« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/30

アンプラグドナイトにて

09112801

久しぶりのフルバンド編成のザ・ルーズ。

この日をもってドラムのTOSHIが諸事情により脱退。
このメンバーでのライブは最後になりました。

09112802

最高の夜でした。

| | コメント (0)

2009/11/27

アンプラグドナイト Vol4

4

今回で4回目。
おかげさまで毎回出場させてもらってます。

今回の the LOOSE は全員集合のバンドスタイルで出場します。
1時間程度の時間をいただいております。

お近くの方、ぜひお越しください。

| | コメント (0)

2009/11/25

ワインディング走行性能

09112311

先日、富郷渓谷へ紅葉を見にでかけた。
道中、国道319号線はシビアなカーブもあるワインディング・ロード。

ストリーム1.8 RSZの走行性能を体感してきた。

09112312

若干気になるのは突っ込んだときのアンダーステア。
FF車だからこの辺は仕方ないのだろうか。

足回りもそこそこチューンされていて横方向のロールが少ない。
オデッセイには劣るものの低重心ミニバンの威力を発揮か。

09112313

まあ、元々走らせる車ではないので合格点を出しても良いだろう。
登り時の踏み込んだ時のノッキングはやはりある。
1.8ではなく2.0をチョイスすればそこら辺は軽減されるであろう。

室内騒音もなく、きびきびした走りで実に心地良い。
次はパドルシフトでマニュアルそうこうを試してみよう。

09112314

| | コメント (0)

2009/11/24

11番 藤井寺

Shikoku11

残り3つの空白を埋めるとこのパズルは完成する。

地理的に11番は、向山公園付近だろうと絞り込んでバイクを降りて
周辺を探索した。

Shikoku112

川沿いの墓地へと続く道。
「上分村境」とあるように昔の村境なのだ。

期待を胸に先に進むとありました。

新四国第十一番 藤井寺

Shikoku113

この発見で、残すは65番と84番になりました。
どこにあるのだろう?

撮影日:2009/10/19

| | コメント (0)

2009/11/23

富郷渓谷へもみじ狩り

09112301

3連休最終日、絶好の晴れ。

四国中央市の富郷渓谷へカメラをもって一人でぷらっと出かけた。

09112302

国道319号線を進み、法皇トンネルを越えたところの滝のあるポイントに立ち寄る。

09112303

雨上がりで空気が澄んでいてそれでいて滝の水量もある。
滝の撮影には絶好の日和ではなかろうか。

09112304

午前中とはいえ晴天で光量はありすぎ、フィルターをかけて絞りを稼ぐが
シャッター速度は1秒から2秒までが限界。

09112305

滝壺付近まで近寄ってみる。

09112306

滝を楽しんだ後は金紗湖へ。

09112307

行楽日和なのであちこち、家族連れやらカメラをもった老夫婦などが結構いました。

09112308

地元なのに始めてきました。
この藤原大橋は富郷キャンプ場の上空にある。
歩いて橋を渡ってみるが、足がすくむ。

09112309

ここも始めて。
富郷ダム。

09112310

中学時代夏には必ず来ていたキャンプ場。
富郷渓谷のシンボルの巨大岩。「見返り岩」。今もなお健在。
下から見上げると度迫力!

そんな訳で2時間程度の撮影の旅。
風景写真に限らず、肉眼で見た感動をファインダー越しに撮影すると
狙い通りの絵が撮れていないことがほとんど・・・

同じアングルで設定を変えて撮ってみたり、枚数を気にせず撮れるデジカメだが
結局帰ってみると使える写真が少ないのが現実。

もっと、撮り歩きをしないといけないですね。

| | コメント (2)

83番 一宮寺

Shikoku83

82番と並んである。

新四国第八十三番 一宮寺

Shikoku832

車も通れる道なんだけど、何故か通っていなかった。
ここにきて2体同時の発見は嬉しい。

残すは3カ所!

撮影日:2009/10/16

| | コメント (0)

82番 根香寺

Shikoku82

さあまた昼休みの探索が始まる。

といっても、ほとんどの道を通ったはずなんだけどな。
でも、ありました。
まだ通ってなかったところが・・・

割と目立つ場所に2体並んでありました。

新四国第八十二番 根香寺

Shikoku822

しかしこのお寺さん、 「ねごろじ」 とは読めないですよね。

撮影日:2009/10/16

| | コメント (0)

2009/11/22

シルバーアクセサリー

0911210

家内が数年前からやっている「アートクレイシルバー」。
銀の粘土を形成して指輪やペンダントトップなど銀細工を施し焼き上げて銀に仕上げる。

我が輩も家内の手作りの大型の指輪をライブの時などにははめている。
0911218

ブランド物でちょっと有名なアーティストの作品ならざっと5~6万はするだろう。
昨日は会社の同僚が指輪に興味を示したので家内の都合も調整して
一緒に作ることに。

0911211

7g入りの元になる粘土。
乾燥が早いので準備が整ってから開封する。
これ一袋あれば通常サイズの平リングあたりなら十分作ることが出来る。

0911212

このように幅と厚みを決定して均等に伸ばすところから始まる。
焼き上げの際に1割程度収縮が起こるので気持ち広め、厚めに形成。

0911213

指輪のサイズは目標サイズより2サイズ大きいサイズで整えていく。
このときに空気の層があったりくぼみやヒビがあると焼き上げの際に失敗するので慎重に。

0911214

彫り込みや飾り、表面の仕上げなど納得いくように仕上げ、十分乾燥させたら
アートクレイシルバー専用の焼き釜で10分ほど焼く。

0911215

割れることもある・・・

ドキドキしながら釜を開ける。
成功だ!

