« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/30

J2観戦 愛媛FC VS ヴァンフォーレ甲府

2010年5月28日

J2リーグ 第15節
愛媛FC VS ヴァンフォーレ甲府  愛媛・ニンジニアスタジアム

前回からちょうど1ヶ月ぶりの観戦。
W杯前のホーム最終戦。1ヶ月以上の休みに入る。

相手は来年はJ1昇格も見えているヴァンフォーレ甲府。
現時点で柏に次いでリーグ2位。強敵だ。
でも今年の愛媛は違う!最高のディフェンス、上がりつつある得点力。
とても楽しみな1戦。

19:00キックオフなので仕事を終えて速攻でニンスタへ。

10052901

目標入場者数13000人を目標に掲げて、CMなど打ってきた今節、
臨時駐車場もあるし、かなり大がかりなアピールだ。 

さて、目標人数は達成できたのだろうか?

10052902

さすがに多い。
我々がついたのはキックオフ20分前。
すでにホーム側の客席は満杯状態だ。

盛り上がり、いい雰囲気だ。

10052903

選手入場。会場が揺れるくらいの大歓声。

10052904

リーグ2位の甲府の選手達。

10052905

対する1万人のサポーターをバックに愛媛陣。

10052906

入場者数の発表だ。
1万630人!
目標達成はならずだが、1万人越え。
ちなみに、通常ゲームでは3~4千人です。
分かりますか?倍以上の観客が来ています。

ものすごいです。

100529071
100529072
100529073
100529074
100529075

今日の連写は我らが福田健二。
敵陣へ右サイド突破も厳しいマークに崩された。

愛媛・杉浦がゴール前競り勝って先制点!
しかし前半33分に甲府・ハーフナー・マイクに同点弾を浴びる。

10052908

1-1の同点のまま後半戦は進む。
途中、バルバリッチ監督が抗議により退席処分。
カードが多い嫌なムードの試合が続くがどちらも一歩も引かない好試合。

FW福田をさげてFWジョジマールを投入して逆転にかかる。
硬直状態が続く。

リーグ2位の甲府を相手に同点の「勝ち点=1」が見えた瞬間。
後半ロスタイムにまたもやマイクのゴールで逆転される。

さらに猛攻するもそのままホイッスルで試合終了。
内容は良かっただけに残念な逆転負けだ。

10052909

背番号14番、今日2得点の ハーフナーマイク。
こう見えても日本人ですけどね・・・・
実に194センチの長身から思いの外、速い動きで敵を翻弄するのである。
昨シーズンはサガン鳥栖でプレー。

10052910

今日は、選手出待ちをしてみました。
今日の入場者数なら駐車場もものすごい混雑だろうからね。
同じ時間使うなら出待ちでもと言うことで。

監督始め、選手達は快くファンサービスに応えてくれました。
息子もサインをたくさんもらえて大喜びです。
ますます愛媛FC、大好きになりました。

********************************************************************

Yahooスポーツより抜粋

リーグトップの得点数を誇るアウエーチームに対し、堅守が持ち味の愛媛は、
攻撃の起点へのプレスによって相手のポゼッションを許さない。そうして得たカウンターの
チャンスから決定機を迎えるなど、度々ゴールに迫り、前半17分には左CKから、杉浦の
ヘッドで先制点を奪う。攻めあぐねる甲府も同33分、右サイドからのFKでゴールを奪い、
同点に。その後も一進一退の攻防が続いたが、後半47分、右サイドの敵陣浅い位置からの
FKを、山本がファンブル。こぼれたボールをハーフナーが蹴り込み、甲府が今季10勝目を飾った。


********************************************************************

今日の結果はともかく、なんせ今年はちょっと違うから
シーズン終わりには満足感でいっぱいなんじゃないかな?
まだまだ楽しみです。JリーグもW杯でお休みですがまた来たいです。

| | コメント (0)

再会、五十一

10052801_2

5月28日、四国中央市「吟醸倶楽部」。
大阪発、全国津々浦々旅するミュージシャン「五十一(いそいち)」さんです。

10052802_2

本番前の主を待つ機材達。

10052803_2

スライド奏法という特殊なスタイルでの弾き語りライブです。

10052804_2

小指にスライドバーをはめて。

10052805_2

メタルボディーの「ドブロギター」

最後にユーチューブでの動画です。

今年は5枚目のアルバムをレコーディングするそうです。
期待してます!

| | コメント (0)

2010/05/20

破壊専用ギター!!

