« 土居町・西福寺にてハスの花 | トップページ | J2観戦 愛媛FC VS 大宮A »

2015/08/16

うどん店開拓

1508141

8/14日、飯山町から綾歌町付近でうどん店を巡る。

食べログや口コミをふまえて目的のお店をチョイス。

飯野町の「よしや」と飯山町の「彦江」を目指した。
が1件目の「よしや」が別イベントのため予約のみということ。
撃沈・・・・

「彦江」にいくも開店まで1時間・・・2件はしごの予定なので
腹ペコ状態。ちょっと開店まで待てない。

ということで食べログでも総合点の高かった「香川屋」へ。

大きい道路に面した大型店なので以前から知っていたが
うどんファンとしては立ち入りにくい店舗でした。

1508142

開店直後に到着。
もうちょっとした列が出来ていた。

期待できるのか?

はっきり言って県外のツアーさんのレビューはあてにならない。
点数が高くてもあれっと思う店舗も多いのだ。
もちろん人それぞれの好みがあるからこれまた厄介だ。

1508143

1508144

かけうどんとぶっかけをチョイス。

最近主流?のプリプリ麺。とってつけたようなモチモチ感・・・
まずくはないのだが、何故に多くの店がこの手の麺になったのだろうか。

なのでぶっかけうどんなどにはよくあう。
コシもそれなりにある、ように感じる。

ダシはやはり天然というよりも科学調味料的な後味がのこる。
讃岐うどんって麺も大事だけどダシのほうが重要だと思うのだが・・・
どうも出しに関してもよく似た感じのダシが多くなった。

そうなのです。
感想としては「普通にうまい」んです。普通なのです。
全国展開のチェーン店でも食べられる味です。
業界が作り出した讃岐うどんの味がします。

1508145

開店直後だったこともありオプションの天ぷら類はまだ熱い。

特に「とり天」は香川屋が絶品でした。
もも肉使用でやや重たく感じるが薄めの味付けで衣のカリカリと
よくあっていてとてもおいしかったですね。
おかずにとり天だけでも買って帰る価値もあるくらいです。

1508146

次は「安藤うどん」。
先日、先輩のブログで見て店の内容も聞いていました。
近くに行こうと思っていたので、香川屋とも比較的近く2件目にしました。

1508147

セルフではなく一般店。
テープルはベトベトで歴史を感じる。
うどん屋さんで何故にベトベトなのか?

そう、ここは「うどん焼き」が有名なのです。
油を使うからでしょうね、ベトベトなのは。
あ、この日も暑かったので我輩の腕がベトベトだったのかも知れませんけど。

1508148

空調も天井の扇風機と座席の扇風機しか見えなかった。
くそ暑い日はくそ暑いと思います。

でも、店内の雰囲気はいいでしょう?
懐かしい感じです。

1508149

15081410

ざるとかけ。

ねじれた感じのいかにも手打ち麺が食をそそります。
とにかく味も「懐かしい」ってのが第一印象。
麺こそ手打ちの上等な麺だけど味は古い食堂のうどんのような・・・

これが「うまさ」といえば「うまい」部類に入ると思います。
讃岐うどんって土地や人、店構えやシステムなど全てのロケーションも
含めて「味第一」にプラスしていただくものだと思いますので
良い感じで懐かしさをいただけます。

そしてもちろん、名物の品も注文しました。
「焼きうどん」ではなくこの店では「うどん焼き」といいます。
確かに讃岐うどんのお店で焼きうどんを頼むのは勇気がいります。

15081411

一見普通の焼きうどん。

でもこれがうまいんだわ~

うどん焼き用の手打ちうどんに特製のソースが絶妙。
牛肉もカリカリ食感、削り粉とソースが絡んで絶品。
たぶんダシがどっかで効いてるんだろうね。
ソース味なのだけどやはり和風の感じがします。

何より袋麺が焼きうどんにはちょうど良いと思っていたのが
この手打ち麺で食したうどん焼きで概念が変わります。
ちょっと贅沢なうどん焼き、でも懐かしいです。

このうどん焼きは定期的に来ると思います。

ちなみに超有名店の「山越」に近いのですが、帰りにチラッと
道から見えた有名な行列は健在でした。そんなに並んでまで・・・
とも思いますが、前に書いたようにそれも含めた讃岐うどんです。
ほんの数分、いった場所に隠れ名店があるのですよ。

前日はパンにピザ。
この日はうどん・・・・やはり粉が好きみたい。

|

« 土居町・西福寺にてハスの花 | トップページ | J2観戦 愛媛FC VS 大宮A »

ふらっと旅する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土居町・西福寺にてハスの花 | トップページ | J2観戦 愛媛FC VS 大宮A »