« 飛鳥IIと再会 | トップページ | J2観戦 愛媛FC VS 松本山雅FC »

2014/08/17

J1観戦 徳島V VS 横浜FM

2014年8月16日

J2リーグ 第20節
徳島V VS 横浜FM  徳島・大塚ポカリスエットスタジアム

今日の観戦はちょっと違う。
久しぶりのJ1観戦です。今年から徳島がJ1に昇格して
四国にもやっとJ1チームが出来ました。
何度か機会をうかがっていたのだけど日程の都合などで
なかなか行くことができませんでした。
前回はJ2での愛媛との四国ダービー時に来ましたが
今回は代表クラスの選手を多数率いる古豪横浜Fマリノス戦。

14081601

帰省ラッシュとやらで交通状態が悪くなるし、なによりJ1リーグなので
観客も多いだろうとかなり余裕を持って出発。
予定より少しだけ遅めの到着だが、駐車場探しに苦労した。
開始1時間ちょっと前だがかなり遠くの駐車場に止める事に・・・

14081602

会場へは問題なく余裕を持って入れたのだが、かなり歩いたのでこの時点で
汗と雨でベチャベチャ。

まもなく選手たちがアップのためにピッチに登場した。
徳島側のサポーター席にいるにもかかわらずミーハーファンは
遠くの横浜ピッチへ標準を合わせる。

齋藤学発見。横には富沢の姿も。
まあ、愛媛人なら学のことはやはり気になる。
数年前にはここで徳島の柿谷と愛媛の学としての戦いもあった地だ。

14081603

連休とはいえ横浜のサポーターの数には驚いた・・・
これがJ1の世界なのか?

14081604

もちろん迎える徳島サポーターもかなりの数。
先日まで阿波踊りで盛り上がって勢いで今日はヴォルティスの応援だ。
ほっといてもバイブスは上がりっぱなし!

14081605

試合開始。
横浜の派手なアウェーのユニに着替えて学も先発のピッチにたった。

14081606

当然だが、わくわくするスタメンだ。

14081607

ザックジャパン・栗原勇蔵

14081608

ラフィーニャが受けたファウルでPKのチャンスに俊輔がキッカーに。

140816082

140816083

140816084

ゴーーーーール!
横浜が先制点。

14081609

その後もう1点追加して前半を終える。

14081610

ハーフタイムには花火大会

14081611

花火の煙がスタジアムまで流れてきました。
まるでヨーロッパの観客席のようだ。

この試合12000人を越えた。そりゃ多いはずだ。
愛媛では3~4千人平均だろうから実に3倍以上。

14081612

後半の円陣。
中澤の背中。

14081613

学と交代で藤本淳吾が登場。
その後ラフィーニャの2点目で3点差にするマリノス。

14081614

徳島も新加入のアドリアーニにボールを集めて得点を狙う。
マリノスの高い壁の前に得点にはいたらなかった。

14081615

そして3-0のまま試合は終了。
ここまでホーム戦ではまだ勝利なしの徳島選手にサポーターも暖かい
拍手と声援。なんとかこのサポーターに1勝をささげたいものだ。
まだまだ諦めないで戦い抜いて欲しいです。目指せ残留。
愛媛がそこに行くまで待っていて欲しい。

********************************************************
Yahooスポーツより

横浜FMは序盤から少ないタッチでボールを動かして相手に
間合いを詰めさせず、セカンドボール争いでも優位に立つ。
攻守にわたって徳島を圧倒すると、前半27分と同30分に得点を奪い、
リードして前半を折り返す。後半に入っても、状況や時間帯に応じた
戦い方を披露し、後半のアディショナルタイムにはラフィーニャが
この日2点目となるゴールを決めて6試合ぶりの勝利を手にした。
一方の徳島は、後半開始からアドリアーノを投入して個人技から
チャンスを作るも、最後まで得点を奪うことはできなかった。

********************************************************

ときおり雨も降り、非常に蒸し暑い真夏の一戦でした。
J2に見慣れているので観客の多さとサポーターの圧力には
流石だと感じさせられた。
ミーハー的観戦ですがいい試合でした。

で、本日17日はこれから愛媛戦へ出発します。
好調松本戦です。

|

« 飛鳥IIと再会 | トップページ | J2観戦 愛媛FC VS 松本山雅FC »

時折、スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛鳥IIと再会 | トップページ | J2観戦 愛媛FC VS 松本山雅FC »