100520

ありそうでなかった・・・
ただいま品切れ中。

サイトはこちら。←音が鳴ります。

パフォーマンスとはいえ別に壊す必要はなさそうだが・・・
でも、壊す専用なのでいいか。

| | コメント (0)

2010/05/17

五月晴れ

1005171

ちょっと変わった花弁の花を見つけた。

そんなわけで最近、晴れの日が続いて気持ちいい。
まさに五月晴れですね。
明日くらいから崩れそうな予報なのだが・・・・

1005172
1005173

| | コメント (0)

2010/05/14

マンホールの魅力

10051401

マンホールもおもしろいよね。

さすが紙の町だけあって折り鶴ですね。

10051402

最初のと似てるようだけど・・・
市のシンボルが旧川之江市の物ですね。
ちなみに最初の方は四国中央市の物ですね。

10051403

今度は大量のツル。

10051404

一見同じなのだが、「おすい」という表示がない。あるいは消えている。
縁取りの柄もあるのとないのとでは印象がずいぶん違うなぁ

10051405

シンプルでいいですね。縁取りもこれ、いいですね。

10051406

小振りなタイプ。

10051407

蜂の巣状。

10051408

蜂の巣状、大。

色々あんなぁ~
旧伊予三島も見てみないといけないな。

| | コメント (0)

2010/05/13

路地裏の魅力

1005141

昼休みの限られた時間。
40分弱、路地裏を歩く。

1005142

タイムスリップしたかのようだ。

1005143

「書道ガールズ」ロケにも来ていたと思う。

1005144
1005145

いいですね。路地裏。

| | コメント (0)

2010/05/09

バイク、修理に四万円

100508

2万キロを越えた通勤バイク。

壊れた箇所や気になるところがあったのでメンテナンス修理へ。
タイヤ前後、バッテリー、そして完全に縮んでしまったショックアブソーバー交換。
エンジンの調子が悪かったので見てもらったら吸気系のパーツの破損が見つかる。
リアのブレーキのパット交換。

1点、時折変な動きをするスピードメーターは原因不明。
どうしても直すならメーターパネルを換える必要があるとのこと。
今回は断念。

しめて4万2千円もの大手術。
まあ、まだまだ乗らないといけないからね。

| | コメント (0)

2010/05/05

伊吹島、島四国へ

10050401

観音寺市伊吹島で毎年おこなわれている「島四国参り」。
旧暦の3月21日とやらにあたる日におこなわれるらしいのです。

今年はGWのまっただ中の5月4日。
大混雑するのだろうか?

観音寺から島へ渡る船もこの日は増便して輸送する。
1便は6:15だ。これには乗っておきたいので5:30には家を出た。

10050402

6時ちょうどくらいに観音寺港に着いた。
間に合った・・・がすごい人。

その後、定時が来ても船は来ない。
6:30・・・まだ来ない。

聞いてみるとあまりの人の多さですでに先発隊は定時前の5時50分頃出発したらしい。
最初の方の人は4時台にはここに来ていたらしい。

ニュー伊吹号はどうやら1艘でピストンするらしく。
片道25分、定員を超えるほどの人の乗り降り・・・・帰ってくるまでに1時間以上かかる。
我々は2便に乗ることが出来たが、出発7:30頃になった。

実に疲れた。
誤算というか、想定外の「待ち」を朝早くに・・・

10050403

ニュー伊吹、片道500円也。
この日は満杯状態。定員300に対して恐らく500近い乗客だったのでは?

10050404

おおっ!

大歓迎だ!
島の小学生達もお迎えに来てくれている。

10050405

まあマップはあるのだが、とりあえず前の人について行く形で十分だ。
流れに乗って行くのがベスト。

10050406

通常は農機具だろう。
狭い坂道の多い島では威力を発揮するのでしょうね。

10050407

まず一行は「泉蔵院」へ向かい、そこにある1番から遍路をする。

10050408

まずはここから。

10050409

上分で参った88カ所と変わらない感じのお地蔵さんですね。

10050410

一気に坂を登った。
気がついてみるとこんなに高台にいた。

10050411

早速のお接待を。
この辺りで8:30。
船は2便目が到着しているので平均400人が乗ってきたとして
この時間ですでに800人の遍路が島に来ていると言う計算だが・・・
こりゃあお接待も大変だろうな。

10050412

島に来てすぐに気がつく。

「ヘルメットは?」

この島にはヘルメットがない。
かぶってないのではない。ヘルメットがないのだ。
みるバイクはすべてノーヘルだ。
駐在さんの前を通るときでもノーヘル。しかも双方まったく気にしてない。

