« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/30

紫の川(パープル・リバー)

12033001

まるでこぶしを振り上げたかのような。

12033002

製紙会社からの排水は・・・

12033003

街のムスカリは咲いているのに、ウチのはまだだと思っていたのだが
よく見ると花がついていました。

| | コメント (0)

2012/03/29

紅白咲き乱れ、猫と犬。

12032901

珍しい木だなと思ってよく見てみた。
どうやら隣同士の木の枝がうまく相まってこのようになっている。
どう見ても同じ枝から紅白の花が咲いているようにしか見えない。
赤の方は八重みたいだし。

12032902

紫モクレンも開花確認。
あとはソメイヨシノだね。

12032903_2

さて、毎週月曜日と木曜日。
この地区のゴミ収集日だろう。
自転車での通勤路でいつも気になっていた。
そう、猫がたくさんゴミをあさりにやってくるのだ。
いつかは撮ってやろうとお思いつつも忘れていたのだが
今日はいつもより5分早く家を出た。

現場に到着。

手前に自転車を止めて、忍び足で近づくがすでに察知されていた。
カメラを覗きながらそろりと近づくが逃げられてしまう。

シャム風、黒、シルバー。

12032906

白が3匹、シルバーは前のと同一か?
これ以上は近づけない。

しかも今日はこれに備えて、50mmの単焦点ではなく18-55のズームを
装着してきたが役不足。やはり250mmはいるな・・・

12032904

いるわ、いるわ。

茶もいるさらに白、三毛にトラ・・・
一部だけ写っているのも数えても、我が輩が確認できるのは9匹。
あと間違いなく黒も2~3匹いるのは知っている。

ということは10匹以上だな。

親子、兄弟なのだろうけど、ここの猫は結構綺麗。
みんな寄って来てくれればいいのになぁ。

12032905

ラストは犬。

人のことは言えないけど・・・ちと、動けよ。
ほら、ボールがあるだろ?
遊びなよ!

| | コメント (0)

2012/03/28

春を感じる

120325201

25日の日曜日、Jリーグ観戦の行きしなに気になっていた見奈良の菜の花畑に
行ってみました。

確かに一面真っ黄色なので「うわ~」って思ったけれど、
あまりにも黄色しかなくて撮影するのは難しかったです。
風も強かったしね。

まあとりあえず一面黄色の写真です。

120325202

風が強くていまいちピントが定まりません。

12032801

境内で開花した木蓮。

12032802

線路淵の土筆群。
西日が当たって透き通って見えます。

12032803

「上からツクシ」

12032804

今夜、春を感じに俳諧。

国道沿いの桜の木、まだまだですね。
奥には月齢5日の月が見えます。

12032805

JRの送電線。

12032806

イルミネーション。

12032807

縦一列に整列した自転車。

12032808

夜の体育館と歩道橋。
スローシャッター、長時間露出おもろい。
流れるヘッドライトのシーンをもっと一杯撮りたいですね。
暖かくなると夜の俳諧は楽しみです。

| | コメント (0)

2012/03/27

ツインライト仕様

12032521

先日の転倒事故で破損したヘッドライト。
新しい物を購入するついでに、さらなる明るさを求めて2基搭載することに。

12032522

カエルの目玉?
・・・みたいですが。

12032523

明るさと範囲は確かに倍になった。
うん、明るいです。

| | コメント (0)

2012/03/26

天体ショー、三つ巴

120326001

3月26日の日没直後の西の空。

とある、天体ショーを撮影にポイントに到着。
夕焼けが少し残っていたので一枚。

120326002

今月、中頃に大接近した金星と木星。
その金星と木星の距離は広がっているのだが、
なんと今日はその二つの惑星の間に三日月が入る現象が起こる。

情報が入っていたので今日は楽しみにしていた。
一番心配だったのは天気なのだが、19時から19時半頃は
何とか晴れた状態でした。ラッキーでした。
撮影終わりころは雲に覆われましたが・・・

で、上の写真
金星、三日月、木星となっているのだが、お分かりいただけるかな?
ほぼ直線上に並んでいる。

ちょっと引いてみて街の灯りも一緒に撮ってみた。
マニュアル撮影でシャッターを25秒まで伸ばしてみた。

120326003

直線に、しかもほぼ等間隔で並んだ金星と月と木星が見える。

長時間露光の撮影も奥が深いなぁ。
撮影中、数人のランナーが前を通り過ぎた。
真っ黒な夜空に向かってカメラを向けて撮影をしている姿は
不思議に見えただろう。

| | コメント (0)

2012/03/25

J2観戦 愛媛FC VS 栃木SC

     2012年3月25日

J2リーグ 第5節
愛媛FC VS 栃木SC  愛媛・ニンジニアスタジアム

春休みの間にもう1回観戦に。
ホームでの3戦目、栃木を迎え入れての大事な1戦。
今年のフォーメーションも小慣れてきた感じ。
愛媛らしいサッカーを期待。

120325101

曇り時々晴れ、こんな感じの天気予報だった。
まあ、寒さはあると聞いていたのでそこそこの厚着を用意してきた。
松山へ向かう道中、ちらちらと雪も降った。
相変わらず強風波浪注意報は継続中で強風が吹いていた。

120325102

キックオフ30分前にスタジアムに到着したが、サポーターは相変わらずの
熱気で超盛り上がってました。

オレンジが綺麗。

120325103

関根、内田のサイドバック采配。
トミッチ、村上のダブルボランチといった攻守バランスのとれたDF陣。

120325104

さあ、がんばれ!
今日も勝利を!

スタジアムも強風。
ピッチでは愛媛が向かい風でスタート。
風の影響も多少はあったのか、栃木ペースで前半は進む。

前半19分にトミッチが、
そしてさらに25分には関根が負傷交代・・・
イレギュラーの選手交代を2枚、これは後半どう影響するのか?
そんな中、相手FW廣瀬に34分ゴールを決められる。

120325105

後半始まって10分、バルバリッチは最後の交代枠をこの段階で使う。
FWの小笠原に代えて有田を起用。

その5分後に同点ゴールでネットを揺らしたのは途中出場の有田だ。
バルバリッチ采配、大当たり!
前半、風の影響で不利に進んだが逆に後半戦は愛媛が有利なはず。
さらなる追加点が欲しい。

1203251061
1203251062
1203251063
1203251064
1203251065
1203251066

後半、有利に進めるも追加点には及ばず。
たまに受ける栃木の強烈なカウンターに守備陣も応戦。

秋元が好セーブで追加点を与えない。

そのまま、同点でゲームは終了した。
関根は出待ちの際に元気な姿を見せてくれたがトミッチはどうやら
脳しんとうでドクターストップみたい。すでにスタジアムは後にしたのだろう。
どちらの選手も愛媛にとって重要なキーマンになるので、しっかりと直して
万全、戦って欲しい。

120325107

Jリーグ初ゴールを決めた有田光希
今シーズン始めに地元のローカル放送で15点を宣言した男。
さあ、後14点! 期待してるぞ! コウキ!

********************************************************
Yahooスポーツより

前半は栃木が最前線の棗をターゲットにして押し込む一方で、相手は
前半25分までにトミッチ、関根の2人がともに負傷交代する苦しい展開。
良い流れのままアウェイチームは同34分に、左サイドで最終ラインの裏を取った
杉本がラストパスを出す。それを廣瀬がダイレクトで合わせて先制。
だが、後半に入ると愛媛がシンプルな組み立てで盛り返す。後半15分には
混戦から石井がつなぎ、途中出場の有田がボレーでたたき込んで同点に。
その後は、互いに最後まで激しい球際の応酬が続いたが、スコアは動かず
引き分けに終わった。

********************************************************

まあ、良いとは言えないがせっかく観戦に行って負け試合を見るのもいただけない。
追いつかれた同点じゃなくて追いついた同点ゲーム。スコアレスでもない。
まあ、勝ち点1もとれたので良しとしよう。

また、スタジアムへは行けるときには行くから良い試合を頼むよ。
プロスポーツ、勝つのが目的でファンを魅了して下さい。

| | コメント (0)

2012/03/20

重要文化財を巡る。大野原~川之江

12032001

今日のお気に入り。

酒屋さんの倉庫前に並ぶ古い一升瓶。

すてき~

12032002

またまた登場の「たも屋」。
休みの朝一にここでうどんを食す。

12032003

昨日の転倒事故の具合もピークを越え、体も動ける状態だったので7時過ぎに出発。
まずはうどん。

リニューアル前にちくわの無料券をもらっていたのでゲット!
かけ大にちくわ天、320円なり。
相変わらずうまい。
朝の体に染みこんでくるのが分かるね。

12032004

今日の目的は他にあって、観音寺の大野原にある豊稔池ダムを見に行く。
うどん屋からは大野原方向に戻る。で、雲辺寺方面へ。
その途中で見つけた「生木地蔵菩薩」があったので立ち寄ってみた。

12032005

小屋の中に保護されているが、勝手に入って観覧することが出来る。
ご覧のようなような立派な地蔵だ。

生きた木の幹の中に彫った地蔵らしい。

そういや川之江にもあったな・・・

12032006

六地蔵。
実はこういう写真も大好きです。
前から撮りたかった構図です。

12032007

寄り道から戻って豊稔池方面へ。
割と直ぐに現れた。

国の重要文化財で国内で唯一の石の積み上げ式のダムらしい。
建築学的にももの凄い価値のある物だそうです。

下流側へ降りていってダムを下から見上げてみることに。

12032008

大正時代に施工され昭和の初期に完成した。
歴史を感じる風貌、中世ヨーロッパのお城みたいだ。

12032009

遊歩道が整備されていてダムの真下まで行くことが出来る。

大迫力!!!
思わず一人で「うわ~」って声が出ました。

12032010

国道11号方面へは戻らず、そのまま山道を進んでいく。
そう、川之江に切山に繋がったルートなんです。
川之江方面からだと山田井を進み川之江のテニスコートをずっと山へ進んだら
この豊稔池までたどり着くのです。

で、切山に入っていよいよ川之江に。
そこで、今日2体目の生木地蔵を見ることに。

ここへは10代の免許取り立ての頃にツレとふざけて肝試しに来たことがある。
若いとはいえこの場所によく夜に来れたもんだ。
誰かが走り出すともうみんな一斉に「うわ~!!!」って逃げ出したもんです。
今日行って昼間に見ると、直ぐ横には民家もありました・・・・

まあ昼間でも一人では少し心細いですけどね。

12032011

こちらは新しい方の地蔵さん。
古い方は保護されていて覗いてもよく分かりませんでした。
でも、良くできていますね。

12032012

そして2つめの重要文化財。
たったこれだけの範囲で重文が二つも見れるなんてね。
しかも貸し切り状態で・・・

ということで「真鍋家住宅」です。

平清盛の8男である真鍋次郎平清房の子孫の家だそうで、
17世紀中頃に建てられた住宅らしい。

12032013

素敵なオブジェ。

写真を撮るにはもってこいの被写体。
粋な計らいですね。
今日2回目の「うわ~」って心の中で言いました。

12032014

住宅の中で撮影。
こんな写真もよく見ますよね?
囲炉裏と逆光の障子。和の極みですね。

12032015

さすがに重文、万一の出火に備えてか大量のホースが・・・
ここに下ってくる道中も伸ばされたままの消防ホースが道ばたに敷かれていました。

12032016

さて、風景はがらっと変わって海。

真鍋家から川之江に降り立った後、整形外科で傷の処置をしてもらった。
しばらくは通院ですね。

帰宅するも、お昼ご飯までは少しあったので自転車に乗り換えて近所を回る。

大きなタンカーを見ていたら、漁船が一艘、さらに手前をもう一艘来たので
タイミングを合わせて3ショットでパシャリ。

12032017

次は公園でボール遊びをする親子。

12032018

「携帯チェック」

第三者が写る写真は難しいね。
承諾得るのも不審がられるし、先に断っていては自然な行動にならないだろうし。
極力、本人を特定できないようには工夫はしてるつもりだけど、不備があれば
対処します。すべての人、建造物に関して了承を得たわけではありません。

12032019

そろそろ帰ろうと思ってると、視界になにやら動く物。
スズメじゃない。

あまり見た記憶がない鳥。
かわいい。
割と近くに寄れる。

ネットで調べた。
「尾 オレンジ 鳥」と検索ワード。

ジョウビタキ という渡り鳥のメスと思われる。
日本で越冬するので割と冬に見れる。人間に対する警戒心はわりと薄く、
3-4 mくらいの所に降り立つこともある。

ということだ。なるほどね。

12032020

良い表情。
かわいいね。

12032021

ジョウビタキ。
覚えられるかなぁ?

ジョウビタキ、ジョウビタキ。

今日も良い写真が撮れました。
自然に感謝です。

| | コメント (0)

2012/03/19

俺 VS 壁

12031901

会社の近所の通勤路。

我が輩は今朝この正面の壁と戦った。

秒殺ノックアウトで完敗でした。

自転車の前のカメラバックのファスナーが若干、開いていたので
ちょっとだけ気になった。そう、ちょっとだけです。

いや、ほんまにちょっとだけ。

チャックに手を伸ばしたかどうかは覚えていないのだが、
次の週間、顔面に何かが当たって自転車ごと右方向へ転倒した。
テンカウントされないままテクニカルノックアウトになっていただろう。

12031902

写真の手前側は道幅の広い状態。
ちょうど道幅がせまくなるのである。

直進の状態で赤丸の位置に顔面から(左ほほ)ノーブレーキで激突した。
転倒して直ぐに写真奥から乗用車が来て、降りてきてくれ気を遣ってくれたが
恥ずかしいのと気が張ってるのとで、落下した自転車のライトを拾って
その場を立った。

左目の下から出血しているのが分かったし、視界も悪かったので
腫れているだろうと察知して、この先の会社へ到着するも
一度帰宅して整形外科へ行って、レントゲン、傷の処置をした。
骨折等はなく打撲と内出血、傷口が開いた所を一針縫って終了。
2時間遅れで現場復帰したのだが午後帰宅の時にはかなり
内出血がひどく、もの凄く腫れ上がっていた。

病院の後と、昼休みの後にはこのお宅にお詫びに行ったのだが
住人とは会えず、また夕方の帰りに寄ってみると、ご主人が
庭仕事をしていたので、事情を話して賠償の件で相談すると
千円か2千円で直るだろうし、ここだけ直すのもなんだし、ということで
弁償なんて良いですよとありがたいお言葉。
それより、傷の方大事にして下さいと・・・
やっぱり愛媛には「愛」がありますね。

12031903

勝負には負けたけど、でも俺もこの角の2つのブロックを落としたのだから
それなりに健闘してない?

明日の朝、あちこち痛いんだろうか?
それとも今日がピークなのだろうか?

| | コメント (0)

2012/03/18

松山の旅 ~続編

120311201

2012年3月11日。
息子の用事で松山へ。
時間がたっぷりとあるので我が輩は自転車を松山へ持ち込んで旅をした。
前回は第一目標の松山空港でのボーイング787との対面。

午前10:20の便で787は東京へ飛び立った。
見送った後、市内方面へ向かった。
取り合えず松山城の付近でも散策しようか・・・

120311202

方向はだいたい分かるし標識で「県庁」の方へ進めば良いだろうと。
思ったよりも近い。
お堀の公園で桜を発見。ソメイヨシノ種ではないが梅でもない。
確かに桜なのだが名札がないので品種は不明。

ほのぼのとした家族の昼食のシーン。
手前の空のベンチと向こうの暖かいベンチとのコントラスト。
その間に立つ桜の木。

120311203

地面に転がった松ぼっくりとつけた松の枝。

そう、松山空港を出てからは望遠レンズも必要ないので
お気に入りの単焦点50mmレンズを装着してレンズキャップもつけずに
肩に提げた状態でいつでもシャッターが切れるように自転車で走った。

120311204

時間もまだまだあるので、松山城にでも登ってみようかと・・・
登山で山頂を目指す。有料のリフトやロープウェーにはいつも乗らずに
登山するのだが、城山はかなりしいんどい。まあ楽だったら簡単に落とされるから
急な構造なのだろうが・・・宇和島、丸亀、松山どこも急所があり心が折れそうになる。

お城の写真は山ほどある。
今のマイブームは「ペットと共存」みたいなテーマである。
やはりペットを見かけるとシャッターを押したくなる。

120311205

松山城の麓にある東雲神社でのスナップショット。

この日は東日本大震災から1年目の日で各所で追悼行事があるのだろう。
ここの境内でも式典会場が設営されていた。

120311206

下山した。
1日中自転車で走っても寒くないような格好で歩いたもんだから汗をかいた。
下りてくると、自転車に違和感を感じた。

もしや? いたずらか?
チェーンロックはしているのだが、ロックの部分とかなんか意図的に
曲げられたように感じた。フロントの空のバッグもなんだか変だ・・・
田舎者は用心しないから、観光地だからといって街を信じている。
乗ってみるとチェーンが外れていてブレーキレバーも曲がっている。
これで謎が解けた。

この日は強風で、それで自転車が転倒したのだということを。
それを誰かがおこしてくれたんだと・・・
一時は街を疑ったのだが、やはり松山、愛媛には「愛」がありますよ。

ということで、チェーンを掛けレバーを直し出発。
前日に取り替えたばかりのペダルも少しダメージを受けている。
少しだけだが曲がっている、違和感があるがたぶん直ぐに慣れる程度だろう。

気を取り直して道後温泉へ。
観光客でごった返していた。

120311207

ここで場所を確認するために便利だったのが、iPhoneだ。
マップアプリで現在地も直ぐに分かるし、目的地も検索できる。
まったくもって、携帯ナビですよね。このときばかりはスマホにして良かったと・・・

ということで、四国霊場、石手寺に来ました。
何回かは通りすがったのだが立ち寄るのは始めて。

120311208

えびすさんでしょうね。
前掛けをして、首巻きをして・・・仕事モードの時の我が輩の姿とかぶるけど・・・

120311209

参道をローアングルで。

120311210

今回の1、2番を争うお気に入り写真です。
このレンズのチープな特徴の玉ボケと呼ばれる良さがでています。
背景のロウソクの炎だろうか、玉のような5角形のようなボケ方をしています。
なんともいえない風情を感じます。

そう、この日は東日本大震災から1年の日。

120311211

スマートホンで「マグドナルド」を検索。
昼はマックがあればセットの割引チケットがあるのでマックにしようと思ってました。
数キロの所にある。感だけではたどり着きそうにないが要所要所でマップをチェックして
目的のマックで昼食を兼ねた休憩タイム。

その後に、椿神社へ向かった。
鳥居は見たことあったのだが入るのは始めて。
ここの絵馬もかわいらしいデザインだね。

120311212

参道の階段に結ばれたおみくじ。

120311213

「願い事、叶うと良いですね。」

120311214

椿神社の奥の方に県武道館や坊ちゃんスタジアムがあると認識していたので
最終目的地とは逆方向だが見てみたくなった。

この頃の強風は吹き飛ばされそうな位になっていた。
向かい風でもの凄くハードだった。
何とか到着したもののここのふきっさらしの風は歩くにも歩けなかったので
写真だけ撮って退散。帽子を何度もさらわれるも100円ショップで買っておいた
帽子チェーンが役にたった。
武道館、こんなに大きかったんだ。

さあ、そろそろ砥部の方へ向かうとするか?
地図で見ると10キロもないから30分程度だろう。

国道に入って歩道を走っていると、我が家の車に追い越された。
直ぐに電話をして近くで合流し、自転車を格納した。
寒さは大丈夫だったけど、風にはやられた。
向かい風はとにかく強烈で進まないし、横から吹くと横転しそうになるし。
そんなくせに追い風ってなかなか吹かない。

なぜだろう?
自転車に乗っている人に聞いてみたがみんなが感じている。
自分に対しての追い風はないみたいで・・・誰も背中を押してくれない。

120311215

で、合流した家内が午前中にも立ち寄ってかなりの客と売り切れに圧倒されて
思うように買い物が出来なかったと、もう一度寄ってみることにした。

ネットで調べても必ず上位に入る人気のパン屋さん。
確かにすごい。
駐車場は数十台止められるし、子供を遊ばす部屋や遊具も備えられていた。
客はひっきりなしに来るは、出るは。
店員も半端ない。レジだけでも3つある。
開き上がったパンはトレイが置かれるとほぼ同時に完売状態。

120311216

看板メニューは ル・クール と あん食 ですが焼き上がりは17時頃。
残念だがウチはその時間までは待てない。
ル・クールは朝の時も売り切れだったし途中で焼き上がるも予約の品なのか
直ぐに個包装されていたそうだ。あん食は一度トレイに乗せたそうだが、ずっしりと重く
まだ他を見てからと思って戻したという。そんな店の状況も分かっていないときなので、
あっという間に他人のトレイに乗っていたという。

逃した魚は大きい。

県外ナンバーも多かった。
ちょこっとつまむパンを買った。普通に菓子パンです。
おいしかったですが、そんなに県外から?そんなに待ってまで?
きっとル・クールはもの凄いんだろうな・・・

また、来よう。
ピザも焼いているらしいです。

himari(ひまり) しあわせパンびより

カメラをかかえて自転車で街を散策。
とっても楽しいです。
可能な限り色んな街をいってみたいなぁ。
30キロくらいは走ってるかな?
プチ登山もしたけど、日頃走ってるから体へのダメージは少ないが
膝から太ももが若干炎症を起こした感じがあった。軽症ですが。
もう1週間前のことになりましたが、松山の旅でした。

| | コメント (0)

2012/03/16

ボーイング787・松山空港

12031101

東京-松山 ANA583便 8:55分着

3月11日。この日、息子のサッカー審判講習が松山の砥部の方の会場であった。
10時から16時半の長丁場。
二往復できないことはないけど、せっかくなのでゆっくりと松山を見ることにした。
家内は車で市内観光。我が輩は自転車で松山空港から砥部までの移動。
互いに時間をつぶす旅に出る。

予めネットで航空便の時間を調べてみた。
この3月から就航が始まったボーイング787が目的である。
東京から松山へは8:55着。その後10:20に折り返し東京へ帰る。
この後の便は夕方の便のみ。
サッカーの講習は10時から松山空港から会場までは20分もかからない。
少し早いが我が輩の松山空港の時間にあわせてもらった。

7:15に自宅を出て空港に着いたのは8:40分頃。
車から自転車を降ろして早速送迎デッキへ上がる。
送迎デッキではファンの姿は少ない。
東京の出発が遅れたとのアナウンス、5分遅れでその勇姿は現れた。

12031102

先日紹介したジャンクレンズ300mmを装着しての撮影に臨んだ。

12031103

ヘリが787の到着をエスコートするようにお出迎え。

12031104

ボーイング787だ。
機体の素材が国産、しかも愛媛の工場で作られた素材らしい。
だから愛媛とは縁のある787であった。

12031105

コンテナスタッフ、室内スタッフがB-787を待ち受ける。

12031106

いよいよ我が輩の目前に。

12031107

機長、副操縦士の姿も見える。
このレンズ、使えるぞ!
ちょっとばかしピントが甘い気もするが手ぶれ補正なしの望遠なので仕方ないか。
まあ、我が輩のレベルでは十分すぎる。

12031108

乗客が降り出すと同時に荷物のコンテナも排出される。

12031109

12031110

到着の便を見たので次は離陸を見る。
10:20分まではかなり時間もある。
送迎デッキを下り自転車で滑走路の裏の方へ移動してみる。

そこで787と自転車のツーショットの記念撮影。

12031111

機体の真後ろから。

12031112

すでにこの場所にはカメラをかかえた人や、脚立をセットした人、見物人が
大勢いた。この辺りに陣取ろうとしたときにJALの便が入ってきた。

12031113

787がランディング体勢に。

前をANAのプロペラ機が飛び立っていった。
これが上空ならハザードレベルのニアミスではないだろうか?

12031114

美しい機体です。

12031115

ギャラリー達の絵。
こんな感じの写真、好きです。
手前のタオル被った人の左肩に担いだ物はレンズですよ。
太くないですか?

12031116

離陸です。

12031117

来て良かった。
美しい物は美しいです。

感動です。
近くなら又来たいです。

さて、ボーイング787を見送ったので自転車で移動します。
最終目標は16時くらいまでに愛媛県生涯学習センターへ戻る旅です。
ネットの地図で見てみると直線で15キロくらいですから、毎日乗っている
距離よりも短いです。
たぶんすんなり走れば45分からゆっくりでも1時間くらいでしょう。

まずは市内を目指して走ります。
この続きは別の記事で。

| | コメント (2)

2012/03/15

芝生にモップ?

12031501

モップじゃねぇえし。

この仔はトイプードルのミックスだということです。
今日の昼に訪れた「森と湖畔の公園」でのショットです。

ご婦人が2匹の犬を散歩中。
声を掛けてわんちゃんの撮影をさせてもらいました。

2匹とも子供で、まあやんちゃ盛り。
とてもじっとして撮影できる状況ではありませんでした。
もう少し時間があれば、落ち着いていただろうけど・・・
なんせこっちは昼休み中。

12031502

凛々しく一瞬の表情を撮れました。
わんちゃんの名前は聞いていませんが・・・

さて、いつになったら松山での写真を紹介できるのだろう・・・

| | コメント (0)

2012/03/14

いえいえ、押しにくいです (;д;)

12031401

「おしてください」

無理です。

| | コメント (0)

2012/03/12

ジャンクレンズ300mm

12031101

自転車を整備した土曜日、試運転を兼ねて100円ショップへいった。
同じ建家にあるリサイクルショップへふらっと立ち寄ってみた。

CANONの望遠レンズが見えた。
75-300mmといった(超)望遠にレンズだ。
スマホで型番を入れて検索してみた。

どうやら古い物で現行品ではない。
手ぶれ補正がない望遠・・・使えるかな?
でも300mmあるしな~。
AFチェックはOKとの記述あり。
手に取ってみてレンズ内のゴミやカビを見てみたけど
致命的な感じの物はなかった。

ジャンク品 「2100円」。

60DはAPS-Cというタイプのイメージセンサーを積んでいるので
単純に1.6倍で換算するらしい。
ということは480mm相当の望遠になる。

「いいな~」

古くても使えなくても、無駄になっても良いかな。
安いし一度使ってみたい。
ということで購入しました。

AF(オートフォーカス)も問題なし。
ゴミなども気にならない。
充分使えるぞ!

ジャンク品を無理に買ったのは、この日の翌日に
飛行機を撮影に行こうと決めていたから願ってもない
望遠レンズでした。
キットレンズの250mmはあるけどやっぱ望遠は大きい方が良いしね。

ということで、3/11に早速使ってみました。
別の記事で紹介します。

| | コメント (0)

2012/03/10

自転車、分解手入れ。

12031001

今年の6月で2年。
それだけ乗るとパーツの傷みも目立ってくる。
国道での大転倒も経験してるし、もう2000キロは走ってるだろう。
なんせ、90キロオーバーの巨体が乗るもんだから、こいつもたまったもんじゃない。

12031002

特にペダルの痛みが激しく、異音がしたり回転に支障が出てきた。
接着剤等で修理も考えたのだが、今回は乗る頻度の少ないMASA 1号と
交換して急場をしのごうと考えた。

12031003
12031004
12031005

サビが目立ってきたスタンドも塗装した。
このパーツなんかはステンレスにするべきだよね。

12031006

樹脂製のためヒビが入って動きがぎこちなくなったペダル(下)と
MASA 1号から拝借したアルミ製のペダル。

12031007

SHIMANO ギアの部分。
メカニックでアーティスティックな感じの写真ですね。

12031008

後輪。
スプロケットやリム、スポークまで1本1本丁寧に洗剤で磨いた。
リムの傷と汚れはひどい物で、手持ちの800番のペーパーで研磨した。
そのせいか前輪ブレーキの異音(キャーーー)が大人しくなった。

12031009

分解-磨き-洗車-ペダル交換-スタンド塗装-ブレーキ調整-空気圧調整-組み立て

ボチボチ4時間くらいで仕上げました。

12031010

最終的には車のトランクへ。
明日、松山へ息子のサッカー審判の講習に連れてってやるんで、
大人達は面々に遊ぶ。
で、我が輩はチャリで松山空港から市内そして会場の砥部の方まで
ゆっくりとカメラを持ってチャリで散策する予定です。
楽しみです。

車に積み込む前に試運転を兼ねて、ちょっくらライド。

12031011

近くの消防署でホースのチェックだろうか?
夕方サイレンが鳴っていたので出動帰りで備品のチェックなのだろうか?

12031012

団員さんも集まってなにやら。

12031013

凄い水たまり・・・
たしかに道路は濡れてたけどこれほどまでに降ったか?
それとも数日前の雨が残ってるのだろうか?
えらい水はけ悪いな・・・

お陰でいい写真が撮れました。

| | コメント (0)

2012/03/08

ジオラマ2段階

1203081

元画像

1203082

横方向(中央ユンボの胴体付近)

1203083

2の画像にさらに縦方向(ユンボの胴体)

こんな感じで、ジオラマ処理を2段階にやってみました。
元画像とは大きく異なるが、強調された面白い絵になる。
もっとジオラマっぽい被写体にチャレンジしよう。

| | コメント (0)

2012/03/07

春、春、春。

12030701

春発見!

寒くても、雨が降っても、少しずつ春は来ています。

12030702

ここ2、3日は花粉が辛いです。

目がしばしばします。

12030703

ここの土筆なんて、すでに開いてしまってる。

他と比べても特別に早いような・・・

12030704

見よ!

これが土筆畑だ!

鎌で刈れるほどの大量の土筆発見。

春です。

| | コメント (0)

2012/03/04

J2観戦 愛媛FC VS FC町田ゼルビア

     2012年3月4日

J2リーグ 第1節
愛媛FC VS FC町田ゼルビア  愛媛・ニンジニアスタジアム

2012年、J2リーグ開幕!
愛媛FCの初戦はホームで新規J2加盟の町田ゼルビアとの初戦。
愛媛はなんと10人の新加入選手がいる。
キャンプ中の練習試合やプレシーズンなどの結果は負けなしで
なんとも期待の出来るシーズンになりそうだ。

12030401

天気予報は雨。
小雨程度でいてくれればいいけど。

12030402

スタジアムに入ってみると、オレンジ軍団がこんな感じ。
待ちわびた開幕戦に超興奮状態。
雨なんか降りそうにない。

12030403

町田からも多くのサポーターが。
手持ちの風船、この後みんなで割っていました。

12030404

16時、キックオフ。
新加入の有田と小笠原のツートップ発進。

そして、帰ってきた!アライール!!!

12030405

11人中実に7人が今期加入のメンバー構成。
キャプテンマークはDF前野。
さて、どこまで楽しませてくれるだろうか?

12030406

開始早々、7分くらいだろうか?
DFアライールがセットプレーからヘッドでゴーーール!
愛媛、今期初得点がDFのアライール。
しかも、帰ってきた!アライール!!!

12030407

サポーターは盛り上がるも、早い先制点の後試合は降着渋滞。
追加点が欲しい。

12030408

前半戦は1-0のまま動かず、折り返し。
後半が始まることにはナイター照明が点灯。
雨も段々多くなってきた。

12030409

これは愛媛の追加点。
いかにも7番のキャプテン前野が得点?のシーンに見えるが・・・
2点目は相手のオウンゴールによるものだ。

これで2-0と優位にした。

12030410

ドンマイ。

12030412

12030413

12030414

そのまま2-0で試合終了。
後半は町田がかなり攻めてきたが、自慢のDFで守りきった。
今回センタバックを守った浦田、園田の新加入選手の好守備。
サイドから攻撃的にアライール。FWからのコンバート?内田健太のサイド攻撃。
トミッチのゲームメイク、キーパー秋元の好セーブと今期の愛媛は面白いぞ!

12030415

町田の監督、オズワルド アルディレス、アルゼンチン人監督。
選手としてアルゼンチン代表でワールドカップ優勝も果たした。
世界のリーグを渡り歩き歴史を残した。
監督としてもJリーグを始め母国やアジア、イングランドなどでも指揮を執る。
我が輩はよく知らないが息子はこの人のことよく知っていた。
今日は愛媛の出待ちではなく、町田の方で監督へサインをおねだりです。
バスに乗りかかったが気持ちよく応じてくれました。

ということで愛媛FC初戦は勝利です。

********************************************************
Yahooスポーツより

Jリーグでの記念すべき初戦に臨む町田をホームに迎えた愛媛。
立ち上がりからペースを握ると、前半6分にセットプレーからアライールの
ヘディングシュートが決まって早々に先制する。思うようにボールを前線に
運べない相手を内容で圧倒し、後半17分には、アライールのクロスが
オウンゴールを誘発して追加点。その後も危な気ないゲーム運びを見せ、
勝点3を獲得した。対するアウェイチームは、終盤の攻勢も及ばず。
初勝利はお預けとなった。

********************************************************

愛媛サポーターにとっては気持ちの良い雨になった。
一方、町田サポーターには冷たい雨になっただろう。
遠い所お疲れ様でした。

さて、今年はいっぱいいくぞ!
2010シーズンは結構いけたのだが、2011シーズンは少なかったな。
2012シーズン、どれだけ行けるだろうか?

| | コメント (0)

2012/03/03

今日も50mm

12030301

今日も50mmをつけて撮り歩きました。

12030302

12030303

12030304

12030305

12030306

12030307

ソフトフォーカス&トイカメラに加工しています。
ふんわりした優しい感じに。

12030308

12030309

ラフモノクロ

12030310

なんとなく、50mmがわかってきた。
簡単だけど難しい。
面白い、と思う。

| | コメント (0)

2012/03/02

絵馬、単焦点50mm

12030201

さすがのボケです。

さて、今日は曇りだけど単焦点レンズに慣れるべく
被写体を探して。

とある神社の一角にて。

12030202

ズームがない単焦点レンズ、距離感は足で稼ぐのが鉄則。
自分の欲しい構図になるように姿勢や距離を考えなければならない。

それが単焦点のおもしろさらしい。

とりあえず、覗いてみる。
確かに距離感が難しい。
というか、APS-Cタイプといって撮像素子の大きさで分類される。
難しい話だが50mmのレンズでも35mm換算で1.6倍の80mm程度の
ちょっとした中望遠のレンズに値するというのだ。

なるほどね。思った以上に離れないといけない。

12030203

でもさすがのF値1.8のレンズ。

ボケ味は良いですね。
しばらくこれ中心で使ってみよう。
ほんと、はまる人ははまるみたいですよ、単焦点。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »