« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015/06/29

J2観戦 愛媛FC VS J磐田

2015年6月28日

J2リーグ 第20節
愛媛FC VS J磐田  愛媛・ニンジニアスタジアム

さあ、大一番。
ジュビロ磐田をホームに迎えての負けられない戦い。
リーグ9位と昇格プレーオフ圏内も見えてきた。
名波磐田をどう崩していくのだろうか。

1506281

梅雨の中の貴重な晴れ間。しかも湿度も少なく過ごしよいナイター戦。

1506282

J2は日曜開催が多いのでアウェーのサポーターは大変だろう。
でも静岡からジュビロのサポーターも大勢来愛した。

1506283

選手がアップを始める。

望遠レンズで探す。

駒野、伊野波、松井・・・

どうやら今日の帯同は松井大輔選手だ。
やはり存在が気になる。

しかしピッチ上は凄い虫。
画像をクリックして拡大して見てもらいたい。
ユスリカのような微小生物が選手の周りを取り巻いているのがわかる。

1506284

午後7時前。選手入場。
スタジアムはちょうど黄色い西日が当たりさらにスタンドをオレンジにした。

1506285

ピッチサイドでは芝生の状態を念入りに確かめる人。

1506286

その通り。名波監督です。
ミーハーなファンなので見たかった人です。

でも、今日の勝負は愛媛がいただきますよ。

1506287

瀬沼選手が坊主頭になっている。

そんなこんなで、前半28分にジュビロ・アダイウトン選手にコーナーキック
から先制点を先に献上してしまった。

愛媛はボールを支配するが、試合を支配することが出来ない。
数々のチャンスも得点繋がらず、相手は少ないチャンスをものにしていく。

あせりも見えてくる。

1506288

名波監督は一度もベンチに座ることなく常に指示を出す。
ディフェンスに対しての押し上げの指示のようだ。

ひたすら攻める愛媛に対して後半35分、アダイウトンに追加点を
決められる。

試合はこの人の2点で決められた。

1506289

ジュビロ磐田15・アダイウトン選手。

攻めただけに悔しい敗戦。
やはり最後の決め手にかけた感がする愛媛。
良いとこまでは行くのですが、天を仰ぐシーンが多かった。

愛媛 0-2 磐田
ジュビロは2位浮上、愛媛は11位に後退した。

次節は丸亀へ乗り込んでの四国ダービー・讃岐戦。
ぜひ勝ち点3を持って帰ってきて欲しい。

頑張れ愛媛FC!

| | コメント (0)

2015/06/28

食った食ったの休日

15062711

超久しぶりの土曜日休日。連休ないとしんどいよ。

天気予報で当初は雨だったのだけど回復模様も、すこしぐずついた。

15062712

自転車を室内に入れてグリスアップやクリーンアップです。

15062713

メンテしないとすぐに錆びるしパーツの長持ちもしないので
たまには集中的にやらないといけないですね。

15062714

気になっていたのでサドルとハンドルの微調整もしました。
路面が濡れていたので試走は出来ませんでした。

15062715

キレイになると、気持ち良いです。

そんなこんなで今日は「うどん」を食べに出かけます。
良い時間になりました。

15062721

まずは気になっていた新店舗「合田うどん」です。
豊浜町の野球場の隣にあります。

15062722

黄色い回転灯が目印です。

駐車場は十分ありますね。

15062723

セルフうどん店でこの値段なら少し高めの部類になるでしょうか。

まあ、値段もですがやはり大事なのは味ですけど。

15062724

初めての店は「かけ」で麺の種類と出汁の絡みを確認します。
他にも予定しているので「かけ、そのままで小」を注文。

15062725

保温ポットには「いりこ」と「かつお」の出汁が入っていますので
好みでぶちかけます。もちろん「いりこ」です。

つい誘惑に負けてレンコンの天ぷらを1枚。

15062726

「小麦の味を生かした手打ちの固ゆで麺」とあります。
はい、まさにそのまんまの麺でした。
しいて言えば小麦感が強いので「団子」のような味と食感はあります。
これが客にどう感じるかって所でしょうね。

イリコ出汁はうまいです。
ただ、麺とのマッチングはもうひとつで、せっかくの出汁が薄く感じました。
後半でかつお出汁も足してみましたがやはり、かけうどんには「いりこ」です。

他のメニューにも手を出してみる価値はあると感じました。
またいつか行こうと思います。

15062727

さて二件目はさらに東へ。
マルナカの前の「うまじ家」です。

15062728

11時過ぎ、駐車場は賑わっています。
期待大です。

15062729

かけ小、そのままにちくわ天。

150627210

値段はお安いし玉の量もかなり多い。
合格点。

ただ、出汁が甘い。何故か甘みを感じるのである。
麺は表面に若干ヌル感を残しつつ弾力を持たせる感じで
ずるずると飲み込める麺だが、出汁が・・・・

安くて多いのでリーズナブルです。
「ざる」の客が多かったのも出しの甘さのせいだろうか?
ざる出汁になるとおいしいかも知れませんね。

平均点以下です。

150627211

二件では満足のいく「いきつけ店」が見つからなかったので
観音寺の「大喜多うどん」で最後に〆ます。

間違いないですから。
日曜休みなので土曜日の休日にしか食べられませんので。

150627212

ちょうどお昼時。
合い席で満員。

冷たいしょうゆうどんの中を注文。
今日は流石に待ち時間ありです。しょうがをおろして待ちます。

150627213

ここは高めの設定ですが、ここなら許せるのですよ。
今、残った私の中の名店です。たぶん一番店でしょう。

150627214

かなり特徴のあるボソボソっとした麺なので好き嫌いが分かれそう
ですが醤油でもかけでも冷やしでも何でもいける麺なのです。

ズルズルっとは飲み込むことが出来ません。
ボソボソっとお箸で麺を送り込みます。でもうまいんです。

間違いないです、はい。

このあと、「ぬる天小」(ぬるめの天ぷらうどんの中)を追加注文。
満足のいく内容でした。

そんなわけで今日の調査では新しいいきつけ店を見つけることが
出来ませんでした。日曜開店の早朝開店、安くてうまいそんな店、
知りませんか?

15062731

今日はこれでは終わらない!

確実にカロリーオーバーな状態なんだけど・・・・夜の部でも食べます。

15062732

四国中央市の「ドラムカン」で長渕剛ナイトってイベントがあるので
参加してきました。

始めていくお店で落ち着けそうな良い店でした。

15062733

こんな参加賞までいただきました。

「クラッカー」ってのが粋ですね。剛のファンならわかる必須アイテムです。

15062734

店に入るとすでにBGMは長渕剛。

全部唄える曲・・・始まる前に喉が枯れていました。

15062735

スクリーンにプロジェクターで映し出されたライブ映像を見ながら
おいしい料理をいただきます。

お客さんはほぼ初対面ですが、みんな長渕剛のフリークです。
それなりに話も弾みます。

長渕剛検定でイントロクイズなども用意されていて実に充実した
ナイトでした。

ギターも持っていってたので生ギターで演奏もさせていただき
気持ちよく唄ってくれる方もたくさんいました。

お客さんはもちろん男性の割合が多いです。
しかも同世代のおっちゃん達です。
その中からも富士山でもライブに行かれる人もたくさんいました。

15062736

いや~。。。

なんの集団か分からんです。

そんなステキなナイトでした。

ほんと、良く食った一日でした。

眠れないのでなだしこJAPANの準々決勝を見ております。
頑張れニッポン!

頑張れ日本! Oh Oh Oh!

| | コメント (0)

2015/06/21

あじさいを求めて

1506211_2

平場のあじさいはそろそろ終焉。

6月21日日曜日、市内で有名な「新宮のあじさい園」へ行ってきました。

1506212

全体の感じとしてはやはり不揃いで咲き方もまばら。

今年はどの植物もこのような症状ですね。
雨の降り方や気象状況によるものと思われます。

1506213

ここ新宮でも枯れた花と蕾の花とが同じ幹から見えたり
全体的には花の数が少ないように感じました。

途中で雨も降り出し早々に退散することになりました。

1506214

そんな中、今日一番のベストショットはこちらです。
この眼下には水玉の傘を持ったモデルのご夫人が指示に従って
動いているのですが、我輩はこちらの方々の方が気になりました。

そして、このまま国道319号線を徳島の祖谷方面へ走りぬけていきます。

1506215

以前、食事をしたときに気になっていた池田の「レストラン ウエノ」
のモーニングバイキングへ行くのも今回の目的でした。

毎朝8:30から税込み500円!しかもドリンクバーもついている。

1506216

焼きそばやスパゲティー、唐揚げやコロッケ・・・
そうそうたるバイキングのメニューは見当たらずに
煮物などの和食中心の軽食バイキングでした。
比較的ヘルシーでおいしくいただきました。

1506217

そのまま観音寺の粟井神社へ向かいます。
「あじさい神社」で有名で、毎年この時期には訪れています。

ここは青系のあじさいが揃っていてなかなか見ごたえのある
山あじさいが咲き誇っています。

1506218

花のつき方はやはり同じような感じで少し寂しい感じがします。

1506219

新宮の雨のあじさいもステキですが、日の当たったあじさいもステキです。

ぐるっと一回りして帰路につきます。

15062110

朝、早かったので昼寝をして夕刻に夕焼けが見えたので
トレーニングがてら自転車で飛び出しました。

15062111

大王の埠頭に雲の隙間からの光芒がステキです。

15062112

この後は久しぶりに香川県との県境の道の駅まで走り折り返しました。
ちょうど良い感じの運動が出来ました。

15062113

| | コメント (0)

2015/06/14

J2観戦 愛媛FC VS 東京V

2015年5月31日

J2リーグ 第18節
愛媛FC VS 東京V  愛媛・ニンジニアスタジアム

暑い真夏がやってくる前に勝ち点をかせいでおきたい。
アウェイではふがいないがホームではそこそこの勝ち星。
今日もぜひ勝ち点を重ねておきたい。

1506141

天気予報では愛媛県内は雨の予報だったが、なんとか持ちそうな気配。
雲が厚くて太陽も届かないので比較的過ごしやすいスタジアム。

1506142

試合前のアップで出場予定の江口選手が負傷で急遽西岡がスタメンに
なるというアクシデントもあった。

1506143

前半30分に愛媛DFのちょっとした隙をつかれて東京が先制弾。

愛媛はゲームを支配するもなかなか得点に結びつかない。

1506144

後半早々に河原の同点弾で1-1に。

そのまま攻防戦は続くが両者得点にはならない。

このまま同点で終わるかと思った矢先の愛媛西岡のアディショナルタイム
終了間際で押し込んだ1点で逆転に成功!

2-1で試合終了。

しびれるねぇ~

| | コメント (0)

2015/06/07

ホタルからの~花菖蒲

1506061

まずは6日土曜日の夜のこと。

香川県まんのう町の「ホタル見公園」へホタル鑑賞。

駐車場もそこそこあるのだが到着した19時半頃にはすでに一杯。
若干路肩が広いところへ路駐で失礼しました。

写真は長時間露光のため明るく写っていますが20時頃の写真です。
結構なギャラリーで埋め尽くされています。

1506062

川面の方へカメラをスタンバイして待っているとどうやら背中側の
茂みの方でようやく蛍が飛び出したもよう。

セッティングをかえてカメラも移動します。
この日のホタルは多かったのか少なかったのかも分からない。
ただ気温的に涼しかったのでたぶん少なめだったのではないでしょうか。
気温が高ければ水面の方へも飛んだり数も増えるとか・・・

初めてのホタル撮影なので勝手も分からずに早々に退散。

1506073

そして日は変わり7日の早朝。
ホタル撮影から帰って少し横になったらリビングでそのまま眠っていた。
少し寒かったのかまだ夜明け前に目が覚めた。

そうだ新居浜へいこう。

5時前には朝日が差し始めた。
朝日を背中に新居浜市の池田池の菖蒲園まで走った。

1506074

到着した頃は6時頃だというのに数名のカメラマンと朝ウォーキングの
市民の方々がいた。

この日は「菖蒲祭り」が開催されるみたいですね。
早朝から花の手入れをされていました。

1506075

この花も撮影が難しい・・・
はっきりいって花自体はそれほど綺麗じゃないですよね?
花弁が重たくてダラーんとなっているし、色とりどりはどうかな?
色は揃った方が綺麗だと思うのですが・・・

1506076

70-200mm L4 レンズを三脚使用で撮影しフォトショで若干調整しました。

1506077

菖蒲をボケ背景にして手前のあじさいを。

さて、テレビではちょうどサッカーのバルセロナとユベントス戦が
良い具合にやっていたのでしばらく車内で見てから池田池を後にした。

帰り道、この時期には珍しく川之江の山から雲海流れのような雲が
見えていたので少し冷え込んだからもしかすると雲海か?
ということで翠波まで登ってみた。

1506078

まずは西峰展望台から観音寺方面を。

1506079

ほぼ満水の金砂湖と平野橋。

15060710

予想的中。

雲海は出ていました。

ただ少し遅かったので一部残っていたくらいですけど。

15060711

ホワイトバランスを蛍光灯にセットして冷たい青い色を出しています。

15060712

昨夜から不発続きでしたが、季節はずれの雲海が意外と
良い感じに撮れました。

ここまで登って来た甲斐がありましたね。
やはり足を運ばないといけないですね。
さあ、週明けからは梅雨本番なのか雨の予報が続きます。
月中くらいにはあじさいも良い感じに見ることが出来るでしょうね。
そのくらいに出動です。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »