« 年末東海紀行、その1 | トップページ | 年末東海紀行、その3 »

2016/01/04

年末東海紀行、その2

1512271

12月27日日曜日朝、ホテルにて。

早朝より出発準備をして朝食へ降りる前にカーテンを開けてみた。
おおっ!富士山が見えてるではないか。
昨夜は風が強く天気は悪いのかなと思ったのだけど・・・この時点では
富士山が確認できた。

1512272

バイキング形式の食事がついたプランなので7時ちょうどの
オープンからがっつりと朝食をいただく。センターには静岡おでん。
かつおの削り粉とからしでいただく。

さあ、出発だ。
9時に開場になる駿府城は後まわりにして先に世界遺産「三保の松原」へと
足を伸ばす。ホテルより30分弱のところ。急ぎますよ。

1512273

ナビの通りにお土産屋さんがある駐車場へ停車。
そこからは歩いて松原を進む。
今日も良い天気だ。

1512274

海岸に出て奥のほうを見てみると富士山がばっちり見えました。
やはり感動します。

1512275

清水港に出入りするタンカーが富士の前を横切ります。
それでも富士山はとてつもなく大きな山でした。

1512276

午前9時、駿府城に到着。
ここも家康公の香りがぷんぷんとします。

1512277

天守閣はありませんが家康公の立ち像が威風堂々と建っております。

さて、方向は名古屋の方へ向かい各通過点に立ち寄りながら
今夜は名古屋泊です。

1512278

掛川城。

1512279

高知城でも有名ですが山内一豊のお城です。
眺めの良い小高い山の頂上に建っていました。

どんどん進みますよ。

15122710

磐田市を黙って通過するのももったいないので、ジュビロ磐田や
話題の五郎丸さんのラグビーチームのヤマハのホームグランドです。

もちろん中には入れませんが外から会場の雰囲気を味わいます。

15122711

隣接のショップが開いていたので見学し、ギャラリーも見せてもらいました。

15122712

さて打って変わって時代は戦国時代。

「長篠の戦」で有名な合戦地の近くにある「長篠城跡」です。

15122713

碑があるだけで特に残っているものはないです。
隣の資料館でスタンプをゲットします。

15122714

自然の川を堀に利用した長篠城。
川の接合部のY字の内側を上手に利用したお城です。
お城跡の反対側から撮影しております。正面のY字の股が城跡です。
よく考えられているなぁ。

15122715

続いては家康が生まれた岡崎城へ。

15122716

日が傾きだしました。
愛知県岡崎市より宿泊地の名古屋までは数十キロ。

15122717

早くに出発しようと思ったのだけれど17時からイルミネーションが
始まるというので15分ほど時間をつぶして待つことにしました。

5時になるとライトアップと同時にからくり時計も動き始めました。

15122718

色数は少ないですが木々の幹に電球が巻き付けられており綺麗でした。

15122719

大手門にもライトアップ。
奥のマンションとステキなコラボレーションです。

これからは宿泊地の名古屋へ進みますが、その前に豊田市の
トヨタスタジアムに寄り道することにしました。

15122720

流石に巨大なスタジアムでした。
日曜日で試合もイベントももうやっていませんが、レストランが中にあり
お客さんがたくさん入っていました。

15122721

実はウチの家族旅行は毎回タイトルがつけられて私が計画書を
つくり旅のしおりとして携行します。
今回の旅は「中部地方百名城制覇と世界の山ちゃん」という旅タイトルです。

「世界の山ちゃん」とはよくメディアで耳にする居酒屋です。
調べてみると結構な店舗がありますが、名古屋には数十メートル
置きに3件や4件あるくらいの勢いです。驚きました。

思っていた店が満席だったので歩いて数分の駅西4号店へ入ります。
飛び込みですがOKということですぐに案内していただきました。

15122722

えびふりゃー、味噌煮込み、串かつ

15122723

メインの手羽先

15122724

〆にはきしめん。
さすがにうどんと比べてはいけないものですが・・・・

このほかにもちげ鍋やサラダ・・・つくね、他にもいっぱい。
名古屋飯らしいものをふんだんにいただきました。
普段旅では宿と食事には費用はかけずとにかく移動距離を優先する
我が家の旅ですが、さすがにタイトルにもなっているお店なので
この日ばかりは費用を考えずにとにかくいただきました。

15122725

本田佳祐選手のサインもありました。
名古屋グランパス時代かと思っていたらちょうどオランダからロシアへ
移籍するくらいでした(帰ってWikiって見ましたけど。)

15122726

さて、ホテルまでは10分程度でしょうか。
満腹の腹は落ち着くことのない距離ですが、近くでよかったです。
翌朝もバイキング朝食です。
食べてばっかりだ~

|

« 年末東海紀行、その1 | トップページ | 年末東海紀行、その3 »

ふらっと旅する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末東海紀行、その1 | トップページ | 年末東海紀行、その3 »