« 奇妙な飲み物 | トップページ | 初めての「SUBWAY」 »

2014/10/20

J2観戦 K讃岐 VS 愛媛FC


2014年10月19日

J2リーグ 第37節
K讃岐 VS 愛媛FC  香川・香川県立丸亀競技場

愛媛VS讃岐。
もちろんどちらも負けられない戦い。
今日は丸亀へアウェイ戦観戦です。
天気はいい。文句のない好条件のマッチになりそうです。

1410191

どちらも下位に位置する状況。
愛媛はこのあとの勝ち点によっては上位急浮上もありうる。
讃岐はとにかく入れ換え戦圏内からの脱出を祈る。

1410192

J1にあがった徳島がどうも厳しい状況なので、失礼だが来期のJ2の
可能性が出てきた。
こうなれば来年は愛媛・香川・徳島で盛り上がりたい。
そのためには讃岐のJ2残留は大事なことになります。

1410193

選手がサポータの前に挨拶に来ました。
今や年代別代表の筆頭、表原と原川。

1410194

もはや全国区の人気者になった一平くん。
アウェイでの一平くんグッズはほぼ完売状況らしい。

1410195

さあ、試合開始。
愛媛は今節は故障者がゼロの状況でほぼベストメンバーの布陣。
香川も元愛媛のFW高橋が脅威を寄せる。

1410196

前半はスコアレスドローで折り返すも、後半19分愛媛・河原に先制点!
ゴーーーーール!

1410197

応援団も声を出して選手を盛り立てる。
一致団結だ。

1410198

終了が見えてきた後半38分にPKを献上。
FW高橋に上手に同点弾を決められる。
諦めない選手とサポーター!

後半ロスタイムに突入、46分に西田の逆転ゴール。
見事にバーぎりぎりのキーパーの届かない位置にゴールを決めた。

1410199

まだまだ攻防戦は続くが、愛媛が踏ん張ってそのまま試合終了。

丸亀でのラインダンスは劇的逆転勝利のダンスだ。

********************************************************
Yahooスポーツより

前半は劣勢を強いられる愛媛。前線の3人にパスが入らず、思うような
攻撃を展開できない。後半に入ると、讃岐のプレスが緩慢になり、
ゴール前での展開が増える。すると、三原の質の高いクロスから、
河原が頭で決めて先制に成功。しかし、終盤にPKを与えてしまい、
1人少ない相手に同点弾を許す。このまま終わるかと思われたが、
アディショナルタイムにドラマが待っていた。途中から出場した藤の
クロスに合わせたのは西田。ヘディングシュートが右のポストに
当たってネットを揺らし、劇的な形で「四国ダービー」を制した。

********************************************************

さあ、残すはあと5節。
もう一回くらいは行けるかな?日程的に無理かもですね。
最後まで愛媛も讃岐も、そして徳島も頑張れ!

|

« 奇妙な飲み物 | トップページ | 初めての「SUBWAY」 »

時折、スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奇妙な飲み物 | トップページ | 初めての「SUBWAY」 »