これは同僚のデザインで、黄色い石が4個、猫の肉球をデザインした。

0911216

この後は銀色に仕上げていく。
まずは機械を使って研磨。
表面がなめらかに輝くとクリームをつけてクロスで磨き込む。

0911217

見事、完成です!

初めての経験で、おしゃべりをしながらブレイクタイムを含めて8時間ほどで
仕上がりました。

自分デザインのシルバーリングが出来たので大喜びで帰ってもらいました。
我が輩も平行して作成中です。

| | コメント (0)

85番 八栗寺

Shikoku85

山間部は繋がった。
後は65番・三角寺を残して他は恐らく平野部にあるであろう。

場面は変わって上分町の平野部へ。
しかしながらこの辺りは平日バイクでかなり回っているのである。
あれだけ探しても見つからなかったのに・・・本当にあるのだろうか?

細い路地の奥にお地蔵さんの背中と看板の一部が見えた。
とても入り込んだ場所だ。

新四国第八十五番 八栗寺

Shikoku852

どの方向からも私有地を通らないと行けない感じです。
田んぼの地主さんも「田んぼを通らないでください」という看板を上げていた。
この85番の巡礼に皆さん田んぼを横切ったりしてるんでしょうね。

注意書きがあったので民家の路地を抜けてあぜ道からアクセスしました。
このあと65番のあるであろう方向へいくも、発見に至らず。
泣く泣くこの日の検索を終える。

連休も終わり、後は地道にローリング作戦で見つけ出そう。
あと5カ所!!!!

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

57番 栄福寺

Shikoku57

一つずつパズルを埋めていく作業。
大変だが埋まっていくととても楽しい。

この旅もそろそろ終盤。

新四国第五十七番 栄福寺

Shikoku572

山中に案内板を見つけ、確信を持って先へと進む。

Shikoku573

恐らく山頂だろう。
この先で下り道へと繋がるのだが、先の58番はすでに見つけてあるので
今回はここで来た道を引き返す。

そういえば、58番は気味の悪い場所だったな・・・
本当にあそこに繋がっていくのだろうか?

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

2009/11/17

ユーフェスタ2009

091115

4人でのアコースティック編成 the LOOSE です。

いいイベントなんだけど、10分の持ち時間はバンド組にはちょっと辛いです。

| | コメント (0)

2009/11/16

一週間も前の話だが・・・

091108101

11/8日のこと。

松山へサッカー観戦へ行く途中に寄った「西山興隆寺」の紅葉。

「色づき始め」という情報でしたが一部で紅葉が見られました。

091108102

お遍路さん8割、もみじ観光2割といった具合の人手。
道中、屋台なども出ていましたが・・・・

091108103

ほとんどがこのような階段で・・・
しんどいです。

今の情報では「紅葉見ごろ」となっているので、もう一度行ってみたいですが・・・

| | コメント (0)

56番 泰山寺

Shikoku56

55番の後、高速道路の橋を渡り向かいの山へと入っていく。

Shikoku562

Shikoku563

Shikoku564

なんて読むのだろうか?

この橋を渡ってすぐ左方向へと登っていくとすぐに出てきた。

新四国第五十六番 泰山寺

Shikoku565

さあ、目指すは57番!
先へと進む。

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

55番 南光坊

Shikoku55

山頂らしきを越え、若干の下り道。
高速道路を走る車の音がする。

高速道路が見えかけたころ、55番はありました。

新四国第五十五番 南光坊

Shikoku552

案内板通りに56番を目指して先に進む。
56番、57番を見つけると先に見つけた58番につながっていく。

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

2009/11/15

本日、ユーフェスタ2009

2009

前日リハーサルやってきました。

ちょうどゲストの本夛マキさんがリハの最中でした。
ギターの弾き語り、良い感じでしたよ。

お近くの方はぜひお越しください。

| | コメント (0)

2009/11/12

ユーフェスタ2009へ向けて

09111201

11/15 四国中央市のユーホールにて開催される
アマチュアの芸能発表会「ユーフェスタ2009」へ参加します。

今年で2004、2006に続いて3度目の出場になります。
持ち時間10分なんで十分発揮できないまま終わってしまうのですが・・・

そんなわけでそろそろ準備です。

実行委員会として数回の顔合わせや打ち合わせへ開場へいき
「みんなで創る」意識を強調したイベントです。
09111202

とにかくスタッフがすごいのです。
開場専属のボランティア「ユアーズDIO」の方々の経験と知識、そして行動力と結束。
見事なスタッフさんたちです。

そんな方々の力のお陰で成り立っているイベントです。
写真のような台本も手作り、分刻みのスケジュール作成等どこをとっても
完璧ではないでしょうか。さらにすごいのは本番のタイムがずれてこない。
通常のライブは必ずと言っていいほど押しで進むのですがこのユーフェスタは
ほんと、数分の狂いしか生じません。お見事です。

09111203

音響さん、照明さんとも綿密な打ち合わせ。
お任せしておいて十分なんですけどね。
一応希望もありますからお互いに納得いくように打ち合わせです。

で、今回チョイスしたギターはモラレスです。
33Jと比べると低音が少し弱いのですがオールドらしく枯れた音で
ブルースにはもってこいなのです。

おなじみのダダリオ弦、EJ16をセットしました。

| | コメント (0)

54番 延命寺

Shikoku54

道幅30センチ足らずのところもありますが、慎重に歩けば問題なく
先へと進めます。

この54番は上へ上がって戻ってくるパターンの場所。
Shikoku542

この案内板を見落とさないように。

新四国第五十四番 延命寺

Shikoku543

ほぼ山頂付近だろうと思うのですが・・・

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

53番 円明寺

Shikoku53

さらに先へと進みます。
木の枝でできたおとぎの国のようなトンネルもあり、
蜘蛛の巣さえ気にしなければ良い山道です。
次なるターゲット発見です。

新四国第五十三番 円明寺

Shikoku532

ちょっと地図上での位置関係には自信がないですが・・・
結構山頂に近そうなのでこの辺りなのかな?

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

2009/11/09

J2観戦 愛媛FC VS 横浜FC

2009年11月8日

J2リーグ・第48節
愛媛FC VS 横浜FC  愛媛・ニンジニアスタジアム

今期ラスト4試合。
愛媛のホームゲームはあと2戦。
我らが愛媛FCは18チーム中15位と低迷中。
でも、最後まで捨てないで走り続けて欲しい。

そんな中、メインスタンド側のA席の一般シートチケットを2枚もらった。
中学生の息子の分のチケットを買うだけで観戦に行ける。
しかも相手は横浜FC、我が輩は行けなかったが今期2度目の観戦。

キング・カズ は来るのだろうか・・・
どうしてもカズが見たい。
もちろん応援は愛媛だが・・・・
でも、カズダンスもみたい・・・・

09110801

19:00キックオフのナイトゲーム。
前回の横浜FC戦の5845人の来場者に対して3548人とかなり少なめだ。
ここ連続で出場のないカズが来ないと判断してなのか?

09110802

いつもは背中しか見えない選手入場も正面から見える。

09110803

両チーム円陣を組んでいよいよキックオフ!
苦手な横浜FCをどう料理してくれるのか・・・
我が輩が来たホームゲームはこれまで負けなし!

09110804

累積警告で出場停止の FW内村 と負傷の FWジョジマール を欠いた布陣。

09110805

おっと!
我々のすぐ近くで内村選手が観戦中!

試合は横浜に完全にペースを握られた。
相手 FWエデル の動きが良い。
愛媛も時折、ゴールシーンかと思わせる攻撃をするも決定力不足。
0-0で前半を終える。

試合が動いたのは後半28分。
横浜 FW難波 の先制点。

そして横浜は元日本代表選手の 三浦淳宏選手 を投入。
さすがベテラン、動きが非常に柔らかでパスが的確。

今日の連写は横浜 MF三浦 のフリーキックから
愛媛 GK山本 のファインセーブのシーンを。

09110806
09110807
09110808
09110809
09110810
09110811
09110812
09110813
09110814
09110815
09110816
09110817
09110818
09110819
09110820
09110821
09110822

パンチングのあとゴールポストに背中を強打している山本。
今や愛媛の守護神だ。

さらに試合終了間際、後半44分に MF三浦 にシュートを決められ0-2に。
やはり横浜には勝てないのか・・・

ロスタイムが6分もあるも奮闘かなわず0-2のまま試合終了。

09110823

サポーターに挨拶をする今期途中から 望月氏 から受け継いだ 愛媛・バルバリッチ監督。
攻撃的なサッカーをするが、通訳を挟んでの選手とのコミュニケーションはまだ
取り切れていないのか、苦戦が続く。

09110824

席を立つ内村選手。

そして、愛媛ファンには嬉しいニュース。
海外からの凱旋選手で新居浜市出身の 福田健二選手 が愛媛に加入。
今季の出場はないが来期から海外仕込みの技を見せてくれるであろう。

そんな福田選手のサイン会が5時半からあった。
09110825

すごい長蛇の列。
フラッグやユニホームにサインをしてもらった。

09110826

この自信に満ちた目力を!

来年の愛媛FCはちょっと違うぞ!

********************************************************************

yahooスポーツより抜粋

序盤は愛媛がテンポ良くボールをつなぎ、チャンスをつくった。しかし、いずれも横浜FCが
最終ラインで踏ん張り、ゴールを許さない。次第に難波が裏を狙う動きで相手のディフェンスに
プレッシャーを掛け、横浜FCが主導権を握るが、こちらも前半はシュートの精度を欠いてゴールを
奪えなかった。後半に入っても互いにチャンスを迎えては逃していたが、後半28分に難波の
ゴールで横浜FCが待望の先制点を奪取。ロスタイムにも三浦淳が追加点を挙げ、試合を決めた。

********************************************************************

愛媛FC15位と横浜FC16位の順位は入れ替わらなかった。
ただ、我が輩のホーム観戦連勝記録が早くも終わった。
負け試合の後は帰り足も重たいです。

まだ3戦あるが、最後までガンバって欲しい。
そして来年にもさらなる期待をしよう!

| | コメント (1)

