« そろそろ梅雨明けか。 | トップページ | 西条を歩く »

2012/07/15

シグマの新しいレンズ

12071401

半月ぐらいずっと悩んで、何にしようか・・・ああでもないこうでもない。

とりあえずこの夏に1本、レンズの買い増しをと思っていました。
キットレンズの 18-55 、 55-250 、 ジャンクレンズの70-300 、
そして普段使いの50の単焦点の4本のレンズを所有。

これらで半年ほど自分が撮りたかった物を色々撮ってみた。
夜景、散歩風景、人物(ポートレイト)、植物、室内でのライブ・・・

一長一短で成果が出た物、思わしくなかった物が分かってきました。
単焦点の50mmは明るくて通常の散歩でのスナップには軽くて持ってこいです。
夜間でも夕方でもF値が1.8なので十分明るい。問題ない。

のだが、室内のライブでは寄れない(中望遠)ので近くから撮影できないのと
室内で人物を全体写すにはもの凄く離れないといけないのである。
50畳もある宴会場なら問題ないのだが、ちょっと不便だ。
写りやボケは最高に面白いですけどね。

じゃあ望遠は?

ということになるのだが、手持ちのキットレンズではF3.5やF4からの
スタートなので室内ライブではやはり暗すぎた。その分シャッター速度も
あがりブレが発生したりする。明るいレンズで望遠ズームのが1本欲しい。

12071402

予算の都合もあるので、候補は限られる。
ただ、候補にたどり着くまでにも 単焦点にするか、明るさ重視にするか、
便利な物を優先するか、価格はともかく高級レンズにするか・・・・
といった「テーマ」を決めないと候補も決まらない。

最終的には便利と明るさのバランスがとれた感じの候補になった。
CANON純正レンズはいつかは欲しいけど金額の桁が違うので・・・
安くても比較的評判の良いシグマとタムロンというレンズメーカーのものから
選ぶことにした。

数種類のレンズまで絞って最終的に決めた物は
 「シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM」というレンズ。

広角17mmから望遠は標準ズームで70mmまでカバー。
日常使いでは一番活躍する範囲である。キットレンズの18-55よりも
広くそして少しでもズーム幅が大きいことになる。
明るさは2.8から望遠域でF4となる。飛び抜けて明るくはないが
キットレンズよりは数段明るい。今は予算的にもこれが精一杯。
そして、なにげに購入動機になったのはシグマのOSという型番。
「手ぶれ補正」のことなのだがこれがついているのといないのとでは
手ぶれの度合いがかなり変わってくる。手持ちが多いので
これはあったほうが良さそうだ。

ということで、今回はこのレンズに落ち着いた。
14日の土曜日に持ち歩いて撮影してみた。
大口径?なので重量はかなりある。首肩掛けてるとストラップが
首にかなりのストレスを掛けてきた。そのぶん画質が良ければ
良しとしよう。

あとでこの日の撮影を紹介します。
悩んだだけあって良いレンズと出会えたと思います。

|

« そろそろ梅雨明けか。 | トップページ | 西条を歩く »

カメラで撮る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろそろ梅雨明けか。 | トップページ | 西条を歩く »