« 600mmの大砲 | トップページ | 飛鳥IIと再会 »

2014/08/10

雲の隙間から、満月

14081031

台風一過、夕方からは晴れ間ものぞき夏空が戻ってきた。

今夜はスーパームーン(地球と月の距離が近く通常より大きく見える
満月か新月の事を指す)である。

風は残るがその分少し涼しい。
このポイント前には山へ登ったのだがもうヒグラシが鳴いていた。
夏の終わりです。

14081032

雲の合間からスーパームーンが一瞬顔を出す。

構えておいた600mで狙ってみる。
風があり結構ゆれるので、私が息を殺してみたが変わらない。

上の写真は600mmでノートリミング。
今夜のスーパームーンを600mmでとらえるとこんな画角になる。
この状態ならピントの甘さもわかりにくいのだが、拡大してみると
やはり少し眠たい感じに見える。

そこでスクエアにトリミングしたものがこちら。
14081033

風がなければもう少し追い込んでピントあわせが出来るかもしれない。

今夜は雲もあり時間勝負になった。
このレンズの描画能力はこの程度かもしれないが
まだまだ撮影枚数が少ないので何ともいえない。
条件いい日にリトライしてみたい。

|

« 600mmの大砲 | トップページ | 飛鳥IIと再会 »

カメラで撮る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 600mmの大砲 | トップページ | 飛鳥IIと再会 »