52番 太山寺

Shikoku52

51番を越えてからは峰伝いなのか割と平坦な道が続いた。
その道中、52番はすぐに現れた。

新四国第五十二番 太山寺

Shikoku522

この調子で何とか57番まで一気にいきたい。

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

51番 石手寺

Shikoku51_2

恐らく最終の山であり、最大の山であろう山を登る。
50番から先のルートである。

Shikoku512

墓地が終わり、本格的に山道へ入る場所に見えてきた。

新四国第五十一番 石手寺

Shikoku513

このまま進めば金田町側の58番へつながるのだろうか・・・
というか、つながっていくに違いない。もうここしかないんだからね。

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

2009/11/08

ストリーム、1ヶ月無料点検

0911083

ディーラーから案内が来たので持って行ってきました。
基本的なブレーキ周りやハンドル周り、エンジンなどの簡単なチェック。
0911084

この時期で以上があっては困るのだが、当然「異常なし」との診断。
走行距離が1500km弱を1ヶ月にしてはロングランの状況。
これは先日家内が1日で四国1週旅をしてきたからであってレギュラーランではない。
6ヶ月点検までにオイル交換が必要かもということだったが、レギュラーランなら
問題ないであろう。来年4月の6ヶ月点検頃にはちょうど3000kmから多くても4000kmくらい
じゃないでしょうかね。

で、お土産に納車時に撮ったスナップ写真をフレームに入れていただきました。
0911085

Honda Cars 四国中央さん、粋な計らいですね。
ただ、車を売って終わりではなく、やはりアフターケアが車への信頼に結びつくし
何もかも任せておけるという安心感に繋がりますね。

以前、我が輩も中古車販売に携わった身として反省する点も多々ありますよ。
今でも結構な数の顧客とのやりとりや車はもちろん本人さんも覚えていたりしますが、
地元なのに自分が販売した車の数が減ったり、その人が違う車に乗ってたりすると
少し寂しい観もありますが、時も経ち事情もあるだろうから仕方ないのでしょうが・・・
それに新車に比べて乗れる期間もやはり少なくなってきますよね。

皆さん、ディーラーや販売店へはちょくちょく顔を出した方がいいですよ。
単なる客と販売員の関係じゃなくて、車に関してのアドバイザー、パートナーとして
お付き合いしていく方が愛車の鮮度はより保たれます。間違いないです。
クレーム処理だけじゃなくほんの些細な点でも相談に行ってみるのが良いですよ。

決して、ディーラーの人が優れているとか客の方が上に立ってるとかじゃなく、
互いの情報を交換しつつ互いに成長していくのが人にも車にも良いはずです。

さて今日はこれからニンジニアスタジムへ愛媛FC VS 横浜FC戦を観戦に。
途中西条市の西山興隆寺(通称もみじ寺)へ寄って行く予定です。
もちろんルートは インターナビプレミアムで設定していますので、ナビで
データを同期させて出発になります。

| | コメント (0)

洗車機で洗車

0911082

コーティングをしているのでこれまでは手洗い洗車をしていたストリーム。
よっぽど時間があるときは手洗いでも良いのだが、これから寒くなるし手洗いの回数は
減るだろう。もちろん今まで同様セルフGSの洗車機を使うことになる。

洗車機は傷が付くとか洗い残しがあるとか色々論点もあるだろうが、
最近の布洗車機は優れていると思う。

手洗いでも磨けば磨き傷が出来るよ。
手洗いでも洗い残しは出来るよ。 そりゃ数時間かければ綺麗になるだろうけどね。

それより長距離ランの後の虫の死骸と鳥の糞だけはすぐにとっておくのがセオリー。
コーティングはおろか塗装面まで腐敗させるほど酸性が強くて乾けばやっかいな物だ。
それと空気中にある鉄粉。鉄道付近ならなおさら。これはこまめに洗車することで
出来るだけ鉄粉を残さないようにしておくのが良い。

結論から言うと、手洗いがおっくうで洗車間隔を開けるよりは汚れたたんびに
洗車機に放り込んで鉄粉や汚れを除去しておく方がボディーにはベストだと思う。
もちろん週に2回ほど時間をかけて手洗いできる環境の人はその方が
塗装面には優しいであろうが・・・

黒い新車を洗車機に?
なんていう人もいるだろうから持論を述べてみただけだのだが、
ストリームを洗車機に入れる際の注意事項として、ルーフにあるアンテナ。
ラジオやワンセグのアンテナなのだがこれはテープで固定するか
取り外しておかないと破損の可能性があるので注意だ。
0911081

家内は届かなかったそうだが、171cmの我が輩なら後部から手が届く。
ネジ式になっているので柔らかい樹脂製のアンテナ部を左回転で回していくと外せる。
キャップがあって連結部を保護できれば良いんだけどキャップはないのでむき出しだ。
外した状態で洗車機に放り込んで、コネクターの内部が乾いたら元に戻せばいい。

くれぐれもアンテナの紛失には注意だ。
ディーラーで頼むとアンテナだけでも結構費用がかかるらしいよ。

| | コメント (0)

37番 岩本寺

Shikoku37

36番を見つけて先の山道には進まなかった先に37番はあった。
違うルートから38番、39番を見つけたのだがその間にあった案内板・・・
Shikoku372

ここは高速道路の側道だが38番と39番の間に見つけたこの看板。
ちょうどこの位置に突き当たる山道が、明らかに36番があった方向から伸びている。
と言うことは35番、36番を経て山道を登りここにたどり着くのだ。

