« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014/08/31

丸亀にて・・・小麦粉三昧

1408311

うどんが食べたくなって、ちょっとだけ天気がいいのでお出かけです。
以前TVで見かけた「肉うどんの大盛なうどん店」に行きたくて。

そこは丸亀市の「一屋」です。
その前に家内のリクエストで「石釜パン工房・パパベル」へ立ち寄り。
聞いていたのですが、いくの初めてでワクワクします。

ちょうど昼時で駐車場は常に一杯の状態なのですが、それなりに
循環しているのでうまく空いた場所へ駐車。
さぞごった返してるんだな・・・と覚悟を決めて店内へ。

1408312

焼きたての旨そうなパンがお待ちかねです。
といっても、今日の昼食はうどんなのでここでは少々我慢。

1408313

といっても、見学だけでは生き地獄なので数個買って
テラス席で早速いただきます。
なんと、コーヒーやお茶などが飲み放題で提供されています。

1408314

テイストは言うまでもありません。
超好みの生地です。値段も手ごろなのではないでしょうか。
で、店内での行列の正体は「揚げたてのカレーパン」待ちでした。

上のクリームパンをいただいて出ようとするとカレーパンの行列が
出来始めていたので聞いてみると3分くらいだというので
せっかくなので並んでみました。

1408315

揚げたてで熱々。肉は大きいのがゴロっと入っているし
辛さもちょうどいい。生地は薄いけどもちっとしております。
一人3個までしか買うことの出来ないプレミアムパンです。

というわけで、初めてのパパベルに満足して出ましたが、
ちょっと予定より食べ過ぎた感じですが・・・
ここから一屋までは10分弱の移動。

1408316

駐車場は一杯ですが店内は少々余裕がありました。
さあ、取り放題の肉うどん!食うぞ!

1408317

冷たいぶっ掛け大に肉一盛。
10センチくらいの小皿にてんこ盛り盛りとってもいいんです。
それで160円。好きなうどんにトッピングできます。

まずは肉を乗せる前にいただきます。

1408318

パンチは少し少ないがズルズルっとした麺で奥のほうにはちゃんと
コシがあり、好みの麺でした。
肉を乗せるのを考えてか、ぶっ掛けのわりにはあっさり目のお出汁です。
うどん好きには分かると思いますが写真の右の方を見てみてください。
ズルコシ系の田舎うどんの感じが見て取れますか。

家内はかけうどんに肉盛をチョイス。
かけの麺と出汁のバランスが超グット!
大好きです。懐かし~い田舎のおばあちゃんのうどんの感じです。

ここらで肉をどばっといきますよ!

1408319

隠れた!

麺が隠れた!

肉の味付けも濃すぎず絶妙です。
肉うどんマジうまいっす。

直前にパンを食べていたせいかぶっ掛けの方は最後の方で
少しむつごく感じてきました。しかしかけの方は出汁で調整されて
最後でもちょうどいいくらいのお味になっていました。

また、お気に入りのうどん店が増えました。

| | コメント (0)

2014/08/27

モーニングセミナー

1408271

夜明け前の数十分の間、グリーンベルトの辺りがやけに騒がしい。

うちの家からはそこそこ離れているのだが耳を立てれば聞こえるくらい。
朝散歩のときに木から飛び立つ鳥の群れは見かけていたが
どんな状態でそのモーニングセミナーが行われているのか気になったので
今朝は600mmの望遠レンズを抱えて現場まで行ってみた。

鳴き声からするに大量の鳥がいることはすぐにわかる。
鳩よりは二周りほど小さいが雀の倍以上はある鳥だ。名はわからない。

その数、どうだろう?
数百?いや千以上はいるだろう。

1408272

そしてセミナーでの会合や打ち合わせが終わると数グループに分かれて
東と西とに分かれて飛び立っていくのである。

察するにここらの木はネグラになっていて夜明け前に雑談をしてから
今日の活動場所へと飛び立っているのだろう。
となると、日暮れ前にはここに帰巣するのだろうが、真相はわからない。
天気のいい日にもう一度狙ってみよう。

| | コメント (0)

2014/08/18

J2観戦 愛媛FC VS 松本山雅FC

2014年8月17日

J2リーグ 第27節
愛媛FC VS 松本山雅FC  愛媛・ニンジニアスタジアム

夏休み4連休最終日、昨日の徳島戦に続いての
Jリーグ観戦です。今日は我がホーム、ニンスタでの愛媛戦。
現在2位の松本山雅FC、真夏のホーム戦、打倒松本!

14081701

道中、雨が降るもスタジアム付近は降雨の形跡もなく実に蒸し暑い。
駐車場には結構、他県ナンバーが見られる。

14081702

松本山雅はサポーターの分厚さでも定評がある。
観客動員も実にすばらしいチームだ。遠く長野から大勢のサポーターが。

14081703

もちろん愛媛も負けてられない。
「見せてくれョ 伊豫魂!」

14081704

試合はなんと前半にオウンゴールも含めて3点をリードされる展開。
愛媛もリカルド ロボをスタメンで先制攻撃を仕掛けたのだが及ばず。

140817051

140817052

140817053

140817054

140817055

140817056

140817057

140817058

140817059

今日の連写は愛媛・リカルド ロボのニンスタ発ゴールのシーン。
相手のミスも含めてキーパーとの1対1をかわし一時はバランスを崩し
転倒するもすぐさま復帰して落ち着いてループ気味の狙いすました
見事なゴールシーンでした。

ただ、愛媛の反撃もこれまで。
さらに1点を追加され1-4で敗戦。
後半のロボのゴールから流れを変えて追加点を取れなかったのが
残念なところですね。

14081706

松本・反町監督も大量リードの後半終了までピッチサイドで
指示を出し続けていました。
流石の反町監督です。あっぱれ。

14081707

アウェーで大きな勝ち点「3」をともに喜び合う松本サポーターと選手。
湘南に続いての2位キープ。

********************************************************
Yahooスポーツより

ボールを細かくつないでサイドから攻撃を構築する愛媛と、ロングボール
やセットプレーからゴールに迫る松本。異なるスタイルが激突した一戦で、
先手を取ったのは松本だった。前半32分にペナルティエリア内で強さを見せた
サビアが先制点を挙げると、その後も立て続けに得点を決め、前半だけで
3点のリードを奪う。後半開始直後にリカルドロボのゴールで1点を返されるが、
攻め手を緩めずに山本がネットを揺らす。以後は、運動量を生かした守備で
反撃を許さず。2連勝を達成するとともに9試合負けなしとなり、
好調を持続させている。

********************************************************

今節終了時で17位。
後には5チームしかいない状況・・・
決して最悪のチーム状況じゃないと思うのだが、なぜか結果が出ない。
「悪くはない」と思っている時点で駄目なのかもしれない。
まあ、ファンとしては頑張ってもらうしかないですけど・・・

頑張れ!愛媛FC

| | コメント (0)

2014/08/17

J1観戦 徳島V VS 横浜FM

2014年8月16日

J2リーグ 第20節
徳島V VS 横浜FM  徳島・大塚ポカリスエットスタジアム

今日の観戦はちょっと違う。
久しぶりのJ1観戦です。今年から徳島がJ1に昇格して
四国にもやっとJ1チームが出来ました。
何度か機会をうかがっていたのだけど日程の都合などで
なかなか行くことができませんでした。
前回はJ2での愛媛との四国ダービー時に来ましたが
今回は代表クラスの選手を多数率いる古豪横浜Fマリノス戦。

14081601

帰省ラッシュとやらで交通状態が悪くなるし、なによりJ1リーグなので
観客も多いだろうとかなり余裕を持って出発。
予定より少しだけ遅めの到着だが、駐車場探しに苦労した。
開始1時間ちょっと前だがかなり遠くの駐車場に止める事に・・・

14081602

会場へは問題なく余裕を持って入れたのだが、かなり歩いたのでこの時点で
汗と雨でベチャベチャ。

まもなく選手たちがアップのためにピッチに登場した。
徳島側のサポーター席にいるにもかかわらずミーハーファンは
遠くの横浜ピッチへ標準を合わせる。

齋藤学発見。横には富沢の姿も。
まあ、愛媛人なら学のことはやはり気になる。
数年前にはここで徳島の柿谷と愛媛の学としての戦いもあった地だ。

14081603

連休とはいえ横浜のサポーターの数には驚いた・・・
これがJ1の世界なのか?

14081604

もちろん迎える徳島サポーターもかなりの数。
先日まで阿波踊りで盛り上がって勢いで今日はヴォルティスの応援だ。
ほっといてもバイブスは上がりっぱなし!

14081605

試合開始。
横浜の派手なアウェーのユニに着替えて学も先発のピッチにたった。

14081606

当然だが、わくわくするスタメンだ。

14081607

ザックジャパン・栗原勇蔵

14081608

ラフィーニャが受けたファウルでPKのチャンスに俊輔がキッカーに。

140816082

140816083

140816084

ゴーーーーール!
横浜が先制点。

14081609

その後もう1点追加して前半を終える。

14081610

ハーフタイムには花火大会

14081611

花火の煙がスタジアムまで流れてきました。
まるでヨーロッパの観客席のようだ。

この試合12000人を越えた。そりゃ多いはずだ。
愛媛では3~4千人平均だろうから実に3倍以上。

14081612

後半の円陣。
中澤の背中。

14081613

学と交代で藤本淳吾が登場。
その後ラフィーニャの2点目で3点差にするマリノス。

14081614

徳島も新加入のアドリアーニにボールを集めて得点を狙う。
マリノスの高い壁の前に得点にはいたらなかった。

14081615

そして3-0のまま試合は終了。
ここまでホーム戦ではまだ勝利なしの徳島選手にサポーターも暖かい
拍手と声援。なんとかこのサポーターに1勝をささげたいものだ。
まだまだ諦めないで戦い抜いて欲しいです。目指せ残留。
愛媛がそこに行くまで待っていて欲しい。

********************************************************
Yahooスポーツより

横浜FMは序盤から少ないタッチでボールを動かして相手に
間合いを詰めさせず、セカンドボール争いでも優位に立つ。
攻守にわたって徳島を圧倒すると、前半27分と同30分に得点を奪い、
リードして前半を折り返す。後半に入っても、状況や時間帯に応じた
戦い方を披露し、後半のアディショナルタイムにはラフィーニャが
この日2点目となるゴールを決めて6試合ぶりの勝利を手にした。
一方の徳島は、後半開始からアドリアーノを投入して個人技から
チャンスを作るも、最後まで得点を奪うことはできなかった。

********************************************************

ときおり雨も降り、非常に蒸し暑い真夏の一戦でした。
J2に見慣れているので観客の多さとサポーターの圧力には
流石だと感じさせられた。
ミーハー的観戦ですがいい試合でした。

で、本日17日はこれから愛媛戦へ出発します。
好調松本戦です。

| | コメント (0)

2014/08/15

飛鳥IIと再会

1408141

2014年10月の寄港時に飛鳥を始めて見て息をのんだ。

2014年8月13日~14日、わずか1日だけの停泊。
13日の高松の花火大会の観覧目的だったのだろう翌朝の14日7時には
出航してしまうとのこと。

ちょうど4連休の初日。
ここで再会しておかないと次はいつになるやら・・・

自転車乗りのMASAさんとスケジュールがあったので彼と彼のロードを
車に積んで飛鳥を見た後は解散して彼は自転車で旅をしながら帰る。
若干、天気が心配だったが予定的にはいい感じでした。

朝4時、出発。
市内のMASAさんを拾って一路高松へ。
6時前には裕に着くだろうから、総長6時から開いている
「うどんバカ一代」で朝うどんを食してから飛鳥を見守ることに。

予定通り5:45分頃到着。
一人男性が店舗前ですでに開店待ち。
そんなに待たなくても・・・

我々は店舗の裏の駐車場に止めて車内で開店を待つことに。
数台の県外ナンバー車が到着。車から降りて店舗のほうへ歩いていく。
まだ、早いでしょ。
と裕に構えていた。

開店5分くらい前に「そろそろ行きまっか!」
と店舗入り口側へ回るやいなや・・・
すでに行列が!!!!

14081412

「ええっ!!!」

いつの間に?だろう。
確かにこの店舗は数箇所に分かれて駐車場があり、数台は店前に路駐。
ほとんどが県外ナンバー車。

聞くところによると、関西方面からジャンボフェリーで高松に6時前に着いて
ちょうど一番に開店するこの店が便利らしい。
おそらくガイドブックやブログなどで讃岐うどんツアーの攻略的な方法として
この店から行くお勧めルートがあるのでしょうね。

14081413

もちろん讃岐うどんに不慣れな団体客を前にスムーズには行かないもので
我々がうどんにありつけたのは15分くらいかかっただろうか。
人気の釜玉バターは今回は遠慮して、ひやあつ大にした。

東のうどん(やや細めの麺)がどんぶりにたっぷりと・・・
さすがに朝からこの量はきつかった。なにやら人も多くて落ち着いて
食べれないので少しだけ残してしまった。不覚だ。

さてさて、目的は「飛鳥II」です。
満腹の腹を抱えてサンポート高松まで5分足らず。

1408142

うどん屋さんを出た頃にポツポツと降り出した雨は飛鳥の前では
大雨になっていた。

1408143

大きい・・・
なんだか自分の遠近感とかが変になってくる。
左に小さく人やテントが写っていますけど、ミニチュアですね。

1408144

時間が近づくにつれタグボートやら、出港準備であわただしくなる。

1408145

見送られる乗客と補助ボート。

しかし補助ボートだけでもそこそこのクルーザーくらいの大きさです。

1408146

汽笛が大きく三回。
合図とともに岸壁から引き離されていく飛鳥。

1408147

最後のロープが外されてタグボートのエンジンが全開になる。

1408148

傘を差していても吹きぶってくる雨に苦労する。
かさとカメラを同時に持ち風であおられるのを辛抱してシャッターを切る。
もちろんレンズにも水滴がついてくる。

飛鳥は無事に離岸した。

1408149

我輩がいた桟橋の目の前で飛鳥の方向転換が始まった。

14081410

2艘のタグボートで見事に巨大客船を操る。

14081411

なんと舳先(へさき)のタグは自身の舳先で飛鳥を押し出す。

14081412_2

もう少しで飛鳥は瀬戸内海を望む方向へ。

14081413_2

最後に巨体が横っ腹を見せてくれ、その全容をあらわにした。

14081414

ここまで23分。
飛鳥は無事横浜へ向かっていきました。

ということで雨の中でしたが貴重な光景を見ることが出来ました。
さて、問題の雨はやむ気配すら感じない。
自転車で四国中央市まで帰るのはとても無理。
結局自転車はこの地に降ろされることがなく岐路に着きました。

14081415

雨は無情なもので高松市を出て坂出になると降っていなかった。
あの満腹になったうどんを食ってから3時間ほどしか経っていないのだが
三野町にある「いちふじ」というお店、MASAさんがこちら方面へくると
かなりの割合で立ち寄るお勧めのうどん店です。

14081416

おすすめの「肉ぶっかけ・冷」をいただく。
うまい!
肉の味付けがいい感じです。
最初のうどんの写真と見比べてもわかるようにこちらの麺は西の麺です
太くてゴツゴツした麺です。
やはり西寄りに近い四国中央市育ちなので太麺の方が馴染みあります。

おいしゅういただきました。

晴れ間が覗くほどの空でしたが、満腹と朝の雨にすっかり心が折れた
MASAさんは自宅まで自転車を降ろすことなく帰りました。

とある夏の半日のおっさん二人の珍道中でした。
っつうか、うどん→飛鳥→うどんだけですけどね。

| | コメント (0)

2014/08/10

雲の隙間から、満月

14081031

台風一過、夕方からは晴れ間ものぞき夏空が戻ってきた。

今夜はスーパームーン(地球と月の距離が近く通常より大きく見える
満月か新月の事を指す)である。

風は残るがその分少し涼しい。
このポイント前には山へ登ったのだがもうヒグラシが鳴いていた。
夏の終わりです。

14081032

雲の合間からスーパームーンが一瞬顔を出す。

構えておいた600mで狙ってみる。
風があり結構ゆれるので、私が息を殺してみたが変わらない。

上の写真は600mmでノートリミング。
今夜のスーパームーンを600mmでとらえるとこんな画角になる。
この状態ならピントの甘さもわかりにくいのだが、拡大してみると
やはり少し眠たい感じに見える。

そこでスクエアにトリミングしたものがこちら。
14081033

風がなければもう少し追い込んでピントあわせが出来るかもしれない。

今夜は雲もあり時間勝負になった。
このレンズの描画能力はこの程度かもしれないが
まだまだ撮影枚数が少ないので何ともいえない。
条件いい日にリトライしてみたい。

| | コメント (0)

600mmの大砲

14081021_2


大砲の型番は 「TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD 」という。

タムロンというレンズメーカーの 焦点距離150mmから600mmまでを
カバーした超望遠ズームレンズで絞り値がf5-f6.3の明るさを持つ。

野鳥、航空機、スポーツなど容易に近づけられない被写体を
狙う用途に使われることが多いレンズになる。

我輩の場合は主にJリーグでの活用になるだろう。

14081022

今まで使用していたレンズはズーム域で250mmだったので単純に
2倍近づくことが出来るのだが実際にはそうではない。
でも確かに今までとらえ切れなかった遠くのものが見ることが出来た。

14081023

でもさすがに大きくて重たい。長さはレンズだけでも30センチ近い。
f値も5からなので暗いレンズといえよう。サッカーのナイターでは
重さも考えて手持ちでは無理だろう。
もちろん一脚を使用。前々回の京都戦と前回の札幌戦ですでに
600mmを持ち込んで撮影しています。
トリミングしたり加工もするので比較はしにくいだろうが以前よりは
選手の写りが大きくなっていると思います。

使用用途は限定的で毎回持ち運べられる大きさではないので
留守番が多いだろうが、ここ一番で役にたってくれるであろうレンズだ。

さて、先月高松空港へ飛行機を撮りに行ったのだが、もやっていて
いい画が撮れていないのでまたの機会にと思っていたのだが
雨が続き、かれこれ入手して一月ほどになるのでレビューを
残しておこうと今日、記事にしています。

14081024

高松空港の離着陸のビューポイント「高山航空公園」です。

14081025

到着してまもなく着陸機がありました。
一脚でほぼ600mmズームで機を追ってみた。

14081026

高松-上海 で3000円とか激安チケットもあるそうです。

主翼の両端が跳ね上がっているのでボーイング787かと思ったら
どうもボーイング737という機種らしいです。
さすがに激安LCCで787は使わないか・・・

14081027

少しするともうすぐに離陸体制になった。
空港に滞在する時間も短くしないとそれだけ費用がかかるからだろう。
あまりにも早かったので驚きました。

14081028

空気中のモヤなのか、レンズのハレーションなのか、単にピンボケなのか?

14081029

この日の天候ではちょっと判断するには無理がありました。
がっつりと三脚で澄んだ空のときに出かけて見ます。

140810210

さあ、離陸しました。

140810211

140810212

600mm一杯で寄っています。
頭上といえば頭上なんだけど、空港からは離れた場所なので
もう高度はそれなりにあると思います。
しっかりと練習すればもっとしっかりとくっきりと写すことが出来るのでは
ないでしょうか。

ということで新しく仲間入りした超望遠レンズを使ってみた!でした。

| | コメント (0)

台風直撃

1408101

台風11号、ただ今高知県を北上中。

四国中央市も暴風域に入っております。
予想の進路よりもずれたためか若干、被害的には少なくなるだろうか。
昨日の夕方に発令された「避難準備」?やったかな、今朝には
解除になったくらいやから、大丈夫なんでしょう。

ということで今日はとりあえず自宅待機。
夜はスーパームーンが見れれば出動してみますかね。

先日から室内へ避難している自転車を昨日、メンテしました。
錆がういてきたチェーンとか、ブラシとクリーナーで磨いてやりました。

1408102

えー感じの光が差し込んでいたのでマクロレンズで撮影です。

1408103

メタル感を強調するためにやや白飛びでハイライトをつけコントラストを
上げて黒色も意識させてみました。

1408104

1408105

1408106

1408107

さて、これからは台風も足を速めて瀬戸内、そして日本海へ抜けて
行くことでしょう。

進行方向に当たる地域の方はくれぐれお気をつけてください。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »