« 朝の工場 | トップページ | 漁村の夕刻 »

2013/02/11

吉野川、シラスウナギ漁

13021001

知人から情報を仕入れた「シラスウナギ漁」。
高知四万十川や徳島吉野川で有名な漁らしい。

暗くなってから水面に強烈なライトを照射して集まってきた
うなぎの稚魚をすくう漁らしい。
12月ころから4月くらいまで続けられるらしい。

特に冷え込むころの新月で大潮の深夜が狙い目。
連休中日の10日の朝にチャレンジしてみた。

13021002

午前2時半に出発。
ポイントまでは2時間程度。
本来なら漁の最盛期のはずが・・・・

つい先日にも「絶滅危惧種」と指定されたうなぎ。
ブログなどでもかなり数が減ってきたということで心配していた
とおりの結果で、舟はわずかに4隻。

その上に写真撮影技術としても難しい条件。
結局、カメラの設定もいい条件が見つけられないまま
6時くらいには全ての漁船が退散していった。

13021003

ピントは甘いのだが幻想的な写真にはなった。
機会があればもう一度トライしてみたい。

で、このまま帰るのも残念だしどこかでいい写真を撮れればと
思っていたのだが、天気は下り坂。上空には雲が立ち込めていた。
運よくば朝日だけでも撮って帰りたかったのだが、雲が・・・

と、ストレスを徳島へおいて帰ることにしたのだが、ちょうど帰りの
バックミラーに大きな朝日が見送ってくれた。

13021004

また来ます、徳島。

|

« 朝の工場 | トップページ | 漁村の夕刻 »

カメラで撮る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝の工場 | トップページ | 漁村の夕刻 »