。


| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »