« 年末北陸紀行-3 | トップページ | 2015 唄い始め »

2015/01/02

年末北陸紀行-延長戦

1412301

12/30日・京都府曇り

前日の29日には帰宅予定だったのだが、車内泊での仮眠が静かな
道の駅で思わぬよく眠れた。深夜に移動を考えたのだがもう一日だけ
旅を伸ばそうと急遽予定変更した。

丹波の山の中、もう一度天橋立方面へ行くのか、他に京都で探すか・・・
思い出てきたのが「平等院」だった。たしか塗装などの改修工事が
今年終わったようなニュースを聞いていたのでちょうど良い。

何十年も前の中学の修学旅行以来行っていないし、まったく記憶にも
残っていない。朝一なら混雑もなく見学できるであろう。

1412302

6時頃、道の駅を出発。宇治市までは一時間半もあれば余裕で着く。
平等院は8時半開館なので少し時間が余った。

宇治川を挟んで宇治上神社という世界遺産があるというので
歩いて宇治上神社を参拝。本殿が1060年の頃のものとされていて
現存最古の神社建築であると裏づけされている。

1412303

さあ、ちょうど良く時間が来ました。
開館時間は少し回っていたためかもうすでにかなりの入場者が見られた。

いよいよである。
世界遺産・平等院鳳凰堂とのご対面である。

1412304

何度、ため息をついただろうか・・・

1412305

何度、声をあげただろうか・・・

1412306

言葉には出来ない美しさ。
予定を変更して平等院を訪れたのは大正解だった。
この頃、薄曇りではあるものの青空も見られ絶好の日和になった。

まだ早い時間に平等院を後にして、名神から帰宅するか?
もう少しだけ足を伸ばすか・・・

せっかくなのでもう少しだけ・・・・

京都縦貫道から舞鶴若狭道でまた、もう一度だけ天橋立へと。

1412307

途中、天気予報をチェックしてみると舞鶴方面は弱雨。
しかもパラパラと雨も目視できた。

行ったところでもやっていてはせっかくの景色も台無しだ。
「天橋立」とは今回は縁がなかったということで断念し、途中にある
福知山城を目指し、ここが最後の目的地として設定した。

復元天守、100名城でもないないし、年末年始休暇で入場も出来なかった。
面白い形の天守閣なので撮影を楽しませてっもらった。

全ての予定を終え岐路に着く。

愛媛・香川・岡山・兵庫・京都・福井・石川・富山・新潟・徳島と10府県に
渡る壮大な旅でした。
特に一乗谷と平等院は心に残る名所でした。
雪も素晴らしかった。正月休みに入っていたので時間の規制もなく
気ままに自家用車での走り旅は最高でした。

走行距離 2159km
給油 107リットル
単純計算での燃費は 20km/リットル
高速移動がほとんどなのでEV走行時間が少ないけれどその分
長距離走行のため燃費が伸びたものと思われる。
ハイブリッド車でこの値ならぎりぎり納得のいく数字ではなかろうか。

1412308

車内メーターによる算出ではバッテリー走行が13%で288km。
燃費が21.1と表示された。スタッドレスのサイズの按配で若干の誤差は
あるであろう。長距離の移動前に早めに給油したために道中では4回の
給油をした。精神的に給油に関してはかなり余裕がある。
143円平均で15000円くらいの燃料費がかかったが2000キロ以上
走ったのでかなりお得感が感じれるドライブでした。

お疲れ様でした。

|

« 年末北陸紀行-3 | トップページ | 2015 唄い始め »

ふらっと旅する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末北陸紀行-3 | トップページ | 2015 唄い始め »