« 真っ赤な太陽 | トップページ | もみじ狩り »

2012/10/22

大野原で太鼓に遭遇

12102101

昨日、「町並み撮影」と紅葉の「ロケハン」のために西讃地区へ。

ロケハン・・・ロケーション・ハンティングの略で予め撮影場所を下見し、道具や
        撮影状況を確認しておく行動のこと。

川之江の切山地区から大野原の豊稔池ダム方面へ抜けるルートでスタート。
11月中頃には法泉寺あたりでは1本の木が3色に紅葉すると言うらしい。
これは気になる情報だ。要チェック。

ということで出かけたのでありました。

12102102

谷間の村落に太鼓の音が響いたのでしばらく待つと森の中から太鼓台が現れた。
かき夫が少ない。ギャラリーも少ない・・・
そりゃそうだよね、見るくらいならかけよ、ってことになるよね。

12102103

で、ここが法泉寺。
紅葉はまだ始まってないのでどの木かも確認できないが、場所は確認できた。

12102104

ダムをチラッとのぞいてそのまま大野原方面へ降りてくると
やはりお祭りの気配がした。
そしたら畑の間を縫うように黄金に輝く太鼓台が現れた。

12102105

ここもかき夫は少ない。20人くらいではしんどいだろうなぁ。

12102106

で、ここまで来たら「たも屋」でうどんは当たり前。
山本町を経由して観音寺へ向かう途中に、雰囲気のある酒蔵があったので。

12102107

古い建物、古い町並って素敵だと思う。

12102108

「酒」の文字が入った瓦。

12102109

うどんを食って次は豊中町にある「不動の滝」へ行ってみた。

12102110

滝壺には虹が出現。

12102111

葉っぱに木漏れ日が当たっていたのでクローズアップしてみた。

12102112

突然場所は変わって。
夕方になって川之江の金生川の夕暮れの絵が欲しくて出かけてみた。
もちろんこの日から三島のお祭りも始まるのだが、今日は夕日優先で。

12102113

無数の鳥の群れ。

12102114

金生川の河口付近と工場に沈む夕日。

12102115

すばらしい。
造形物と自然のコラボレーション。

夕日が隠れたので帰宅する。
その頃、太鼓台は動き出していた。

|

« 真っ赤な太陽 | トップページ | もみじ狩り »

カメラで撮る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真っ赤な太陽 | トップページ | もみじ狩り »