« 馬場の桜、もう遅いか? | トップページ | People in MCAS Iwakuni »

2012/05/06

岩国航空ショー2012 出発

120505101

2012 5/5 早朝 5時半の朝日。

ぐずぐずの天気が続いた2012のゴールデンウィークだが、この日は違った。
この日は我が輩にとって特別な日。

4年ぶり2回目の岩国航空ショーへ行くのだ。
(岩国航空ショー→正確には「日米親善デー(friendship day)2012」となる)
家族は学校行事でいけず(というかなんでこどもの日に参観日なのか?)、
ミュージシャン仲間のMASAちゃんとの参戦になりました。
マイカーでは渋滞とか、経費とか、疲労とか半端じゃないので今回はバスツアー。

そう、このGW騒がれたバスツアー。
愛媛バスという会社のときめきバスツアーに申し込みました。
岩国へ向かう愛媛バスの車両は8台。愛媛県東予地区3箇所からの乗り合いで発車。
安全運転でよろしく!

120505102

AM6:00 川之江組は6時に出発です。
途中新居浜、西条と経由し我々1号車は満車。

AM7:40 来島SAで最初の休憩タイム。
朝の強い日差しに来島海峡がきらめいていたので一枚。

本州に渡ってもう一度小谷SAで休憩。
この辺りまでは目立った渋滞もなく実に順調な旅。

バスは直接基地へ行くと行きも帰りも大渋滞にはまり身動きがとれないので
今や岩国攻略の常套手段的な宮島からJRで攻め込む手法をとる。
廿日市ICを降り、国道移動になった辺りから断続的な渋滞発生。
この時点では航空ショーは始まっているので岩国渋滞というよりも
宮島への観光渋滞にはまったみたいだ。

なんとかやり過ごし宮島口付近のパーキングでバスは降りる。
旅行代金に含まれるJRの切符(往復)を受け取り後は各自行動する。
JR宮島口までは徒歩移動5分程度。駅に着いたのは10:50。
渋滞の影響か、旅行行程よりは30分ほどの遅れ。仕方ない。

120505103

この日のために増便増便でJRも対応。
すし詰めだが何とか乗ることが出来る。宮島口駅から岩国駅までは23分程度。
立っていても辛抱できる時間。

11時20分ころには岩国駅に到着。
もちろんのことだが、想像以上の人。
もうショーも半分くらい終わってるんだよ・・・

この後はひたすら歩く。
シャトルバスもあるが待ち時間1時間。覚悟を決めて歩く。
子供、老人も歩きます。3キロ弱だろうか、4、50分で基地に。
ルートはとにかく行列に入り、何も考えずについて行けば基地に着く。

120505104

12時過ぎに基地に着いた。
ここはアメリカ。

手荷物検査、今年からは身分証明書の提示も始まった。
チェックを済ませて入門すれば、そこはフレンドリーなアメリカです。

ここまでは順調といえば順調だったのだが、着いた時間がまずかった。
ショーはちょうど昼休み。朝からの客は昼食やお土産を求めて点在するテント屋台に
群がる。もちろん20万に超の人だから長蛇の列。そんな中に入場客が殺到するから
身動きがとれないし、先の状況もまったく分からない。基地は広いので滑走路も
まだまだ先。時間こそ見ていないが我が輩が滑走路付近に着いたころには
昼からの演目が始まったので、たぶん4、50分はそんな状況だったかも知れない。
お連れさんは足に持病をかかえていて、ハードな状況にリタイヤ。
待ち合わせ場所をきめて別行動になった。

120505105

戦闘機や輸送機、米軍、日本の海上自衛隊機などがとにかく広い敷地に展示中。
米兵の姿を見ると、なぜかしら映画の世界に入り込んだ錯覚になる。
なんとも、クールで陽気で、格好いい。アメリカかぶれで上等です。
しょぼい日本人よりはマシだと思うわ。

120505106

120505107

レジャーシートであちこちに座る人、寝っ転がる人、とにかく自由な空間です。
我が輩は撮影ポイントも求めて人混みの中を突き進みます。

120505108

F-16 ファイティング・ファルコンが昼からの演目に。

120505109

開発・運用は実に30年ほど前からになるらしい。
それでもっても今も通用する高性能な戦闘機。すばらしい。

120505110

演目にあわせて、会場では日本語と英語で演目の説明が小気味よく流される。
米スタッフがやるので陽気でDJのような流れ。So COOL

120505111

さて次はプロペラ機での曲芸パフォーマンス。

120505112

回る、上がる、下がる、落ちる、ひねる、ひっくり返る・・・

120505113

さまざまな動きが次から次へと。

120505114

F16のジェット音とはまた違ったエンジン音。
バイクに似たようなアナログ的な音なので腹に響く。

120505115

これ、我が輩の上空を飛ぶところを下から撮したのではありません。

120505116

このくらな高度を地面と垂直になって、しかも機首を斜めに持ち上げて
地面とは平行に進んでいきます。

120505117

人混みの向こうに見えるは出番を待つブルー・インパルス。
このブルーが一番の目的だって人も少なくないでしょう。

120505118

ヘリが離陸して機体が見えないくらいの高度まで上昇。
しばらくすると空から突然、パラシュートが開きます。

120505119

日の丸、星条旗。
親善デーならではの演出。そしてBGMは「君が代」と「星条旗よ永遠なれ」。
相変わらず、着地の精度は高い。

120505120

ヒナが親鳥に餌をねだるような仕草。

観客の1割、いやそれ以上か?
こんな光景ですよ。我が輩も脚立を持参して、似たようなもんですがね。
恐らくここに写ってる機材だけでも数百万円はするのではないでしょうか?

ということで、帰ってみると撮影枚数1020枚でした。
パソコンへの取り込みだけでもかなり時間がかかったので昨日のうちには
記事が書けませんでしたね。取り込みながらもう、寝ましたよ。

朝起きてやってますが、今日は天気が悪い。
そう思えば昨日だけは見事な天気でした。感謝です。
この後始まるブルーインパルスは後編で記録しておこうと思います。

|

« 馬場の桜、もう遅いか? | トップページ | People in MCAS Iwakuni »

ふらっと旅する」カテゴリの記事

カメラで撮る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬場の桜、もう遅いか? | トップページ | People in MCAS Iwakuni »