このまま38番の矢印方向へ進むと登ってきた方向だが
これより左側の山道を降りてみる。
Shikoku373

予想通りありました。
右前方には町並みがうかがえるので間違いなく37番、36番へとつながるのだろう。

新四国第三十七番 岩本寺

Shikoku374

37番から結構急な坂を下っていくと、さっき見てきた36番、35番が案の定ありました。

パズルがどんどんつながっていく。   ・・・快感ですよ、ホント。
これで1番から途中11番だけを除いて50番まで数珠つなぎになりました。

総数は75カ所。 あと13カ所ですね。

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

40番 観自在寺

Shikoku40

先に進む。
この向こうで以前見つけた41番との接点が必ずあるはずだ。

新四国第四十番 観自在寺

Shikoku402

これで38番から50番まではつながった。
前回はこのルートの反対側から登ってきたので41番とどうつながるかはわからないが
車の位置と37番の位置を考えて先には進まずに来た道を引き返すことに。

このときにすでに37番への手がかりは見つけていた。

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

39番 延光寺

Shikoku39

抜けた37番は後回しにして、道筋にあるだろう先を埋めていく。

38番から高速道路の側道沿いにアップダウンを繰り返し先に。

新四国第三十九番 延光寺

Shikoku392

コケや落ち葉で足を滑らせないように慎重に。

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

2009/11/07

38番 金剛福寺

Shikoku38

コンクリートで出来た道、コンクリートで出来た階段。
さっきの山よりは条件は良いのだが結構茂っています。
この先に41番があるのだから躊躇せずに登るべし。

高速道路を見下ろす位置まで登る。
Shikoku382

またもや、壊れた看板。

ちょうど山頂に 「轟城」 の史跡がある。
以前この場所の高速道路を挟んだ側へ轟城を求めて登った。
なるほど、高速道路で分断されたんだな・・・

ちょうど石碑がある山頂部に38番はある。

新四国第三十八番 金剛福寺

Shikoku383

ん?

37番が飛んだ。
見落としたのか?
この道じゃないのだろうか?

とりあえず先の39番、40番はこの先にあるはずだ。

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

36番 青龍寺

Shikoku36

35番からすぐ上がったところに案内板。
Shikoku362

おなじみの看板です。
矢印が左と右。

左へ行って戻ってくるという案内板。
その奥にあるのが何ともいえない貫禄の36番。

新四国第三十六番 青龍寺

Shikoku363

この先も少し進んでみるが、かなり山らしくなってくるし
地図上にもない道なので一度降りて地図にある道を登り直すことに。
192号線へ出て、歩道を東へ。高速道路の橋桁へ向かう急坂を登ってみることに。

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

35番 清滝寺

Shikoku35

連休中日、今日も息子の部活の帰りを待って出発。
狙いは定まっている。もしや今日にでも完全制覇か?!

41番42番を見つけた山の反対側。
地図を見る限り、間違いなくこの山にはあるはずだ。

国道沿いの歩道を歩いてポイントに向かう途中に見つけました。
Shikoku352

幸先が良い。
階段を登って墓地へとはいる。

新四国第三十五番 清滝寺

Shikoku353

さらに進むとありそうですね、36番が。

撮影日:2009/10/11

| | コメント (0)

2009/11/06

64番 前神寺

Shikoku64

連休の初日、とりあえず二つの山で目標を達成し、さらなる山へと思ったのだが
時間は3時過ぎ、もう日没も早いので山を攻めるのは諦める。

60番台で気になった箇所があるのでそちらまで車で移動。
Shikoku643
道路とはそれた場所にこんな看板が倒れていたのだ。

確かこれは、まだ発見に至らない64番だ。
矢印を見ると上がって降りてくるって意味だろう。
Shikoku642
蜘蛛の巣をかき分けて獣道を上がってみる。

ドン付きに発見!

新四国第六十四番 前神寺

Shikoku644

この近くに65番の三角寺は間違いなくあるのだろうが、今回も発見できず。
今日の探索は打ち切り。

また、明日もう一つの山を攻めに来よう。

撮影日:2009/10/10

| | コメント (0)

2009/11/05

定期検診 09/11

091105

今日は三ヶ月に一度の定期検診日。
会社に休みをもらって内科と眼科へ行きました。

まず内科の方、問題なしです。

 食後二時間血糖値:96mg/dl
 ヘモグロビンA1C:5.6%
 尿検査・糖:(-)
 尿検査・蛋白:(-)
 血圧:120/86mmHg
 体重:94.5kg

 やはり、体重がネック。
 もちろんこのまま増加していくと、糖尿の数値も悪くなる。
 気をつけないとね。

次は眼科にて網膜症検査。
網膜症の検査では点眼薬で瞳孔を無理矢理開いて検査するのだけど、
瞳孔開いたまんまだから眩しい。帰りも車ではとても走れないので
自転車で走る。本当は自転車も良くないんだけどね。

それだけなら我慢できるのだけど、我が輩の場合、この麻酔点眼薬の
アレルギーでものすごい結膜炎の症状が出る。
もうすでに目やに、涙、充血がすごい。
明日の朝には目が開かないほどに目やにがでてるのです。

徐々に症状は治まってくるのだが、半月くらいは目に不快感が続く。
写真のような点眼薬を処方してもらうのだが気休めにしかならない。

ピンクの方が ガチフロ。
 細菌を殺し感染をおこしている目の炎症を抑える目薬。

白い方が オドメール。
 目の炎症やアレルギーを抑える目薬。

目がおかしいと肩がこったり、パソコンも疲れます。
ギターを弾いたりするのも直接的な要因はないのだが
目からのストレスで思うように練習が出来ないのであります。

内科は来年の一月、眼科は一年先。
健康が一番ですね。

| | コメント (0)

2009/11/04

上分新四国、完全制覇

09110301

九月七日から昼休みにふらっとバイクで上分を走っていると気になって
写真を撮って、それから新四国にとりつかれたように日々探して回った。

続・ブルースマンの戯言ではメインの記事のように連日、連載で
各札所を載せてきた。絵面的には不気味で決して気持ちいい物ではないのだが・・・

登山もした、ローリング作戦で上分中を走り回った。
だが昨日までに86カ所。そうどうしても2カ所が見つからなかったのだ。

とうとう、完全制覇の日が訪れました。
今日の日のイベントのことは探索の山中であったおばさんに聞いていたのだが
半月くらい前からポスターも貼られて告知があった。
それまでに完全制覇できていなかったら参加しようと思っていた。

まだすべての札所の紹介が終わっていないのだが、今日の記念に記事にしときます。
家内も参加してくれた。彼女も乗り気だ。

出発場所の松月庵に8:50に到着。
09110302

すでに人だかり。100人超。
ここで「上分新四国納経帳」を無料でいただく。
09110303

納経帳は無料だが印は30円で押してもらえる。
09110304

八十八カ所らしくお大師さんの絵が描かれてあります。
09110305

出発を前に参拝者が増えてくる。
09110306

結構、年配の方がいるんですね。
10月に我々が登った山を当然登るのでしょうが、皆さん元気だ。
そうこうしていると「般若心経」が始まった。
09110307

この松月庵で
 1番 霊山寺
 2番 極楽寺
 3番 金泉寺
 4番 大日寺
 5番 地蔵寺
 88番 大窪寺
があります。
9:00ちょうど、出発です。
09110308

要領がわからないのでとりあえず先頭集団にはぐれないようについて行く。
上分神社の横を通って南中へ下り最初に二つ。
 9番 法輪寺
 10番 切幡寺
その後一行は向山公園の方向へ。
9:15道中の安藤薬品さんからの御接待を受けた。
ペットボトルの水と菓子。
09110309

ありがとうございました。
橋を渡り向山公園のある山へ登る。
 11番 藤井寺
 12番 焼山寺
 13番 大日寺
 14番 常楽寺
 15番 国分寺
 16番 観音寺
 17番 井戸寺
 18番 恩山寺
18番では道順ではなく上がって参って降りてくる。
09110310

結構、ペースが速い。
想像ではその場所の説明があったり、もっと団体で行くのかと思っていたら
ペースは各自、後の人のことなど特に気にすることもなく黙々と進んでいく。
我々の後ろは少し間が空いている。
 19番 立江寺
 20番 鶴林寺
 25番 津照寺
 30番 善楽寺
この山で12カ所を参って下山。
09110311

9:35分。この山は15分くらいで下山。
次の山を目指して奥へと進む。
09110312

9:40二つ目の山を登り始める。
09110313

世話人の方々がおそらく草や木を刈ってくれたのだろう、先日よりも歩きやすい。
十月十日に登ったときよりも蜘蛛の巣も少ない。
この山では
 21番 太龍寺
 22番 平等寺
 23番 薬王寺
を参って下っていく。
09110314

途中、高速のすぐ下を渡る場面も。
9:55二つ目の山を下山。
09110315

ここまで1時間程度。
出発前に聞いてみた。どのくらいの時間で回るのか?
早い人で四時間、ゆっくりの人でも六時間くらいだという。
それより早いのではないだろうかというくらいのハイペースです。
高速道路の橋脚をくぐってここからは平地部分。
 24番 最御崎寺
 25番 津照寺
 26番 金剛頂寺
 27番 神峰寺
 28番 大日寺
 29番 国分寺
金生川の橋を渡り
 31番 竹林寺
 32番 禅師峰寺
 33番 雪蹊寺
 34番 種間寺
を参り国道192号を渡り次の山へ。10:10分。
09110317

墓地から入る。
09110318

この前は蚊がすごく多かったのだが今日はもういなかったですね。
この山では
 35番 清流寺
 36番 青龍寺
 37番 岩本寺
 38番 金剛福寺
 39番 延光寺
 40番 観自在寺
 41番 龍光寺
 42番 仏木寺
 43番 明石寺
43番の向かいのモーリで早くも二回目の接待を受ける。
ジュース、ミカン、菓子。
09110319

ありがたいですね。
この後は墓地の中を参っていく。
皆さん、1円玉を沢山用意してて各札所でお供えしてちゃんと手を合わせて
参っておりました。そんなこと知ることもなく今回は手を合わせるだけで
お参りをさせていただきました。
 44番 大宝寺
 45番 岩屋寺
 46番 浄瑠璃寺
 47番 八坂寺
 48番 西林寺
 49番 浄土寺
 6番 安楽寺
 7番 十楽寺
 8番 熊谷寺
をお参りして最後の山へ入ります。10:35分。
09110320

本格的な登山になります。
道幅が30センチ程度のところもあり、足を取られると危険な箇所も出てきます。
09110321

倒木、こけ、落ち葉、ツル・・・ずっと下ばかり気にしながら進んでいきます。
 50番 繁多寺
 51番 石手寺
 52番 太山寺
 53番 円明寺
 54番 延命寺
 55番 南光坊
09110322

高速道路の上空の橋を渡り
 56番 泰山寺
 57番 栄福寺
 58番 仙遊寺
 59番 国分寺
 60番 横峰寺
 61番 香園寺
 62番 宝寿寺
山間部を抜け、舗装道へ
 63番 吉祥寺
 64番 前神寺
 65番 三角寺
そして別格の 穴大師 もルートに入っていました。
09110323

この墓地の休憩所で弁当の接待を受けました。
なんとも至れり尽くせりの新四国参りです。
ありがたやありがたや。
この時点で11:20。腰を下ろしてお弁当をいただく。
09110325

後は新池から古池、そして平野部を回ります。
 66番 雲辺寺
 67番 大興寺
 68番 神恵院
 69番 観音寺
 70番 本山寺
 71番 弥谷寺
 72番 曼荼羅寺
 73番 出釈迦寺
 74番 甲山寺
 75番 善通寺
 76番 金倉寺
 77番 道隆寺
 78番 郷照寺
 79番 高照寺
 80番 国分寺
 81番 白峰寺
 82番 根香寺
 83番 一宮寺
192号線を渡り
 84番 屋島寺
 85番 八栗寺
 86番 志度寺
後は金生川沿いを松月庵へ向けて
09110326

だいぶ色づいてきた向山公園を左手にして進む。
あと少しです。
 87番 長尾寺
を越えれば出発点の松月庵へ。
12:30戻ってきました。
09110327

食事の時間も含めて三時間半。
良いペースで帰ってこれました。

お疲れ様でした。
そして世話をしてくれた方々、御接待のもてなしなど感謝します。
有人の接待の他にもお菓子を置いてくれている箇所が二カ所ありました。
そして最後の松月庵に帰ってきたときにもまた菓子をいただきました。
ありがたいことです。

そんなわけで連載中の新四国カテゴリーの内容を追い越して
完全制覇を記録しました。もう手製マップも必要ないのか・・・
09110328

二ヶ月弱、しわくちゃになるまで見ました。
お陰で「上分町」が詳しくなりました。

そして今回の新四国参りではauのスマートスポーツアプリのRun & Walkで
GPS記録しておりました。
09110329

走行時間、3時間18分。
走行距離、10.9キロ
消費カロリー、858キロカロリー。
緑の部分は高低(標高)です。
山は4カ所ですね。

このデータをグーグルアースで。
09110330

明日は筋肉痛になってるだろうな・・・

実に健康的、文化的な旅でした。
せっかく納経帳もあるからまた来年も・・・なんて思ったりもします。

お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2009/11/03

23番 薬王寺

Shikoku23

道は間違っていなかった。

途中ミカン畑で分かれ道があり、悩んだがミカン畑の中を通る方を選択。
下りが急で足を滑らす場面もあったがそれを抜けると竹林。

Shikoku232

この先にありました。

新四国第二十三番 薬王寺

Shikoku233

先へ進むと金澤神社側へ降りるのだろうけど、駐車場所が遠くなるので
この時点で逆戻り。下山することに。

これで12番から34番までが続きになった。
68カ所、あと20カ所のところまで達成した。

撮影日:2009/10/10

| | コメント (0)

22番 平等寺

Shikoku22

先の21番を過ぎ、左方向へと道が延びていたのでなにげに左へ進む。
どうも先にはある気配がなく不安になり引き返すことになる。

21番のところまで戻り周辺を探索。
反対方向にも道があった。しかも看板まであったのだ。
Shikoku223

これは見落とすわ!

おまけにその道への入り口は草が茂っていて、足を踏み入れにくい状態。
でも、こっちしかないと草を分けて進む。

Shikoku222

竹林があり、すぐに歩きやすくなってくる。

その先に発見しました。

新四国第二十二番 平等寺

Shikoku224

峰から見下ろすと金生川や金田町の街が見えた。

撮影日:2009/10/10

| | コメント (0)

21番 太龍寺

Shikoku21

10/10晴天。

向山公園のある山でパズルが組み込まれウキウキで下山。
おそらく次のターゲットは谷を挟んである向かいの山になるだろう。

と言っても全くの手がかりなし。
ちょうど、お墓参りのご老人に会ったので「上分新四国」について訪ねてみる。
行ったことはないが確かに狙った山にあるらしいとのこと。

少し説明を聞いたのだがはっきりとわからないもの同士の会話なので
何ともおぼつかない。とりあえず車に乗って行ってみる。

高速道路下のトンネルを抜けることは間違いない。
2つ目?と言った会話が記憶にあったので奥の方の二つ目のトンネルへ入る。
とりあえず山へと進む。
そこに運良く野菜の選別中のご婦人に会ったので訪ねてみる。

「私も年に一回の新四国参りに行ってるんよ。今年も11月にあるんよ
でも、この山でなしに手前のトンネルから入った山ですよ」

ここで、有力情報入手。
11月にどうやら新四国参りで歩いてお参りするとのこと。
目指す山は手前の入り口からということ。

引き返して手前のトンネルから登山開始。

まっすぐと登っていた先に発見。

新四国第二十一番 太龍寺

Shikoku213

ねらい通りの21番ゲットで足が軽くなる。

上から見るとこんな感じ。
Shikoku212

実は、この時点で進む方向を間違えていました・・・

撮影日:2009/10/10

| | コメント (0)

2009/11/02

16番 観音寺

Shikoku16

一つ目の山、最後の一つを無事見つけました。

新四国第十六番 観音寺

Shikoku162

これでつながりました。
12番から20番。達成感があります。

この山は比較的イージーな山で明るさも十分にあり歩きやすかったですね。
ただ、16番を見つけたのだが、車を墓地側に駐車していたので15番とは
どのようにつながっていくのかは不明である。

来た道を引き返す。
次は高速道路を挟んだもう一つの山をターゲットにした。

撮影日:2009/10/10

| | コメント (0)

17番 井戸寺

Shikoku17

それなりに道らしい道は続いていく。
方向的にはやはり公園の方へ。
どのくらい進んだだろうか?記憶は定かではないが山中を進んでいくとありました。

新四国第十七番 井戸寺

Shikoku172

少々アップダウンはあるが比較的歩きやすい。
ほぼ峰伝いに歩いているのだろう、明かりも差し込んでいて安心感がある。
さて、あと一つでこの山のパズルは完成だ!

撮影日:2009/10/10

| | コメント (0)

18番 恩山寺

Shikoku18

19番を見つけたことによって確信を持って先に進む。
山らしくなってきた。

分かれ道の先に発見。

新四国第十八番 恩山寺

Shikoku182

分かれ道の右手上方に18番は見える。
右上に上がって戻ってくるような意味合いの看板があったので
18番をみて写真左ルートへ戻って先に進む。

Shikoku183

公園へ近づいている。
間違いなく先にあと二つはあるはずだ。

撮影日:2009/10/10

| | コメント (0)

19番 立江寺

Shikoku19

この旅をはじめてネットで見つけた「200m級の山を3つ登る」という文章を頼りに、
そして昼休みだけでは限界があったので10/10と10/11の連休を利用して
家族と共に探索登山に行ってきた。

まず一つ目の山、向山公園がある山で、公園側では12、13、14、15と見つけている。
さらに反対側の墓地付近では20、25、30番を見つけている。

間違いなく接点はこの山にあるはずで以前断念していた20番からさらに奥に
進むルートで攻めてみる。

10月とはいえ、まだ暖かい日が続きスズメバチや蛇の危険もなくはない。
あと、蜘蛛の巣が多くてとても前に進めないので各自枝をもって顔の前で振りながら
進んでいく。

登りはじめからかなりきつい坂。
まだそれほど山に入っていく前に発見した。

新四国第十九番 立江寺

Shikoku192

地図上にはない道なのでマークの方は自信がないのだが墓地から上がり間違いなく
向山公園の山頂公園の方へ伸びているだろう、その道中にあった。

これで、確信した。
20番から向山公園の15番までは間違いなく続いていると。
このまま迷いなく先へ進むことにした。

撮影日:2009/10/10

| | コメント (0)

2009/11/01

家内 40歳

0911011

40本のローソク

今日は家内の40歳の誕生日。
いつもはこれと言ってイベントごともないのだが、
まあ今年は節目と言うことで息子と誕生ケーキを買ってきた。

「ローソクもらえますか?」

「はい、大きいのですか?小さいのが良いですか?」

「あっ、小さいのを」

「何本にしますか?」

「40本で」

店員さん苦笑い。
隣の客は少し声に出して笑ってました。

0911012

こんな状態ですので、火をつけるときに火傷しましたよ。
火が付くやいなや消さないと周りは高温で大変なことに・・・

0911013

チョコのプレートは溶け出してるし、ロウも溶けてクリームの上に・・・
二吹きで消せたので大事には至らなかったけど、科学的なロウの臭いが充満して・・・

彼女はこの40歳を迎えるに当たって、30代最後の日に思いで作り。
一人四国一周を昨日やってきました。
朝の五時半頃に家を出て、鳴門までは高速移動そして徳島県から室戸岬、
太平洋沿いに延々国道を走り、日が暮れた頃に愛媛県へ。
西予から土居までは高速移動で実に17時間ほどのロングドライブ。
途中、道の駅に立ち寄る程度で、ほぼ走りっぱなしの旅。

感心します。
我が輩も元プロドライバーだけど17時間はちょっと自信がないなぁ~
四国も広い。改めて感じましたね。

我が輩は少し遅れて、年明けに40歳。
逆回り、やっちゃおうかな・・・

| | コメント (2)

50番 繁多寺

Shikoku50

前掛けがかわいい。
しかし、この坂かなりきついです。

新四国第五十番 繁多寺

Shikoku502

この坂の途中右側に50番はあります。
あの自転車はあそこまでは、こいで行ったのだろうか・・・無理か。

Shikoku503

この地図には人一人通れるくらいの山道。
この奥には一人では行けません。

これで41番から50番が連番になりました。
今日はこれで時間切れ。

撮影日:2009/10/9

| | コメント (0)

49番 浄土寺

Shikoku49

6番、7番、8番の三つ並びと同じ敷地内に49番がありました。

新四国第四十九番 浄土寺

Shikoku492

49、6、7、8とよく見ると50番もある。
隣の急坂を登って行くのだろう。

撮影日:2009/10/9

| | コメント (0)

8番 熊谷寺

Shikoku08

さらに端の1体。

新四国第八番 熊谷寺

Shikoku082

こんな感じで並んでいます。
これで1番から10番までが連番になりました。
さて次は・・・

撮影日:2009/10/9

| | コメント (0)

7番 十楽寺

Shikoku07

3体並んである真ん中。

新四国第七番 十楽寺

Shikoku072

最初に上がる階段のところにある石碑 「新四国道」と書いてあるのがわかる。

撮影日:2009/10/9

| | コメント (0)

6番 安楽寺

Shikoku06

前回からの続き。
先に進んだ角の墓地の階段を上がってみる。

予期せぬ事態が!
思わぬところで1桁番号を発見した。

新四国第六番 安楽寺

Shikoku062

写真でわかるように他にも並んである。

撮影日:2009/10/9

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »