« 母校、西中学校へ | トップページ | バイク、修理に四万円 »

2010/05/05

伊吹島、島四国へ

10050401

観音寺市伊吹島で毎年おこなわれている「島四国参り」。
旧暦の3月21日とやらにあたる日におこなわれるらしいのです。

今年はGWのまっただ中の5月4日。
大混雑するのだろうか?

観音寺から島へ渡る船もこの日は増便して輸送する。
1便は6:15だ。これには乗っておきたいので5:30には家を出た。

10050402

6時ちょうどくらいに観音寺港に着いた。
間に合った・・・がすごい人。

その後、定時が来ても船は来ない。
6:30・・・まだ来ない。

聞いてみるとあまりの人の多さですでに先発隊は定時前の5時50分頃出発したらしい。
最初の方の人は4時台にはここに来ていたらしい。

ニュー伊吹号はどうやら1艘でピストンするらしく。
片道25分、定員を超えるほどの人の乗り降り・・・・帰ってくるまでに1時間以上かかる。
我々は2便に乗ることが出来たが、出発7:30頃になった。

実に疲れた。
誤算というか、想定外の「待ち」を朝早くに・・・

10050403

ニュー伊吹、片道500円也。
この日は満杯状態。定員300に対して恐らく500近い乗客だったのでは?

10050404

おおっ!

大歓迎だ!
島の小学生達もお迎えに来てくれている。

10050405

まあマップはあるのだが、とりあえず前の人について行く形で十分だ。
流れに乗って行くのがベスト。

10050406

通常は農機具だろう。
狭い坂道の多い島では威力を発揮するのでしょうね。

10050407

まず一行は「泉蔵院」へ向かい、そこにある1番から遍路をする。

10050408

まずはここから。

10050409

上分で参った88カ所と変わらない感じのお地蔵さんですね。

10050410

一気に坂を登った。
気がついてみるとこんなに高台にいた。

10050411

早速のお接待を。
この辺りで8:30。
船は2便目が到着しているので平均400人が乗ってきたとして
この時間ですでに800人の遍路が島に来ていると言う計算だが・・・
こりゃあお接待も大変だろうな。

10050412

島に来てすぐに気がつく。

「ヘルメットは?」

この島にはヘルメットがない。
かぶってないのではない。ヘルメットがないのだ。
みるバイクはすべてノーヘルだ。
駐在さんの前を通るときでもノーヘル。しかも双方まったく気にしてない。

しかもこのご主人さん、3人乗りって・・・

10050413

さあ、遍路を続けよう。
島の特産物はもちろん「島いりこ」。
讃岐うどんには欠かせない伊吹のいりこである。

お接待もあるが、直売所もあり大人気だ。

10050414_2

こんな感じで海岸線に立ち並ぶ。
一つ一つ丁寧に手を合わせる人もいる。
我が輩の場合はまとめて「あんあん」。

10050415

かごに入れられたお菓子。
「お一人お一つどうぞ」ってな訳だが・・・
中には二つ・・・なんて人もいたような。
その人なりの遍路だから仕方ないけどね。
もうこの時間で空の接待所もありました。

10050416

「ズボン」!!!!

何だろう?

まさにズボンでしたけどね。
まさかここに来てズボンは買わないでしょう・・・・

10050417

途中、階段を登ってお参りする。

10050418

ここでは豆大福のお接待。
帰ってからいただきましたが大変おいしゅうございました。

10050419

島には自動車は少ない。
たしかに通れるところも少ないし、島からも容易には出られなさそうだ。

10050420

おおっと!!!!

よく見ると4人乗り!
このときにはノーヘルなんてもう目じゃないっすよ!

10050421

まさに「さぬき百景」。
まだ走ってそうなバイクにはナンバープレートがない。
もちろんかごにもどこにもヘルメットは見あたらない。

10050422

実は遍路の途中だが、真浦港にさしかかったときにすでに帰りの船待ちの行列が。
先に進まずに我々は途中で遍路を断念。

朝の想定外の船待ちの疲れ。
と、お地蔵さんの番号が分かりづらいのが原因。

依然「上分新四国」ではきちんと整備され立て看板で「○○番、○○寺」って
書いてあったので収集マニアにはたまらないシチュエーションだったんだが、
この島四国ではおおざっぱに置いてあるような気がして順番も前後してたり・・・
ちょっと信仰心の薄い人には楽しみにかける内容だった。

関係者の方、もしみていたら、やるべきです。
必ずしも信仰心だけで来ていないって事を踏まえて、きちんと番号を打ち、
順番に「次は何番だ」とワクワクしながら、宝探しのように楽しめるのも
大事じゃないですか?

勝手にリサーチしました。
 「信仰心重視」は1割弱。
 「お接待目当て」が5割
 「観光」が1割
 「マニア(写真や収集)」が少々
 「運動がてら」にが2割
だと思います。

10050423

島の駐在さんもお見送りに。

10050424

ごくわずかですが白装束の方も。

10050425

わずか2時間弱の滞在でした。
ちょっとイメージの悪い旅でしたね。
期待はずれというか・・・・

大きく宣伝して観光化せずに、信仰心重視で続けていくべきだと思いました。
賛否両論あるでしょうが、せっかくの島の環境、風景なので上手にするべきですね。
まあ、市民じゃないしね。一興味本位の観光客の意見でした。

あと、ええおっさん、ええおばはんのマナーの低下が気になるわ。
ほんま、アホばっかりかとおもてしまうわ。
そんな大人は外に出歩くな、ほんまに。自己中もええ加減にせえや。

10050426

さて10時半頃には観音寺市内へ戻ってきました。

先日、回った路地裏を今日は家内と共に。
まずは「山地蒲鉾」さん。

10050427

今日のアツアツ揚げたては「たこ天」、100円也!
熱々でプリプリで、うまい!

10050428

そして、名前は知らないけど「手焼きせんべい」さんへ。
老夫婦が二人三脚手焼きで焼き上げたせんべいがうまい。
たまご、しょうが、ピーナッツ、空豆、みそ・・・などどれもうまい。

店の中で注文して話していると試食でもたくさんのせんべいがいただける。
さっきの蒲鉾とここのせんべいでおなかは満足です。

10050429

あんま機。
民家のガレージで発見。

昔、ちょっと金持ちの親戚の家には必ずあったな。
子供達は横の調整用のハンドルで「タクシーごっこ」したり・・・・・

10050430

途中でやめたし、すでに品切れもあったが
二人で回っていただいたお接待です。
感謝です。ここでも割り込んだりするのはええおっさん、ええおばはんですね。

信仰心もくそもないわ。

|

« 母校、西中学校へ | トップページ | バイク、修理に四万円 »

ふらっと旅する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母校、西中学校へ | トップページ | バイク、修理に四万円 »