しかもこのご主人さん、3人乗りって・・・

10050413

さあ、遍路を続けよう。
島の特産物はもちろん「島いりこ」。
讃岐うどんには欠かせない伊吹のいりこである。

お接待もあるが、直売所もあり大人気だ。

10050414_2

こんな感じで海岸線に立ち並ぶ。
一つ一つ丁寧に手を合わせる人もいる。
我が輩の場合はまとめて「あんあん」。

10050415

かごに入れられたお菓子。
「お一人お一つどうぞ」ってな訳だが・・・
中には二つ・・・なんて人もいたような。
その人なりの遍路だから仕方ないけどね。
もうこの時間で空の接待所もありました。

10050416

「ズボン」!!!!

何だろう?

まさにズボンでしたけどね。
まさかここに来てズボンは買わないでしょう・・・・

10050417

途中、階段を登ってお参りする。

10050418

ここでは豆大福のお接待。
帰ってからいただきましたが大変おいしゅうございました。

10050419

島には自動車は少ない。
たしかに通れるところも少ないし、島からも容易には出られなさそうだ。

10050420

おおっと!!!!

よく見ると4人乗り!
このときにはノーヘルなんてもう目じゃないっすよ!

10050421

まさに「さぬき百景」。
まだ走ってそうなバイクにはナンバープレートがない。
もちろんかごにもどこにもヘルメットは見あたらない。

10050422

実は遍路の途中だが、真浦港にさしかかったときにすでに帰りの船待ちの行列が。
先に進まずに我々は途中で遍路を断念。

朝の想定外の船待ちの疲れ。
と、お地蔵さんの番号が分かりづらいのが原因。

依然「上分新四国」ではきちんと整備され立て看板で「○○番、○○寺」って
書いてあったので収集マニアにはたまらないシチュエーションだったんだが、
この島四国ではおおざっぱに置いてあるような気がして順番も前後してたり・・・
ちょっと信仰心の薄い人には楽しみにかける内容だった。

関係者の方、もしみていたら、やるべきです。
必ずしも信仰心だけで来ていないって事を踏まえて、きちんと番号を打ち、
順番に「次は何番だ」とワクワクしながら、宝探しのように楽しめるのも
大事じゃないですか?

勝手にリサーチしました。
 「信仰心重視」は1割弱。
 「お接待目当て」が5割
 「観光」が1割
 「マニア(写真や収集)」が少々
 「運動がてら」にが2割
だと思います。

10050423

島の駐在さんもお見送りに。

10050424

ごくわずかですが白装束の方も。

10050425

わずか2時間弱の滞在でした。
ちょっとイメージの悪い旅でしたね。
期待はずれというか・・・・

大きく宣伝して観光化せずに、信仰心重視で続けていくべきだと思いました。
賛否両論あるでしょうが、せっかくの島の環境、風景なので上手にするべきですね。
まあ、市民じゃないしね。一興味本位の観光客の意見でした。

あと、ええおっさん、ええおばはんのマナーの低下が気になるわ。
ほんま、アホばっかりかとおもてしまうわ。
そんな大人は外に出歩くな、ほんまに。自己中もええ加減にせえや。

10050426

さて10時半頃には観音寺市内へ戻ってきました。

先日、回った路地裏を今日は家内と共に。
まずは「山地蒲鉾」さん。

10050427

今日のアツアツ揚げたては「たこ天」、100円也!
熱々でプリプリで、うまい!

10050428

そして、名前は知らないけど「手焼きせんべい」さんへ。
老夫婦が二人三脚手焼きで焼き上げたせんべいがうまい。
たまご、しょうが、ピーナッツ、空豆、みそ・・・などどれもうまい。

店の中で注文して話していると試食でもたくさんのせんべいがいただける。
さっきの蒲鉾とここのせんべいでおなかは満足です。

10050429

あんま機。
民家のガレージで発見。

昔、ちょっと金持ちの親戚の家には必ずあったな。
子供達は横の調整用のハンドルで「タクシーごっこ」したり・・・・・

10050430

途中でやめたし、すでに品切れもあったが
二人で回っていただいたお接待です。
感謝です。ここでも割り込んだりするのはええおっさん、ええおばはんですね。

信仰心もくそもないわ。

| | コメント (0)

2010/05/03

母校、西中学校へ

  10050302

今朝の散歩は西中学校まで懐かしい通学路をたどってみた。
歩道橋は昔からあったが国道の大幅なチェンジと共に歩道橋も大きくなった。

しかし、歩道橋にも名前があるとは・・・
  「中之庄コスモス歩道橋」

10050303

我が輩が卒園した「中之庄幼稚園」だ。
昨年度一杯で廃園に。

10050304_2

取り壊しが決まっているのですでに解体中。
なんか寂しい・・・

10050305

良く通った駄菓子屋さんは今はもうない。
駄菓子屋さん跡を過ぎると「持福寺」。

10050306

さらに進むと荒神森(こうじんもり)があり、そこには荒神社がある。
昼間でもうっそうとして気味が悪いのだが、中学時代は隠れ家的な存在だった。

10050307

なんとも芸術的な木だ。幹の感じは松に見えるのだが?
蛇女ゴーゴンとか連想させられるなぁ。

10050308_2

登りも段々きつくなって西中学校のすぐ下にある「光明寺」。
ここには自転車通学でもないのに自転車で来てここの裏に隠してました。
もちろん先生の見回りとたれ込みですぐに見つかりますが・・・

10050309

いよいよ西中名物「心臓破りの坂」。
マラソン大会とかのラストにこの坂はホントきついです。

10050310

ぶらり40分くらいで到着。

10050311

朝8時だというのにすでに生徒がサッカー練習中。

10050312

帰り道はずっと下り道。

10050313

今日もすがすがしい青空。

10050314

このジムニー、古いなぁ。
でもこの飾り付けはどうだろう?

10050315

良く剃れそうです。
納得。

10050320

えらい限定的な駐車場だ。
アルトじゃなきゃだめなの?

10050301_2

今日のデータは、5.6kmで1時間15分で286kカロリー。
高低差は実に87mでした。

| | コメント (0)

2010/05/02

CPCガラスコート、メンテ

100502201_3

CPCガラスコートのメンテナンスの時期がきました。
6ヶ月に一度のメンテナンスをすることで最大5年間の新車の輝きを保証してくれる
というもので、ほぼ半年なので連休にやっておくことに。

100502202

黄砂でボディーはご覧の状態。

100502203

まあ、まずは洗車。水洗いです。

拭き取ったら、メンテナンスクリーナーを部分的に塗ったら拭き取る。
塗ったら拭き取る。ドア一枚塗ったら拭き取る。

てな具合で一気に塗って一気に拭き取るのではなく部分的にやっていく。
通常のワックスやコーティング剤と同じで炎天下での作業は禁物。
木陰でコツコツとやっていく。

特に乾くまで待つ必要もないので割と簡単に作業は進んでいく。
拭き取った後はご覧のように鏡のように物を写し込みます。

100502204

2週間くらい前にバイクで転倒してあばらを痛めているのでなかなか力が入らない
のだが、昔流行ったイ○ンコートなどから比べるとずいぶん拭き取りが容易になった。

100502205

ピッカピカになりました。

今回は窓ガラスに市販の撥水コートを全面に施行。
タイヤクリーナーでタイヤも真っ黒に。
さらには室内クリーニングと言った具合で久々の洗車機以外での洗車に
多少お疲れモード。でもこの輝きを見ると良かったなって思います。

100502206

早速、ホンダのマイページの「交換」を更新しました。
交換時期を設定しておくとカーナビが知らせてくれます。

次回は秋頃にオイルとエレメント、そしてガラスコートのメンテナンスですね。 

| | コメント (0)

GW短期集中燃焼系

10050201

週末、仕事の最終日には帰りにうどん屋へ立ち寄って至福の時を過ごしていた。

だが、今週はコンビニでこのようなダイエット関連の食材を買ってみた。
昨夜の夕食は抜きで。今朝はカロリーメイトを2本。
そして朝の散歩に出かけた。

10050202
街の風景を気の向くままに・・・

10050203
別にメッセージもないけど、ウォーキングの励みになります。

10050204
浜の開発地区へ。

10050205
穏やかな湾、停泊中。

10050206
こないだまでは海だった。

10050207
そりゃぁ、鳩だってまばたきするよ。

10050208
オレンジ好き。

10050209
チェ・ホンマンは無理?

10050210
階段

10050211
10050212
なんで、低俗な落書きをするのだろうか?

10050213
除草剤? 除草済み?
言葉の流れからだと「除草剤散布中」だろう。
上の落書きよりはよっぽどマシだけど・・・

10050214
ある意味落書き?
カラード・ドア・ミラー・・・でもマジック塗りはいかんぜよ!

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »